全国の通信記事

2023年12月14日号

京都1 義士祭

京一231218hp【京都1】12月14日(木)京都市左京区本妙寺(橋本一妙住職)にて、京都義士会主催の義士祭が開催された。冬の寒い風が吹く中、本妙寺本堂東側にある義士宝物館にて、午前10時より義士追悼法要が執り行われた。宝物館は、来賓の兵庫赤穂義士会の方々や檀信徒、一般の参拝者の人々でいっぱいになった。

本妙寺は「赤穂義士の寺」とも称され、四十七士吉田忠左衛門、その子吉田澤右衛門、忠左衛門の実弟、貝賀彌左衛門ら三義士のゆかりの寺であり、義士堂には赤穂義士四十七士の木像が安置され、12月14日の義士祭の当日のみ、義士遺品遺墨を展示、一般に公開している。

家族で大阪から来られた主人は、「赤穂義士の大ファンです。何度も足を運んでおり、今回は初めて嫁と2人の娘を連れてきました」と語った。参拝を終えた方々は、温かい湯気が立つ「討ち入りうどん」の供養を受け、赤穂義士に思いを馳せた。

2023年11月14日号

京都1 門下連合会京都理事会

【京都1】11月14日、日蓮宗本山妙覺寺(宮崎日嚴貫首)で日蓮上人門下連合会京都理事会が京都16本山の貫首猊下、当会理事長の田中恵伸宗務総長はじめ各宗派の宗務総長、役職員、関係各聖の約60名が参加し開催された。

理事会に先立ち開会の法要では宮崎日嚴貫首を導師に、京都日蓮聖人門下連合会理事長小田和幸師(日蓮宗)、同会副理事長の佐藤泰慎師(法華宗本門流)を副導師に行われた。

法要後には会場を市内のホテルに移し、公益財団法人野村美術館谷晃館長に「妙覺寺と織田信長の茶会」と題し、講演会が行われ、資料や画像を基に事細かい分かりやすい説明に予定の時間をあっという間に過ぎる程、参加者は熱心に耳を傾けていた。

理事会では理事長である田中恵伸宗務総長が議長となり、任期満了に伴う監査推薦の件、令和5年度上半期事業報告の件が慎重審議され承認された。また、京都日蓮聖人門下連合会による活動報告、大阪門下懇話会による活動報告がされた。更には、令和6年1月16日から3月10日まで東京国立博物館で特別展「本阿弥光悦の大宇宙」~始めようか、天才観測~が開催される事が報告された。

2023年11月5日号

京都1 京都市華光寺で法燈継承式と御会式

京一231113【京都1】京都市上京区華光寺で11月5日、第48世浅野耀泰師から第49世浅野泰彰師への法燈継承式と御会式が営まれ、教師・檀信徒含め約150人が参列した。天候にも恵まれた当日は、17名の稚児行列が花を持って練り歩き御宝前に献花すると、新住職泰彰師の長男泰樹くんと次男泰駿くんが天童祭文を堂々と読み上げ、華やか且つ厳かに法要が営まれた。耀泰前住職は在任42年の長きにわたり、房代夫人と共に本堂内陣・毘沙門堂を全面改修、本堂大屋根葺替え、山門屋根葺替え、令和二年に宗祖800年御報恩事業として庫裡の全面改修の大事業を完遂した。

新住職泰彰師は挨拶で、師父である前住職耀泰師と母房代さんに感謝の念を述べ、「檀信徒の声を聴きながら共にこれから更なる寺門繫栄のため精進します」と決意を表明した。開創400年以上の華光寺は、晴れて第49世浅野泰彰師に受け継がれ、これまで以上に檀信徒に寄り添ったお寺として、また地域に開かれたお寺として新たな歴史が刻まれていく。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07