全国の通信記事

2024年2月23日号

愛知名古屋 心の教育講座

名古屋240226①【愛知県名古屋市】名古屋社会教化事業協会(藤原円浄会長)は、2月23日に熱田区の本遠寺(伊藤友範住職)を会場に「心の教育講座」を開催し、僧侶・檀信徒合わせて約100人が参加した。本年度は身延山大学名誉教授であり、身延山久遠寺副総務・共栄部長の浜島典彦師を講師に招き、「日蓮聖人を想う~日常生活と身延山~」というテーマでお話を頂いた。

浜島師の自己紹介から始まり、日蓮聖人が当時身延山でどのような生活をされていたかを、様々な角度から分かりやすくお話頂いた。また、所々でご自身の体験談や苦労話なども交えて話されて、檀信徒たちは終始リラックスした様子で聞き入っていた。

参加者からは「浜島先生のお話は分かりやすくておもしろい。また来年も楽しみにしています」との声が聞かれた。

2024年2月16日号

愛知名古屋 日蓮宗大祈祷会

名古屋240219①【愛知名古屋】2月16日、名古屋修法師会(亀廣慈宗会長)は、昭和区法音寺(鈴木正修住職)において「日蓮宗大祈禱会」を開催し、僧侶・檀信徒合わせて約500人が参加した。

9時より本年度の大荒行堂成満行僧による力強い水行が行われ、周りを取り囲んだ檀信徒らは合掌しながら熱心に見守っていた。

また、9時半より本堂に於いて名古屋修法師会員出仕による「世界立正平和祈願大法要」が厳修され、能登半島地震物故者の方々への供養と、被災地の早期復旧などを祈願した。

その後個別祈祷が行われ、参加者はそれぞれの想いを胸に加持祈祷を受けていた。

2024年1月21日号

【愛知名古屋】 青年会寒中修行会

名古屋240126②【愛知名古屋】日蓮宗名古屋青年会(鈴木海頌会長)は1月21日、毎年大寒の時期に行う「寒中修行会」を、名東区本成寺(天野行淳住職)を会場に開催した。

当日は足元が悪い中にも関わらず50人近くの檀信徒が参拝し、青年僧と共に祈りを捧げた。

青年会員総出仕のもと行われた「水行」では、檀信徒らが手を合わせて見守る中、青年僧たちが勢いよく水を被った。

その後の「寒行祈願法要」では、読経の迫力ある声が堂内に響き渡る中、檀信徒の祈願が読み上げられた。また、能登半島地震で亡くなられた方々の追善供養と、被災地域の早期復興も併せて祈願した。

法要後には会員の玉森潮春師による法話があり、和やかな雰囲気のもと、檀信徒たちは熱心に耳を傾けていた。

参加者の一人は「青年僧の皆さんや、他の多くの参加者と共にお参りできるのはとても有難いこと。ぜひこれからも続けてほしい」と話していた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07