全国の通信記事

2024年5月18日号

栃木 小山市妙建寺で本堂会館落慶式

栃木240612③【栃木】小山市妙建寺(西口玄修住職)は、開山700年記念事業として本堂・会館を建立し、5月18日に落慶式が営まれ、僧侶檀信徒198人が参列した。法要に先立ち天童稚児行列が行われ、清々しい青空の下24人の天童稚児がお題目の声と共に小山市内を練り歩いた。落慶天童音楽大法要では副住職西口彰音師の独唱による堂塔伽陀が新本堂内に響き渡り、華やかに慶賀の式を彩った。

旧本堂は享保2(1717)年から享保17年まで16年かけて再建され、以来300年もの間一度も火災に見舞われる事のなく小山の地で布教伝道の拠点となってきた。しかし東日本大震災での損害から新本堂・会館の再建を決定。東京オリンピックに向けた建設ラッシュ、新型コロナウイルスの感染拡大を乗り越え、2023年2月末に完成した。新本堂の格天井には同市の「おやま百景」に指定されている百人一首の彩色画と龍の水墨画を修復して復元し、貴重な文化財の保護と歴史観光の一役を担っている。

西口住職は謝辞で「社会の世情の影響で様々な困難がありましたが10年かけて無事に新本堂と会館を建立し落慶の日を迎えることが出来ました。檀信徒、建設委員をはじめ関わってくださった皆様方、ご協力を賜り誠にありがとうございました。新たにこの本堂会館を基点として地域社会に貢献して参ります。」と感謝と決意を語った。

2024年4月23日号

栃木 青年会講習会

栃木240521【栃木】令和6年4月23日、大田原市正法寺(中井本秀住職)で講習会が行われた。
講習会には現代宗教研究所に所属されている正法寺修徒の中井本蓉師に「現代宗教研究所での活動」、「ナラティブ」について講話した。活動では現宗研とはどのような方が所属されているのか、どのような形で研究・発表され運営がなされているかを話した。ナラティブについては自身が書かれた『現代における仏教的ナラティブの現状と展望』という論文から説明し、宗教離れという問題に対し、そうなった原因をナラティブという概念を用いて、仏教側からのアプローチを考察された。「ナラティブ」とは語るということに重点が置かれた「物語」であり、似た言葉である「ストーリー」のような結末が決まったものでなく、語る者によって結末が変わる「開放的な語り」である。「ナラティブ」を用いて仏教の現状を見てみると、かつては地域または組織の中に共通認識のような土台があることにより、理解され、通用してきた。しかし今は「僧侶(仏教)の共通認識」と「世間の共通認識」にズレが原因としてあるのではないか。このズレを縮めるために客観的な情報としての知識をただ伝えるのではなく、聞き手を参加させるような語り方が求められる。聞き手自身も物語の登場人物のように語り、時代に合った仏教的ナラティブが必要なのではないかと語られた。

2024年3月27日号

栃木 教師研修会

栃木240411【栃木】宗務所は3月27日、宇都宮市妙金寺(野澤智秀住職)で教師研修会を開催し、管内僧侶12人が参加した。日立市蓮光寺住職、岡田祥導師を講師に迎え、「天台教学から見た法華経」と題して講演を行った。宗教は哲学として頭の中に留まるのではなく、実践することによって良い人格へと成長を促すものでなければならない。法華経は生きているもの、霊、粗末にされた神様に至るまで全てを救うことが出来る教えであり、成仏するということは、仏様のモノの見方、受け取り方、考え方が出来る事、仏様の心の運び方が出来るという事である。そして自分一人ではなく、“みんなと共に・みんなの為に・自分のままで”の大乗の心を持って教えを実践していかねばならないと説明した。天台教学は語句が難しく、内容の理解は容易ではない。岡田師の分かりやすい説明のもと、日蓮聖人も学ばれた天台学に触れ、改めてお題目のありがたさを実感することが出来た。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07