全国の通信記事

2024年2月18日号

大分 廣田千城師の帰山奉告式

大分240220 廣田千城師帰山式【大分】令和6年2月18日、大分市妙親寺(廣田学良住職)にて、第再行廣田千城師の帰山奉告式が行われた。大分、熊本から入行した2名の行僧と共に帰山した千城師は、成満を待ち望んでいた多くの檀信徒に迎えられた。式に先立ち、唱題行列、日蓮聖人像前で水行が執り行われ、御宝前での帰山奉告文では、千城師の枯れ切った声が堂内に響き渡り、その声から厳しい修行だったことが伺え、参列者は真剣に聞き入っていた。最後に、特別祈祷が行われ、暖かな天気に恵まれた帰山奉告式を締め括った。

2023年10月29日号

大分 杵築市延隆寺で落慶法要

大分231031①【大分】杵築市延隆寺で庫裡の新築、駐車場整備、本堂壁修復の落慶法要が10月29日に営まれた。県内外の僧侶と檀信徒約100名が参列し事業の完遂を祝った。稚児行列には約15名が参加し法要を華やかに盛り上げた。首藤泰隆住職は「強制的な寄付を募ることなく、皆様の心からの寄付だけで完成することができ感謝の気持ちでいっぱいです。これからも檀信徒のため、地域のために信仰を守り続けていきたい」と述べた。当寺総代からも「住職から寄付についてのお話を聞いた時は正直不安だった。しかし住職の頑張る姿を見て檀家や地域の方々、さらには住職を慕う全国の方々から沢山の寄付が集まり、無事にこの日を迎えることができた」と感謝を述べた。新しい庫裡の玄関には首藤住職の描く可愛らしい御朱印などが飾られ、参拝に来た方々を温かく出迎えている。

2023年10月11日号

大分 第7回大人の寺子屋

大分231016①hp【大分】日蓮宗大分県青年会(上木龍雄会長)は「第7回大人の寺子屋」を、10月11日、加藤清正公によって建立された大分市法心寺にて開催した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年より開催を中止していたが今年4年ぶりに開催。県内より約30名の檀信徒が集まった。会長の挨拶では加藤清正公の縁起について話しがあった。午前中は団扇太鼓の練習や唱題行を行い、午後から絵手紙講師の美藤理里氏 をお招きして、法心寺の境内にある樹齢400年以上になる銀杏の葉を描いて絵手紙を作成した。閉講式では午前中に練習した団扇太鼓を唱題中に叩き、練習の成果を発揮した。参加した檀信徒は「久しぶりの開催で嬉しかった」との感想を口々に述べていた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07