全国の通信記事

2024年2月19日号

東京北 七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【東京北】台東区谷中 本山瑞輪寺(井上日修猊下)に於いて令和6年2月19日に七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会が厳修され、本年の日蓮宗加行所を成満した行僧15名が出仕し、檀信徒僧侶約100名以上が参列した。本年の日蓮宗加行所第4行を成満された加藤真久上人(静岡県妙蓮寺副住職)が水行導師、修法導師を勤められた、水行式では15名による水行を檀信徒は合掌しその様子を見守っていた。引き続き、井上日修猊下を法要導師に更には、稲荷泰雅上人(瑞輪寺執事長)並びに渡邉宝道上人(宝晃寺住職)が副導師をお勤めになられ、国家の安泰、殊に令和6年元旦に発生した能登半島地震により被災された方々が1日でも早く元の生活にもどれるよう、早期復興を祈念された。行僧の早く力強い読経と、一糸乱れぬ木剣による御祈祷、大衆法楽では参加された檀信徒を囲み、その力強い声に皆が合掌し、撰経をあてられている姿が印象的であった。その後、本年の日蓮宗加行所を成満した出仕行僧を代表し第5行、全堂副代表を勤められた下津行輝上人(神奈川県法船寺住職)より、「本年は中山法華経寺で荒行が開催されてから50年という節目の年の中、54名という最小人数での行堂開催となりました。初行さんより5行上人に至るまでどのような行になるのか、また、コロナウイルスのことも気掛かりでありましたので大変不安の中、入行をさせて頂きましたが、お陰様をもちまして誰一人も欠けることなく、無事に2月10日を迎え成満することが出来ました。まさに皆で支えあう、助け合うことを大事にし、一人も欠けることなく54名で出行できたことが何より有難く思っております。またそれは、支えてくださる外護のお力があったからだと我々行僧は理解をしています。今日これだけの人数をもってご出仕させて頂かせて貰いましたことを行僧を代表致しまして御礼申し上げます。」とご挨拶された。

結びに井上猊下より「本年は日蓮宗大荒行を成満されました15名の行僧の皆様をお迎えしての七面大明神例大祭・大荒行堂成満國祷会となりました。御挨拶を頂きました、下津上人を始め、各行別に大勢の各聖が当山へおいで頂けましたこと、心から御礼を申し上げます。そして、皆様の無事御成満を心からお慶び申し上げる次第でございます。誠におめでとうございました。この壱百日の行は、朝の三時から夜の十一時まで読経三昧、そして七回の水行と、本当に苦修練行、死と対面しながらの行を終えられた方ばかりの聖者でごさいます。『寒水白粥凡骨將死』、水を被りお粥をすすりながら過ごし、凡骨將に枯れなんとす。『理懺事悔聖胎自生』、自ら懺悔をすることによってこそ、聖胎自ずから生ず、生まれ変わってまさに仏様の様な聖者になって、本日この瑞輪寺にお目見え戴いた次第でございます。私も昭和39年・49年と行を経験しております。死をもって入行しますので時には亡くなる方もおられる訳です。私の友人で第参行入行中に遷化された方もおります。それくらい大変な行を終えられた方々であり、まさに100日結界の聖者であります。今、皆様方は有難い御祈祷を受けました。必ず大きなご利益があるはずでございます。今後とも皆様方が一生懸命にご信仰をされることをお願い致しまして、ご挨拶とさせて頂きます。」と謝辞が述べられ、その後、山内の東京七面山堂内にて行僧による特別祈祷があり、七面大明神例大祭・大國祷会は無事円成した。

2024年2月18日号

東京北 立正安国世界平和大國祷会

東北240220【東京北】 台東区今戸長昌寺(鈴木海光住職)で2月18日、立正安国世界平和大國祷会が、本年日蓮宗加行所を成満した6名の行僧と正観世音菩薩御縁日出仕僧の会「世尊会」の修法師各聖と、本堂に入りきれないほど多数の檀信徒参列のなか、盛大に行われた。春の訪れを告げるかのような気候の中、成満した6名の行僧の水行式を、本年第五行を成満された全堂副代表 下津行輝上人(小田原市 法船寺住職)御導師のもとに行われた。その後、長昌寺本堂にて同じく下津上人を修法導師に、立正安国世界平和大國祷会が厳修された。法要後、成満僧を代表し、下津上人よりお招き頂いた御礼とご挨拶があり、「今を遡ること25年、鈴木海光住職が第三行に入っているときに私が再行でございました。再行というと先輩上人でありますが【先輩初行】と言われて鼻柱ばかりが強くて物が分かっていないのに偉そうにしている。そのような状況の中で第三行である海光住職が何かある度に私に言ってくださった言葉を今でも思い出します。【福徳円満】。常にニコニコして導いてくださったのです。『こういう部分はこういう風に丸く収めなさい。こういう風に指導すれば初行さんは聞いてくれるんじゃないか。いつも顔をしかめ面にして指導するやり方では絶対に人は聞く耳を持ってくれないよ。』とその様なことをずっと言い続けていらっしゃった。

