全国の通信記事

2024年6月18日

山梨4 寺庭婦人会研修会

山四240626④【山梨4】令和六年六月十八日、山梨県立図書館多目的ホールで、山梨県第4部が行われた。「五感で感じる雅の世界」と題し、雅楽の演奏会が、山梨県神道雅楽会並びに穴切り雅楽会により行われ、およそ百二十人が清聴した。

開演にあたり、第四部寺庭婦人会会長の時澤知寿子さんは「平安時代から千三百年に渡り奏でられている音楽ですので、紫式部や清少納言に思いをはせながら、雅な音色に浸って頂きたい」と思いを語られた。

第一部「管弦」では、合奏のはじめに各楽器の音律を整え旋律の雰囲気を作る前奏「平調音取」。民謡の黒田節の原曲とも言われ優雅な旋律で雅楽の代表曲「越天楽」。鎌倉時代の楽書『教訓抄』によると、唐の太荘が貞観の末頃に作ったと言われ、五音の和を備えると言われる「五常楽急」。出陣の日に7回演奏をして勝利の吉兆を得られると言う「陪臚」。平調に比べ勇ましくテンポのある曲「八多良拍子の越天楽」が順番に奏でられた。

第二部では、音楽とともに奏する舞「舞楽」陵王が演じられた。

最後に、山梨県神道雅楽会及び穴切り雅楽会会長の秋山宮司会長は「長い歴史の中で良い時代も厳しい時代も絶えずこうして続いて来たのは、多くの方たちの支えがあったからです。この機会に雅楽に興味をもって頂き、ぜひ声をかけて欲しい」と話された。

雅楽は、日本最古のオーケストラと言われ、時を超えて伝承される平安の音色は、参加者全員の心に深く響き渡った。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07