全国の通信記事

2024年1月31日号

新潟西・長岡市寺泊で7日間の寒修行行脚

新西240201 (1)【新潟西】長岡市寺泊で1月25日から31日までの7日間寒修行行脚が行われた。この寒行は法福寺により毎年開催され歴史は古く始まりは定かではないが、地域の冬の夜の風物詩となっている。
最終日の31日は約10名ほどが法福寺境外堂の祖師堂に集まり1時間ほど町中を唱題行脚した。行脚終了後の懇親会では7日間の労をねぎらい、和やかな雰囲気の中で参加者は親睦を深めた。
今回で通算50日参加の表彰をされた同市の小熊英樹さん(51)は「住職に誘われたのがきっかけで参加するようになった、実際に行脚してみると自分が思った以上に地域の人たちに愛されている活動だと感じた。町の人の温かさがありがたい。」と笑顔を見せ「次は100日を目指したい」と意気込みを語ってくれた。
法福寺の海津武尚住職は「宗祖縁の地を毎年行脚させて頂いている。この上ない喜びです。」とお祖師様に向かい手を合わせ深く頭を垂れた。

2023年11月29日号

富山 歳末唱題行脚

富山231204②【富山】11月29日、富山県日青会(櫻栄優一会長)は歳末唱題行脚を奉行した。青年僧10名は南砺市法乗寺(谷川寛俊代務住職)にて檀信徒と法味言上の後、冷たい雨風が吹く中、大きな唱題の声と力強い太鼓の音を街中に響かせ、3km先にある七面堂とその周辺を唱題行脚した。

地域の水神様として祀られている七面堂で一読の後は不思議と雨風は止み、無事に法乗寺まで唱題行脚を終えることができ、待っていた檀信徒共に笑顔で歳末唱題行脚の無事円成となった。

2023年11月20日号

福井中 寺庭婦人会研修会

福中231226(期限オーバー)【福井中】令和5年11月20日(月)福井中部寺庭婦人会(綿谷真弓会長)は越前市経王寺にて福井中部布教師会会長坂井是真上人に『法華経清浄写経』の修行法の指導を仰ぎ、第2回研修会を行なった。写経にするに先立ち、五種法師のお話、写経観念の解説、佛の真理を話せれ、参加者は作法に準じて塗香でお清めをし、静寂の中で筆をすすめた。揮毫した写経は来春を目安に石川県羽咋市妙成寺様へ奉納を計画している。参加した会員から「各々のペースでの書写行は、あたかも瞑想のようで、写経後は身も心もスッキリとして、とても貴重な体験ができました。」との声が聞こえた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07