私はお経の係、読経班と申しますが常にお経を唱えるところにいて、気づかぬ内に寝てしまう、意識を飛ばしてしまう、もしくは集中力が切れてしまう初行さんを見て、お経を読め、お前達は今ここにお経をあげにきたんだ。その経力を以て檀信徒に何をするのか考えろと言い続けて参ってきたのですが海光上人がそういう言い方は伝わらないよと仰ったわけです。

その後、第三行に入ったときにその教えを次の世代に私が伝えさせて頂きました。これを私は一つの相伝と考えています。自分自身が受けた尊い教えを人に伝えると言う事、私自身が角の取れなかった部分を、その角を丸めて頂いたのが海光住職でした。

それから四度、五度と行を重ねさせて頂いた一番の切っ掛けが海光上人のお言葉でした。

長昌寺様は観音様のお寺です。衆生の悩み、苦しみを取り除く観音様がいらっしゃり、福徳円満、常にニコニコして「良いんだよ」と言うこの海光住職がいるからこそ皆さんの喜びがまたさらに大きくなり、一つ一つと重なってきた結果が今この信仰、信心のこのお堂の中ではないかなとその様なことを自分自身で考えさせて頂いて、あぁ、また勉強させて頂いたな、また鼻柱の強くなってしまったところがあるのかなとそんなことを思いながらお参りをさせて頂いた次第です。

どうぞ皆様このご住職の下で一つ一つ積み重ねる【積徳(しゃくとく)】という功徳をもっと多く積んで頂きましてまたお導き頂きますこと、また私自身も勉強させて頂きましたこと御礼を申し上げます」と述べられ、堂内は温かい拍手に包まれた。

 

法要大導師を務められた長昌寺御山主の鈴木海光僧正は「本年、65年目を迎えます立正安国世界平和大國祷会も本年度、荒行を御成満されましたお上人また、世尊会の修法師のご出仕を賜り厳修させて頂き大変ありがたく存じあげます。また、檀信徒の皆様も沢山の御来山頂きまして誠に有難うございます。ご自分のお寺の帰山式など、お忙しい中、当山に御出仕賜りまして、ただいま本当に力強い御加持を頂戴しました。本当にありがとうございます。

ただいま行僧を代表してご挨拶頂いた下津上人には、全堂副代表をお勤めご苦労様でございました。またお褒め頂いて身に余る光栄でございます。お話を聞いておりまして大変厳しい御修行をなさったのだと存じております。

國祷会と申しますのは立正安国世界平和、法華経広宣流布、檀信徒の皆様の苦しみを除いて安楽を祈念する大切な行事でございます。鎌倉時代に比叡山を下山した僧侶が次々に新しい宗派を開きます。その中で国のことを想って布教されたのは日蓮聖人ただ一人でございます。立正安国論を奏上したことは皆様もご承知のことと思います。私どもは日蓮聖人の御遺志をを引き継ぐためにこの國祷会をするのであります。

また当山は日蓮聖人の直弟子のお寺でございます。鎌倉時代に創建されました東都では一番古いお寺なのです。当山、山門近くの芝生に石碑が建立されており、そこには弘安二年問答跡と記されております。その両側には中山富木日常と金龍山座主寂海とございます。

この場所で法華経寺の開山日常上人と浅草寺の第三世座主 寂海法印(師)が法論をし、日常上人の説く法華経の真髄に感服なされた寂海法印(師)は、日蓮聖人の元に馳せ参じて、弟子となり日寂となり、お弟子を二人連れ浅草寺を出て、ここに長昌寺を創建したと言われております。そのときに一寸八分の観音様をお持ちになりこの地で開帳なされてそれ以来長昌寺に安置されておるわけであります。

法華経寺開山の日常上人の御尊像を4体御造りになり法華経寺の日湛猊下より寄進頂きました、大変ありがたいことと存じております。また、本年も無事に大本山中山法華経寺の大荒行堂を成満なされた行僧の方々をお迎えして大國祷会を奉行し、立正安国世界平和を皆様と共にお祈りすることは大変意義の深いことでして、御参詣頂きました檀信徒の皆様の功徳は計り知れないものでございます。日蓮聖人のお言葉に極楽百年の修行は穢土の一日の功徳に及ばずとございます。皆様は大変な功徳を本日、お積みになったわけでございます。ですから早速、荒行成満の行僧様の御力を体いっぱいに頂けたわけでございます。どうかその御力をお保ち頂きまして、御精進賜りますようにお願い申し上げます」と述べられ、立正安国世界平和大國祷会は無事に円成した。

大分 廣田千城師の帰山奉告式

大分240220 廣田千城師帰山式【大分】令和6年2月18日、大分市妙親寺(廣田学良住職)にて、第再行廣田千城師の帰山奉告式が行われた。大分、熊本から入行した2名の行僧と共に帰山した千城師は、成満を待ち望んでいた多くの檀信徒に迎えられた。式に先立ち、唱題行列、日蓮聖人像前で水行が執り行われ、御宝前での帰山奉告文では、千城師の枯れ切った声が堂内に響き渡り、その声から厳しい修行だったことが伺え、参列者は真剣に聞き入っていた。最後に、特別祈祷が行われ、暖かな天気に恵まれた帰山奉告式を締め括った。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07