全国の通信記事

2024年2月17日号

京都2 宮武孝徳師の帰山奉告式

京二240220②【京都2】令和6年2月17日、京丹後市大宮町市経典寺にて、第再行宮武孝徳上人の帰山奉告式が行われた。
再行副代表としての責務を果たし、帰山した宮武上人は、成満を待ち望んでいた多くの檀信徒に迎えられた。式の前には唱題行列、水行が執り行われ、帰山奉告では、初行成満から12年が経ち再び入行した宮武上人の強い意志が伝わる内容が述べられた。
謝辞では、「初行から12年ぶりの荒行堂、最初は不安しかありませんでしたが、檀信徒の皆様、そして共に修行した上人の方々の支えもあり、無事に成満することができました。ありがとうございました。」と感謝の気持ちが述べられた。さらに、「経典寺では、先代や先々代は荒行堂に入ったことがなく、荒行堂はどういうところなのか、どのような修行が行われているのかを檀信徒の皆様に知って欲しかった」とも述べていた。

2023年10月29日号

京都2 伊根町大乗寺で法灯継承式

京二231101③【京都2】令和5年10月29日、京都府与謝郡伊根町大乗寺において、二十八世寺嶋泰弘師の法灯継承式が営まれた。式では所長から辞令伝達後、正干与人から泰弘師へ払子が手渡された。御宝前に、先代師父上人のお位牌が安置される中、泰弘師は「今は多様性の時代。人々のこころを理解し、支えていく。仏様、お釈迦様の み声、法華経の素晴らしさが聞こえるように、これからも精進していく」と決意を述べた。檀信徒と共に行列が出発し、法要には約80人の僧侶檀信徒が参列した。

2023年10月22日号

京都2 与謝野町實相寺で法灯継承式

京二231031①【京都2】令和5年10月22日、京都府与謝郡与謝野町加悦 實相寺(酒井雅仁住職)において、三十三世酒井雅仁師から三十四世酒井英隆師への法灯継承式が盛大に営まれた。稚児・檀信徒、約100人の行列が出発し、法要には全国から150人を越える僧侶檀信徒が参列した。奉告文で英隆師は「学問と修行の両道に励み、先人たちの偉業を継承し、私たちのお寺を守り抜くことに努める」と継承に対し報恩の思いと護山の決意を述べた。雅仁師は實相寺において寺門興隆のために昭和48年より50年間住職を務められた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07