全国の通信記事

2024年7月9日号

岐阜 青年会が慰霊行脚

岐阜240710④【岐阜】7月9日、岐阜空襲の日と名付けられた今日、岐阜青年会によって慰霊行脚が執り行われた。岐阜市内各寺院で慰霊読誦を行い、僧侶や檀徒が参列し、犠牲者に祈りを捧げた。団扇太鼓の鳴り響く音と、お題目の祈りの声が、平和の尊さを再確認し戦争の惨禍を忘れずに、心に希望を届ける一日となった。

大阪市 社教会が研修会

大阪市240712②【大阪市】7月9日、大阪市社会教化事業協会主催の令和6年度第1回研修会が大阪市社会福祉会館において開催された。教師・檀信徒・一般含め50人の参加があり「地震発生時にいかに生きるか」をテーマに第1講 大阪市消防局中央消防署の河上崇志氏、第2講 大阪市中央区役所防災及び災害対策担当の園田優次氏のお2人による講義があった。

第1講は消防という立場から、様々な救援の現場での経験に基づいた貴重な内容であった。第2講は、地震が起こった際に自分や家族の身を守るための具体的な行動を学んだ。

大きな地震発生時には火災のリスクは非常に高く、これまでも多くの大規模火災が発生した。どんな火災であっても炎が小さいうちは消せるが、燃焼が大きくなると消化が間に合わず大変な災害となる。有事は自分に起こると考え、防災を学び、訓練し、後世に伝えることで少しでも減災へと繋げることが大切である。また、通電火災も多いので、震災時に屋外避難する前にはブレーカーを遮断することを忘れてはならないことを学んだ。

防災対策に100点満点はなく、状況によってとっさの判断が求められ、普段から訓練していないと出来ない。先ず身の安全の確保が肝要で、体勢を低くうずくまり、頭を守り、慌てて行動しないことが基本である。非常用トイレの実演もあり、防災の知識と備えがいかに大切か、学びの多い研修会となった。

2024年7月7日号

千葉南・大本山清澄寺 第1世岩村義運上人第50回忌法要

千南240712 (2)【千葉南】鴨川市大本山清澄寺改宗第一世・岩村義運上人の第五十回忌法要が命日にあたる七月七日、大導師に齊藤日敬別当、岩村家菩提寺・妙昌寺岩渕昌之上人を副導師に、清澄寺祖師堂で営まれ、宗務内局、金子前別当、岩村家、総代役員等が参列した。
長谷川雄一伝道部長より、田中恵紳宗務総長からの挨拶文が代読され、清澄寺改宗に尽力された岩村上人の功績に改めて謝意が述べられ、その法勲を後世まで顕彰していくことが誓われた。
また法要には全国の寺院檀信徒より申し込まれた塔婆が墓前に 供えられ回向を捧げた。
尚、歴代廟は道善御房七五〇遠忌に向け改修工事を進めており、令和七年三月完成予定。

 

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07