全国の通信記事

2024年6月26日号

埼玉 寺檀協議会

 埼玉240702【埼玉】久喜市妙福寺(穐山経生住職)で6月26日、令和6年度寺檀協議会が開催され僧侶、檀信徒合わせて122名が出席した。午前10時より石黒淳明宗務所長を導師に宗務所職員出仕のもと法味言上が行われた。法要の中で本年元日に発生した能登半島地震の犠牲者をはじめ今年で80回忌を迎える戦争犠牲者にもご回向をした。法要終了後、石黒所長が参加者へ感謝を述べ、「いのちに合掌」と身延山の「共栄運動」について話をした。引き続き平柳清埼玉県檀信徒協議会会長(川口市感應寺檀徒)の挨拶があり、全国檀信徒協議会発行の『お寺は誰のためにあるの-菩提寺読本-』を参照し、「昔、菩提寺は生活の一部であったが核家族化が進み、若い世代での信仰の継承が難しくなっている、その中で私たち世代の檀信徒が一人一人どうしたらいいかを考えてほしい」と述べた。総会では議長に平柳会長が選出され、令和5年度檀信徒協議会活動報告、決算報告及び監査報告が行われ、引き続き令和6年度檀信徒協議会活動方針(案)及び予算(案)がそれぞれ承認された。

昼食後は、総本山身延山久遠寺総務浜島典彦師(西日暮里修性院住職)を講師に迎え「私は身延山で考えた」を演題に講演いただいた。時折ユーモアを交え、自身の経験や宮沢賢治の法華経信仰からお題目の大切さを説かれ魂のこもった講演に聴衆は聞き入った。その後、休憩を挟みフルート奏者の丸山かな子さん、ピアニストの益川尚さんの演奏を鑑賞した。全6曲披露し終演の予定だったが、会場からアンコールの拍手が起こり7曲目に中島みゆきの「糸」が披露され、フルートとピアノが奏でる美しい音色に会場は包み込まれた。演奏終了後、石黒所長導師のもと、唱題行が行われ参加者全員が一心にお題目をお唱えした。

閉会式で会場を提供してくださった穐山経生住職から「我々の使命は僧侶、檀信徒が協力し日蓮宗をお護りしていくことである。その第一歩として埼玉県の代表である、石黒宗務所長、平柳会長のもと埼玉県宗務所、檀信徒協議会を応援してほしい」と述べ寺檀協議会全日程を終えた。

2024年6月8日号

栃木 檀信徒協議会総会

栃木240625【栃木】6月8日令和6年度日蓮宗栃木県檀信徒協議会総会が

宇都宮市ホテルニューイタヤで開催され、管内寺院の総代12人が参加した。

齋藤高蔵栃木県檀信徒協議会会長、野澤壯監栃木県宗務所所長、荒居養雄栃木県協議会議長の挨拶で始まり、役員選出や令和5年度事業報告後、令和6年度事業計画、檀信徒統一信行会などが議題となった。

閉会後、栃木県布教師会会長妙金寺住職野澤智秀師が、法話を行った。

法話では、人はそれぞれ自分の役割を持って生きている。その生活の中で、出会った人や

お世話になっている方々に「感謝」の気持ちを忘れず、また、我々と檀信徒の皆様との仏縁を下さったお釈迦様、日蓮聖人に「報恩感謝」の念を持って檀信徒と日々精進していきたいと語った。

2024年5月18日号

栃木 小山市妙建寺で本堂会館落慶式

栃木240612③【栃木】小山市妙建寺(西口玄修住職)は、開山700年記念事業として本堂・会館を建立し、5月18日に落慶式が営まれ、僧侶檀信徒198人が参列した。法要に先立ち天童稚児行列が行われ、清々しい青空の下24人の天童稚児がお題目の声と共に小山市内を練り歩いた。落慶天童音楽大法要では副住職西口彰音師の独唱による堂塔伽陀が新本堂内に響き渡り、華やかに慶賀の式を彩った。

旧本堂は享保2(1717)年から享保17年まで16年かけて再建され、以来300年もの間一度も火災に見舞われる事のなく小山の地で布教伝道の拠点となってきた。しかし東日本大震災での損害から新本堂・会館の再建を決定。東京オリンピックに向けた建設ラッシュ、新型コロナウイルスの感染拡大を乗り越え、2023年2月末に完成した。新本堂の格天井には同市の「おやま百景」に指定されている百人一首の彩色画と龍の水墨画を修復して復元し、貴重な文化財の保護と歴史観光の一役を担っている。

西口住職は謝辞で「社会の世情の影響で様々な困難がありましたが10年かけて無事に新本堂と会館を建立し落慶の日を迎えることが出来ました。檀信徒、建設委員をはじめ関わってくださった皆様方、ご協力を賜り誠にありがとうございました。新たにこの本堂会館を基点として地域社会に貢献して参ります。」と感謝と決意を語った。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07