全国の通信記事

2024年3月6日号

神奈川3 修法師会が國祷会

神三240322②【神奈川3】三月六日(水)、修法師会(小泉海文会長)は会長自坊でもある伊勢原市法眼寺にて國祷会を行った。天候に恵まれ修法師と管内教師の十七名が参加した。
午後一時より本堂前にて本年日蓮宗大荒行堂第五行を成満した下津行輝師、第再行を成満した庄中恵允師をはじめ有志による水行が行われた。
午後二時より法要を勤修し、要品の序品から普賢菩薩勧発品の読誦と木剣修法が行われ、国土の安穏と丸13年となる東日本大震災、能登半島地震をはじめとした数多の自然災害物故者への追善回向を捧げた。
式の結びには小泉会長より「当会の前々会長が初めて開催し前会長から引き継いだこの國祷会を、今年も無事執り行うことができた。こうして無事開催できましたのも皆様のお力添えによるものです。」と各聖各位に謝意が伝えられ閉式となった。

2024年3月5日号

東京東 公開講演会

東東240329①【東京東】令和6年3月5日、江東区玉泉院(井上慶亮住職)にて、東京東部布教師会が「愛される寺」をテーマに公開講演会を開催し、管内教師12名が受講した。

講師には、「お寺の掲示板大賞」受賞やテレビ出演等で注目を集める渋谷区妙円寺の本間大智住職を招き、寺・墓・葬式の3離れが進む中「選ばれる寺」になるために何が大切か、御教示頂いた。

本間師がまず初めに述べられたのが境内の掃除やベンチの設置など、僅かな気配りと労力が親しみやすい寺を作るという。そして次に、檀信徒のカルテを作成する事を推奨された。カルテに法要や葬儀記録、親族情報、相談話などを記述しておくことで、檀信徒との関係を深めることに役立つと述べられた。

さらに年回法要案内や寺報の発行、戒名説明文の作成、法話会の開催など、寺が積極的に檀信徒へ働きかけていく事が大切だと説かれた。妙円寺の法話会では落語や講談が喜ばれ、行事の告知についてはSNSも利用するが、直接の声かけが一番効果的だったと話された。

後半では永代供養墓や樹木葬墓地の建立についてお話頂き、注意点として業者によって契約条件に差がある点を挙げられ、建立する際は必ず複数の業者、さらには契約している寺院からも話を聞くようアドバイスを頂いた。

最後に掲示板の活用を勧められ、掲示板の言葉1つで寺の印象が明るくなると語られた。掲示する言葉を自身で考え続けるのが大変であれば、感銘を受けた言葉を引用しても良いという。本間師自身も最近は引用した言葉を啓示する事が多いとのことだった。

講演を終え東京東部布教師会の﨑津寛光副会長は「実践的で大変わかりやすい内容だった」と本間師に礼を述べ、「自坊でも僅かな気配りから見直していきたい」と話された。

2024年2月27日号

東京東 明光教会 室田日孝上人遷化

東東240325②【東京東】令和6年2月27日、明光教会担任、法王山廣厳寺第44世、本明山本立寺第42世、室田日孝上人が御遷化された。法号は順妙院日孝上人、世寿78歳だった。

通夜は3月3日、兄である愛媛県今治市法華寺の讃岐大玄院首が喪主を務め、江東区浄心寺(外山寛穂住職)で東京小西法縁会の内山堯邦会長を導師に営まれた。4日の葬儀では東京都東部宗務所の鈴木貫元所長が弔辞を読み上げ、参列した管内有縁の僧侶たちが室田師の増円妙道を祈念した。

室田師は法臈58年。昭和51年に千葉県茂原市廣厳寺の住職に就任し、昭和56年には江東区明光教会を兼務、平成11年からは茂原市本立寺を代務して寺院教会の興隆と信徒教化に努めた。また昭和53年から59年にかけて加行、大荒行堂三行成満を果たすなど自身の研鑽に励む一方、東京都東部宗務所では協議員を3期に渡り務め、宗門運動や布教伝道にも貢献された。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07