全国の通信記事

2024年2月18日号

滋賀 護法統一信行会

滋賀240321①【滋賀】宗務所(稲葉英量所長)主催、檀信徒協議会(勝見茂司会長)協賛のもと護法統一信行会が2月18日、甲賀市忍びの里プララにて開催。教師檀信徒約200人が参加した。

法味言上後、稲葉英量所長は「今年は元日早々、能登半島地震により甚大な被害が出ている。我々が出来る事は少ないが、滋賀管内で義援金を募って被災地へと送り、支援の一助となればと思う。」と挨拶した。

その後、三木大雲上人(京都市蓮久寺住職)を迎え「信仰心について」と題し講演。

「日蓮聖人は、今の世は苦しみが満ちる末法の世であり法華経でしか成仏出来ないとお釈迦様が仰っておられると。だからこそ南無妙法蓮華経に帰依すべきである。」と自らの経験を交えながら常に神仏が見守っているという事を語り、その軽快な語り口に檀信徒は引き込まれていった。

講演後、今年初行として成満した寂光寺修徒本井宏洋上人を導師として修法師会による法楽加持で参加者の信行増進を祈願し信行会を締め括った。

2024年2月10日号

長崎 信徒青年の集い佐世保地区大会

長崎240304③【長崎】令和6年2月10・11日、長崎県では「信徒青年の集い 佐世保地区大会」が開催された。長崎県では平成15年より「信徒青年の集い」を開催している。本会は長崎県日蓮宗信徒青年会(金子宗弘会長)が主催する学習・交流の場である。前回の開催は令和元年、感染症の影響で4年ぶりの再開となり、1泊2日の行程で長崎県佐世保地区を会場に実施された。

1日目は佐世保市日親寺において開会式では、県内青年僧の御祈祷を受けてそれぞれの健康・信仰の充実を祈っていた。その後、日親寺住職の今泉智薬上人の講演が行われた。柔らかな語り口の中にも信仰の熱量が伝播するようなお話で、信徒青年は深くうなずきながら耳を傾けていた。そして、日蓮宗宗務院より太田順祥伝道課長の講演となった。東京の宗務院より講演にいらっしゃるといことで、はじめは聴衆の方が緊張していた。しかし太田課長のお話が始まると、洗練されたお話しに会場はときに笑い、ときに納得の表情で聞き込んでいた。日蓮宗信徒として柱となる日蓮聖人の三大会の話は大変勉強になったと参加者が語っていた。

2日目は朝から佐世保市内の寺院を参拝した。日親寺・正法寺・立正寺の3ヶ寺を参拝し、それぞれのお寺の歴史や風習を自分の目で学び、それぞれの菩提寺に持ち帰るものが多かったように思う。

日頃会うことがない信徒青年同士が「横」の交流を深める機会となり、来年の再会を約束して解散となった。長崎における日蓮宗の盛り上がりは、僧侶だけではなく中心となる檀信徒もそれを担っていることが感じられる取り組みであった。

2023年11月10日号

大阪豊能 第54回護法大会

豊能231120①【大阪豊能】11月10日能勢町浄るりシアターで宗務所主催、檀信徒協議会後援の第54回護法大会が開催された。本年は、コロナ感染症による人数制限はなく僧侶檀信徒360人が参加した。

第1部は、桑木茂光宗務所長を導師に開会式を厳修。緞帳が上がり開式すると、会場後方より身延山久遠寺の布教隊が唱題行脚で壇上へと上がり法要に花を添えた。平岡勝美檀信徒協議会副会長が大曼荼羅の御宝前に進むと、会場の檀信徒と共に「宗徒信条の要」を声高らかに奉読した。

第2部は、身延山久遠寺布教部長の豊田慈證師による『良縁を結ぶ~身延山開創750年によせて~』と題する法話を拝聴し、参加者は日頃よりお題目をお唱えし、心を磨き精進することの大切さを改めて学んだ。

第3部はウクライナ支援チャリティー特別企画としてウクライナ出身の世界的オペラ歌手でありバンデゥーラ奏者であるオクサーナ・ステパニュックさん、ピアニストの比留間千里さんによる演奏が行われた。アンコールの2曲を含む計12曲が披露され、参加者の1人からは、「高尚な歌声と声量に圧倒されました。この様な演奏は、テレビ等でしか見たことしかなかったので、実際に会場で見させていただき感動しました」と感想をいただいた。

チャリティーによって集まった支援金は、オクサーナさんを介して日本製の止血帯購入に充て、ウクライナ本国に送られる。

最後は所長を導師に、青年会出仕のもと唱題行を行い閉会。

またコロナ禍により中止していた第9回写真コンテストが行われ、参加者の投票で選出された優秀作品には、表彰状と記念品が贈られた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07