全国の通信記事

2024年4月21日号

大阪三島 島本町妙本寺開創550年祭

三島240516②【大阪三島】島本町妙本寺は4月21日、開創550年祭と、住職長男である小学6年生の開優師の得度式を厳修した。導師は本山本法寺貫首瀬川日照猊下。

脇田住職は今回の式について、「仏祖への報恩を意識しつつも、参加者たちに楽しんでもらえるものを作ろうと常に考えていた」と述べる。その言葉の通り、法要式には雅楽演奏のほか、民謡日本チャンピオンの石黒加恩氏による民謡奉納を取り入れ、境内には露店が立ち並んだ。

同寺総代の長島宏明氏は、「今回の事業のために、去年から準備を進めていた。どうすれば楽しんでもらえるかを考えることがもっとも大変だったものの、成功してよかったと思っている。また、普段から住職の僧侶間の横の繋がりについては耳にしていたが、あれほどまでに連携して盛大なものになるとは思っていなかったので、感動した」と語る。

また、今回の得度式の主役である脇田開優師は、この式のために頭を丸めた。リハーサルでは緊張と恥ずかしさで声が出なかったが、本番では育ててくれた母に深く礼拝し、力の限り信者太鼓を叩いた。

2024年3月24日号

大阪三島 第38回青少年修養道場

三島240418①【大阪三島】3月24日、大阪府三島青年会(三好億人会長)は第38回青少年修養道場を開催した。

平成30年の大阪北部地震で大きな被害を受け、本堂を新しく創り直した茨木市妙徳寺(三浦惠廣住職)が会場。

参加者たちは新築の本堂に足を踏み入れ、住職による説明を受けた。

「寺院の本堂が新しくなることは数百年に一度しかなく、貴重な機会だ。これが人生の最初で最後の体験だと思って、ぜひともしっかりと見てほしい」という呼びかけに、参加者は真剣な表情となった。

道場の後半には提灯造り体験と法要を執り行い、参加者たちの祈願の成就を願った。

時代の急激な変化により同管区の修養道場には大きな挑戦が求められていたが、

今回の道場には老若男女を問わず幅広い年齢層が参加しており、そこには海外からの参加者も含まれている。

青年会は今後も勢いをつけて青少年教化に取り組みたいと考えている。

2024年3月6日号

大阪三島 大人の学び場 即是道場

三島240307③hp【大阪三島】大阪府三島宗務所(魚井啓瑞所長)は、3月6日に高槻市本行寺(山口貴大住職)にて「大人の学び場 即是道場」を開催した。同宗務所では昨年度まで「檀信徒のつどい」という名称で様々な寺院を巡る団体参拝を行っていた。しかし、参加する檀信徒の関係づくりをより重視するべきという声が上がり、それを受けて今年度から新しい企画として「大人の学び場」が立ち上げられた。講師は福井県妙智寺住職の坂井是真師。

本年の企画は大阪府三島修法師会(山口貴大会長)・青年会(三好億人会長)・檀信徒協議会(梶村正俊会長)とも連携し、参加者と寺院の距離を近づける工夫が見られた。

当管区の修法師会は数年前より「一日行堂」を開催しており、今年はあえて「大人の学び場」と同日・同会場での開催とした。水行や大祈願祭と称する法要を、「大人の学び場」の参加者と同じ空間の中で厳修することにより、自然と興味を持つことができるように配慮した結果である。

また、研修の感想を語り合う時間には、ファシリテーターとして各グループに青年会員を配置した。若手僧侶が加わることにより参加者たちは安心して話せたようで、どのグループも積極的な意見交換や感想が飛び交っていた。もっとも、場が温まるまでは踏み込んだ発言が難しいことから、各グループの檀信徒協議会委員たちが話題の提供に尽力した。「講師先生の実体験を基にしたお話は、とても良かった。本当に目頭が熱くなった」という檀信徒協議会委員の感想は他の参加者の共感を呼び、意見交換会の時間が終わるまで話題が途切れることは無かった。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07