全国の通信記事

2024年5月18日号

新潟西 柏崎市妙行寺 法燈継承式

新西240611hp【新潟西】5月18日 柏崎市西本町の妙行寺にて法燈継承式が行われ、僧侶・檀信徒あわせて200人余りが参列した。

妙行寺は創立より750年を数える古刹で、このたび法燈を継承する田村照明上人で40代となる。また妙行寺が管理する番神堂は、宗祖日蓮大聖人が佐渡配流から赦免されたさい最初に降り立った聖地で宗門史跡に認定されている。

開式に先立ち式衆僧侶と檀信徒とともに雲一つ無い晴天のもと練り行列が行われ、式では、先代住職である秋山文孝上人より、住職の証である払子が継承され、妙行寺の過去帳が手渡された。

新住職となる田村照明上人は報告文にて、長年に渡る秋山前住職の法功への感謝を述べ、歴史ある妙行寺を受け継ぎ、少子高齢化にともなう地方の過疎化による寺院運営の困難さから目を背けず、一切衆生を仏道に入らしめる生死一大事血脈の南無妙法蓮華経を唱え広め続けることの重責を受け止め、当山檀信徒ともに宗門史跡番神堂と本坊妙行寺を力を合わせ護持していく覚悟を力強く宣言した。

2024年4月25日号

富山・第70回全国奠師法縁

【富山】富山県魚津市真成寺で、第70回全国奠師法縁、日奠上人第358遠忌報恩大法要が4月25、26日に開催され、88人が参加した。
過去3年間はコロナ禍のため、理事会のみの大会だったが、今年から通常開催になり、2日間の日程も、晴天のうちに盛大に終了した。
とくに、副住職の谷川寛敬師著書の『魂磨き開運』(角川書店)が評判だった。

2024年3月14日号

福井中 廣橋是晃師500日成満帰山報恩会

福中240321帰山【福井中】令和6年3月14日(木)鯖江市妙法寺(廣橋是晃住職)にて日蓮宗大荒行堂を無事に成満された帰山報恩会が同行七師の五行上人を迎え奉修された。

練り行列が境内に入ると、多くの檀信徒がお題目を唱え団扇太鼓を叩き迎えられ、七面堂にて法味言上を行い、続いて本堂にて来賓寺院や修法師会員はじめ本堂一杯の檀信徒の参拝の中報恩会が執り行われた。

式中の奉告文では、第五行の奥秘たる傳師相承を感得された廣橋上人が、一言一言、心から絞り出すかのように拝読され、報恩の意を仏祖三宝に捧げられた。

謝辞では、行中の色んな思いや全堂代表としての大変さを話され、迎えて頂いた檀信徒・寺族にも感謝の言葉を伝えられ、結びに休むことなく、お寺の為・法の為・宗門の為に日々の精進を約束された。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07