全国の通信記事

2024年5月17日号

佐賀 婦人部統一信行会

佐賀240520②【佐賀】5月17日、小城市のドゥイング三日月で、佐賀県宗務所主催の婦人部統一信行会が、県内の寺庭婦人檀信徒100人参加のもと、開催された。開会後、首藤泰隆師(大分·延隆寺)による記念講演、その後、唱題行研修が行われた。
「お題目を繋ぎたい」という演題で行われた講演では、自身が自坊で取り組んでいる参拝者の心に寄り添ったご首題·ご朱印が出来るまでの経緯やなぜ自分が僧侶になったのか、どうしたら多くの人々にお題目がつながっていくのかを、実際に作成されたご朱印等を例に上げながら述べた。話の中で「絆」という字に関しての説明の際には、参加者たちが隣同士で手を繋いで上げたり下げたりしながら、体を動かしつつ理解を深めていた。最後に皆様のお題目が子や孫ににつながり、さらには苦しむ方々の光となりますことを願っていますと述べ、講演を終えた。

2024年4月28日号

佐賀 寺院総代統一信行会

佐賀240502【佐賀】宗務所は4月28日、統一信行を小城市ドゥイング三日月で開催し、僧侶檀信徒120人が参加した。松島正英所長を導師に法味が言上された後、全国檀信徒協議会会長池上幸保氏の講演が行われた。「総代としての布教と護持活動」と題し、現代社会における様々な問題に対してお寺や総代が担うべき役割について自身の経験を交え分かりやすく説明した。参加者からは、「来る日蓮聖人750遠忌には檀家全員がお祖師さまに手を合わせるような環境を作って行きたい」と力強い言葉が聞かれた。講演後は総会が開催され、結びに本年11月同管区で開催予定の護法大会の成功を皆で誓い合った。

2024年4月2日号

大分 少年少女のびのび道場

大分240412②【大分】日蓮宗大分県青年会(上木龍雄会長)主催の「少年少女のびのび道場」が4月2日から3日までの1泊2日、杵築市の延隆寺(首藤泰隆住職)で開催された。

コロナ禍の影響で4年ぶりの開催あったが大分県内や北九州市から27名の小中学生が参加した。

今年の道場では、「一緒にお経を唱えよう」「お経のお話」「唱題行」などのプログラムが組まれ、またレクリエーシ野外活動では「しっぽ取りゲーム」や「温泉施設の見学」など楽しく学べる内容となった。夜には境内で「バーベキュー」や「お楽しみパーティー」を行い懇親を深めてもらい楽しんだ。更に県内在住のアーティストのラクガキヤマコ氏に似顔絵を描いてもらい参加者も喜んでいた。

プログラムの最後には花まつり法要が執り行われ、迎えに来た保護者は子ども達の成長した姿に感動し、笑顔で帰って行った。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07