全国の通信記事

2013年7月29日

天気の講義に興味津々 子ども修養道場

 【栃木】青年会(野澤智秀会長)は7月29日から一泊二日の日程で「子ども修養道場」(宗務所後援)を那須塩原市等覚院(藤﨑善隆住職)などを会場に開催し、特別参加の幼児2名を含む道場生28名が参加した。
 本堂で行われた開校式の後、客殿で「いのち」をいただく心構えについて野澤朋世師(宇都宮市妙金寺副住職)より講義を受け昼食をとった道場生たちは、再び本堂にて大森映孝師(高根沢町妙福寺副住職)の指導の下、読経練習に臨み大きな声でお経を唱えていた。更に気象予報士の資格を持つ中田知範師(高根沢町蓮性院副住職)を講師に法座が開かれ、中田師の「気象のプロ」としての天気の講義に道場生のみならず、スタッフの教師も興味深く耳を傾けていた。
 その後場所を那須町の貸別荘「那須ビレッジ」へ移し、箸と水鉄砲の制作に挑戦。悪天候のため水鉄砲を使ったゲームなどは中止となったが、夕食のバーベキューでは自らのつくった箸で食事をとった。同じく予定されていたキャンプファイヤーも中止となったが、雨の止み間をついて花火大会は行われ、束の間の夜の時間を楽しんだ。
 道場二日目は更に場所を「ホテルサンバレー那須」に移し、時折覗く晴れ間のもと、それまで「厳しい先生」であった教師スタッフと道場生たちは、その垣根を越えて、プールとランチバイキングを満喫していた。
 那須塩原駅での解散時、道場生のひとりは「前の日まで行きたくないと思っていたけれど、来てみて良かった。来年もまた参加したい」と語っていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07