全国の通信記事

2024年2月25日

京都2 藤原弘教師帰⼭式

京二250226藤原弘教師帰山式【京都2】 令和6年2⽉25⽇、⼀⼼寺(与謝郡与謝野町⽯川)にて、初⾏藤原弘教上⼈の帰⼭奉告式が⾏われ た。4⼈の同⾏僧、檀信徒と共に⾏列の後、本堂で⼀読し、⽔⾏、そして本堂で報告式が⾏われ 修法師会⻑から許証、宗務所⻑から任命を受けた。 謝辞では、「壱百⽇の功徳を、皆様に御祈祷をしてお返ししていきたい。本当に皆様に⽀えら れて成満させていただきました。ありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べた。 檀信徒の1⼈は、「弘教上⼈にご祈祷していただき、⼜撰経を当てていただき、胸が熱くなっ た。本当に嬉しいです。」と語っていた。

2024年2月24日

大阪和泉 ⾜⽴英彰師の帰⼭奉告式

和泉240226帰山式【⼤阪和泉】令和6年2⽉24⽇、⼤阪府堺市本光寺にて、⾜⽴英彰副住職の初⾏成満 帰⼭奉告 式が営まれ、僧侶・檀信徒約80名が参列した。晴天に恵まれた当⽇、同⾏僧4名 と共に⾏列を開始し、本光寺よりほど近い、⾃⾝が住職を勤める養珠寺で法味⾔上 の後、懐かしき本光寺へと帰⼭された。 本光寺より荒⾏に⼊⾏した僧侶は初めてであり、千葉県清澄寺で修法を初めて目の 当たりにした時に感銘を受け、⼊⾏を決意するに⾄った経緯を、式中の謝辞で述べ られた。 今後は、今までにはなかった修法というものを本光寺に取り⼊れ、⾃⾝もまた修法 道に邁進していくことを、ご参列の檀信徒の前で⼒強く宣⾔された。

2024年2月23日

愛知名古屋 心の教育講座

名古屋240226①【愛知県名古屋市】名古屋社会教化事業協会(藤原円浄会長)は、2月23日に熱田区の本遠寺(伊藤友範住職)を会場に「心の教育講座」を開催し、僧侶・檀信徒合わせて約100人が参加した。本年度は身延山大学名誉教授であり、身延山久遠寺副総務・共栄部長の浜島典彦師を講師に招き、「日蓮聖人を想う~日常生活と身延山~」というテーマでお話を頂いた。

浜島師の自己紹介から始まり、日蓮聖人が当時身延山でどのような生活をされていたかを、様々な角度から分かりやすくお話頂いた。また、所々でご自身の体験談や苦労話なども交えて話されて、檀信徒たちは終始リラックスした様子で聞き入っていた。

参加者からは「浜島先生のお話は分かりやすくておもしろい。また来年も楽しみにしています」との声が聞かれた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07