全国の通信記事

2024年6月8日号

岡山 バスケ大会にこぞうくん

岡山240611①【岡山】6月8~9日、 宗蓮寺子供会加茂ミニバスケットボール主管「第44回宗治祭ミニバスケットボー交歓大会」が県内外より12チームを招待し、こぞうくんも来場して行われた。この地域では、高松城水攻めで家臣の命を守る為に切腹した清水宗治公の遺徳を讃える為の様々な行事が開催される中の一つ。優勝は大阪から参加した「バリオニクス」。大会に出場した加茂ミニバス主将・林美緒選手は「地域で名のある大会なので優勝したかったですが、初戦を勝ち切る事ができず、残念な結果でしたが次へ繋げたい!」と気持ちを新たにした。

2024年4月19日号

埼玉・檀信徒研修会で能登地震追悼

埼玉240422②【埼玉】4月19日(金)、日蓮宗檀信徒協議会(平柳清会長)主催の檀信徒研修会が浦和区円蔵寺(加藤良海住職)にて開催され、県内各地から僧侶、檀信徒合わせて100名が参加しました。
開式に先立ち、午後2時より能登半島地震慰霊法要が石黒淳明宗務所長導師のもと執り行われました。この日、円蔵寺の御宝前には関東大震災の時に作られた高さ約1メートルの震災犠牲者追悼の位牌が置かれました。
その後、開会式が行われ、石黒所長から「今回の震災で犠牲になられた方に檀信徒一心でお題目を唱えできたことに感謝したい。今の時代、いつどこで地震があるかわからない亡くなられた方のご供養、また復興を祈り今の私たちの生活が何一つ当たり前ではないということに感謝したい」と述べた。
引き続き、平柳清檀信徒協議会会長(感應寺檀徒)が「この災害が多い世の中で自分さえ良ければという心を捨てお互いに助け合い、いのちに合掌の心を大切にしていきたい」と話し
あいさつの後は二胡奏者の陳ブンジ先生による演奏会が行われました。
先生は、二胡という楽器を日本と中国の架け橋にしたいと活動し、当日は「春よ、来い」「花は咲く」などの日本歌謡を含む全六曲が披露され、二胡の音色に、会場は心温かい気持ちに包み込まれました。
その後、休憩を挟み講談師の一龍斎貞鏡先生による講談が行われました。
先生は昨年、真打に昇進され、舞台やテレビに大忙しの中、この日のために駆けつけてくださいました。
講談では「日蓮聖人御一代記」の誕生から立教開宗までを披露してくださり、講談を初めて聞く方が多い中でも、聴衆の心を掴み終始大盛り上がりとなりました。続いて「西行法師」を披露していただき、誤った言葉遣いが見られる昨今、講談を通して改めて日本語の持つ美しさを感じることができました。
研修会の最後には、会場の寺院、加藤良海住職が「本日ご宝前に置かせていただいた位牌の裏には、関東大震災から百箇日の日付と埼玉県内の寺院名が記されています。現存する記録は少ないですが、本日来ていただいた方のご先祖様がこの位牌を通じて復興を祈り、続けてきたのではないかと思います。皆さん一人一人の力、手を合わせる思いが必ず被災された方々に対して大きな力になっている」と感謝を述べ、檀信徒研修会の全行程を終えた。

2024年4月2日号

北海道東・4地区合同の事業活動計画

北東240411 (1) 【北海道東】東部管区地区(遠紋地区・北網地区・釧根地区・十勝地区)の4地区合同による修法師会と社教会の令和6年度事業活動計画ならびに収支決算報告総会が4月2日、北見市のホテルで行われ、室伏見秀宗務所長ほか14人の僧侶が参加して開催された。
修法師会長の久富慈順会長の挨拶から修法師会総会がはじまり、5年度収支決算報告、6年度予算案・事業報告・事業計画が審議され、2時間ほどの会議で、意見や質問がかわされた。
次に社教会の総会が岡元一実新会長の挨拶で始まり、同様に5年度収支決算報告から順次報告が行われた。元日に起きた能登半島地方を震源とする地震や、毎年国内でおこる災害への義援金の捻出が議案でだされ、出席者に意見を聞いた。会としては能登の被災地に義援金を出し、また頻繁の災害にも義援金を出すこととなったが、義援金をどう捻出するかが会議の論点になった。そのなかで、毎年一定額を北海道東部社教会から社教会事務局に納めて活用してもらう、災害発生時に書面やファックスで義援金を出すことを伝え、社教会一任で義援金を出すなどの2点が話し合われた。全会一致のうえ、災害時は会員の協議なく、社教会独自の判断で義援金を出し、会は書面ファックスで内容を会員に報告することで決まった。社教会としては協議会を開かず活動ができ、スムーズに社会貢献ができるが、責任や役割負担が増える懸念もある。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07