全国の通信記事

2024年6月14日号

静岡中 法華和讃信行会

静中240621②【静岡中】静岡県法華和讃振興会は、6月14日に法華和讃信行会を沼津市光法山蓮窓寺(氏江順教住職)にて開催し、寺庭婦人・檀信徒約50名が参加した。平成2年建立の本堂にて氏江順教住職の導師の元、全員で一糸乱れず団扇太鼓を打ち唱題し法味を言上した。研修では、聖詠三首・日蓮聖人御一代記を中心に、奉詠するにあたって注意すべき点や、間違えやすいポイントについて等を確認した。また、 音楽講師・声楽家として活躍されている府川ゆり子さんを講師として招き 『わくわくボイストレーニング』と題して研修を行った。研修内では腹式呼吸の実践や声が出しやすいストレッチについて実際に体験しながら学びを深めた。研修後には教わった発声法を意識して改めて聖詠三首を奉詠し、より一層大きく綺麗にそろった和讃の声と太鼓が堂内に響いた。今回が法華和讃に触れるのが初めてだったという参加者からは「多くの人と声を揃える体験が非常に楽しかった。和讃についてももっと学んでみたい。」との声が聞かれた。

2024年6月8日号

山梨3・久成寺法華改宗750年記念法会(南アルプス市)

山三240627③ 【山梨3】6月8日、南アルプス市久成寺の法華改宗750年記念法会が同市内にて、同寺村上通明住職発案の下に復元された麈尾を住職が執り、僧俗130名参列、地元メディア等も見守る中厳修された。
麈尾の復元は「麈尾雨濯ぎ唄音雲遏まる」の御会式讃歎文を基としており、法要は音楽と声明が堂内に響き、文の如く信仰を導く華やかなものとなった。
法要後、立正大学名誉教授北川前肇師による講演が行われ、現在唯一国内所蔵の麈尾を所管する法隆寺がこの度、積極的に復元に協力をしていただいたこと、また日本で最初に法華経を広めた聖徳太子が講演の際に麈尾を執って行っていたこと、そして麈尾とはそもそも仲間を導く大鹿の尾を 表し、人々を救う印であることを解説された。
また桂笹丸氏による落語「鰍沢」が演じられ、盛況の内に閉式となった。

静岡中 交通安全祈祷会・祈願読誦会

静中240705①【静岡中】静岡県中部修法師会(黒﨑政秀会長)は6月8日、静岡市清水区耀海寺(齊藤見醍住職)を本年度は会場寺院にお借りし、第47回交通安全祈祷会、並びに祈願読誦会を開催した。修法師30名、また多くの檀信徒が参集し、堂内には力強い読経の声が響き渡った。

一座目は会場寺院の齊藤住職を導師に祈願読誦会が行われ、能登半島地震をはじめ、国内に相次ぐ自然災害被災地の早期復興祈願がなされた。齊藤住職は挨拶で、令和4年の豪雨にて自坊も大変な被害を受け未だ復興のめどもつかず、その中での修法がとても有難いと会員各聖に感謝の意を伝えた。

二座目には黒﨑会長を導師に、恒例執り行われている災害基金を集める目的の交通安全祈祷会が行われ、事前に申込車両の安全、国内の交通安全、自然災害の早期復興祈念がされた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07