全国の通信記事

2024年4月7日号

山梨3 南アルプス市妙了寺で千部会

山三240501①【山梨3】山梨県南アルプス市上市之瀬にある高峰山妙了寺(佐野顗誓住職)は身延山国中触頭三ヶ寺の中心寺院としても知られ、宮家、徳川家、武田家より寄進されたものも多く残されている。

コロナ禍によって開催が見送られていた妙了寺法華千部会が4月7日(日)の午後1時より本堂に於いて4年ぶりに執り行われた。

法要に先立ち、満開の桜並木の中を山門より佐野住職を先頭に9名の稚児が続き稚児行列が行われ法要に花を添えた。

法要には法縁寺院の各聖、管内の修法師が出仕し、大勢の檀信徒が参列する中、厳かに千部会が執り行われた。

式の中で稚児による天童献供が行われ、その後参列した檀信徒に修法師による大衆法楽が行われた。

本年は境内の桜の開花が遅かったのとコロナ禍開けということもあり観光客や花見客も多く、桜吹雪の中行われた法要に感動しともに参列していた。

参拝者の一人は「遠方から桜を見に来ただけではあったが、思いがけずとても良い日に来ることができた。これも仏縁なのかなと思った」と笑顔で話しており、また来年も来たいと話していた。

式の終わりには佐野住職からの挨拶があり、4年という長い間開催を見送らなければならなかったが、また大勢でこの千部会を開催することができて大変喜ばしく思っている。この妙了寺がますます発展していくことを祈っていると話され式を閉じた。

2024年2月27日号

山梨3 令和5年度・女性信徒研修

山三240325②【山梨3】2月27日、南アルプス飯野、桃源文化会館を会場に第三部檀信徒協議会(金丸忠仁会長)主催、山梨県第三部宗務所後援(岡本正富所長)『令和5年度・女性信徒研修』が開催された。

管内の女性信徒を対象に行われるこの行事は、コロナ禍の影響で4年ぶりの開催となり約六〇名の参加者が集まった。

研修では、山梨県身延町の妙石坊住職・日蓮宗常任布教師・身延山布教師を勤めている奥野本洋師より『何をおいても今すぐ仏となるすべてはそれから』と題した講話が行われた。

講話が始まると奥野師は、自身の発心の話や身延山学園での教員時代の経験などユーモアを交えながら参加者たちに語り掛けた。会場からは終始笑い声が絶えず、参加した檀信徒らは熱心に聞き入っていた。

何に於いてもありがたいという心を持ち御題目を唱えて心を磨くことが大切である。家庭に於いては夫婦が互いにありがとうという気持ちで過ごすことがなにより尊いことだと述べられ約1時30間の講演を締めた。

参加者の中には「来てよかった。楽しかった。来年も是非参加したい」という方々も多く、今回の女性信徒研修も大盛況のうちに幕を閉じた。

2024年1月30日号

山梨3 総代研修会

山三240209【山梨三】檀信徒協議会(金丸忠仁会長)は1月30日、南アルプス市飯野「桃源文化会館」を会場に「総代研修会」を開催し、管内寺院総代92名がこの研修会に出席した。

長野県伊那市遠照寺住職、松井教一師により『私の出会った仏さま』という演題のもと人生で仏縁により出会った方との関わりを交えながら講演を行った。

法華道―長野県富士見町若宮で甲州街道から分かれ、入笠山東山腹を登り大阿原湿原―仏平峠―荊口―山室を通って伊那市長谷、非持に至る全長22キロの道は平安時代以来甲斐の国と信州高遠を最短で結ぶ重要な道で、この道を通して法華経・日蓮宗が伝えられたことから「法華道」と呼ばれてきた。

しかしこの法華道は道が見えないほど荒廃していたが、その実態に心を痛め、定年後法華道の復興を思い立ち唯ひとりで整備をはじめたのが北原厚さんであった。

北原氏は法華道のある芝平出身で幼き頃より信仰の厚い家族とともにお題目の中で生きてきた。

自身の信仰する法華経・お題目に縁のある道の復興を自身の使命とし、全身全霊で法華道の復興に取り組み、毎日毎日笹薮を刈り続け、10年間かけて整備した。

とにかく法華道を残したい。その想いだけだったという。

現在ではトレッキングコースとして全国から登山客が訪れている。

ひとりの法華経・お題目への想い、故郷への想いが仏縁となって、法華道は未来に語り継がれ、歩き続けられるだろう。

参加者の中には「春になったら山梨と長野の法華経信仰を繋いできた法華道を歩いてみたい」と話す方もいた。

法華経の縁はいろんな形で繋がれていくのだろう。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07