全国の通信記事

2024年5月12日号

神奈川2 復興支援チャリティlコンサート

神二240523【神奈川2】5月12日(日)横須賀市大光寺(瀧川真弘住職)で第11回東日本大震災及び令和6年能登半島地震の復興支援チャリティlコンサートが行われた。震災で亡くなられた方々の慰霊並びに復興祈願法要の後、鎌倉在住のピアニスト川村祥子さんが演奏。お馴染みのクラシックナンバーや映画音楽など、素晴らしい音色が本堂内に流れた。地元のタウン誌に事前告知が掲載されたこともあり、初めて訪れた方も多く見られた。最後に震災復興支援曲「花は咲く』を合唱。当日寄せられた支援金は、岩手県大槌町・石川県珠洲市の自治体に送られた。

2024年5月3日号

東京南 「いのりの日」

SONY DSC【東京南】 東京都南部宗務所主催「いのりの日」が5月3日、大田区池上本門寺内朗峰会館で開催された。開会式では南部宗務所所長(長亮行所長)導師のもと、修法師による修法、来場者と共に唱えるお題目が池上に響き渡った。本年よりバザーフリーマッケット以外の新たな試みとして、池上地域のお店の出店、写仏体験、お守り作りや一般参加者が法衣を着て導師をする「お坊さんなりきり体験」などが行われた。また、ステージが設置され様々な催しが行われ大いに盛り上がった。来場者からは、「いろんなお店があって楽しかった」「写仏体験やお守り作りが出来てよかった」など喜びの声が聞かれた。バザー等の収益は能登半島地震等の被災地に寄付する。

2024年4月29日号

神奈川2 第15回チャリティーコンサート

神二240508【神奈川2】横須賀西ロータリークラブ(楠山泰道会長)主催、社教会(楠山泰延会長)、横須賀・横須賀北・横須賀南西・三浦各ロータリークラブ協賛の「第15回 チャリティーコンサート」が四月二十九日、横須賀市大明寺(楠山泰道住職)で行われ、スタッフや僧侶檀信徒、地域の人たち、ボランティアの社会人・大学生・三浦学苑高等学校のインターアクトクラブの生徒ら、延べ二百人が参加した。

同ロータリークラブは毎年四月二十九日、国際奉仕事業の一環として大明寺を会場にチャリティーコンサートを行っており、この事業の募金は「命 輝かすために 子ども達に明るい未来を」をスローガンに、災害被災地の子どもたちの教育施設などで幅広く活用されている。

コンサートの中では、それぞれ大明寺で活動している、大明寺合唱団「ロータス」、僧侶とその仲間たちによるバンド「BREY(ブレイ)」と双子デュオ「健太康太」らが演奏や歌を次々披露して会場を盛り上げ、終始盛況の中でコンサートは終了した。

会場ではT・M良薬センターによるチャリティーグッズの販売や、社教会による出店も行われ、募金や出店の売上金はT・M良薬センターを通じて能登半島地震被災者支援に使われる。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07