全国の通信記事

2024年1月6日号

東京東 能登半島地震義援金募金

東東240126②【東京東】令和6年元旦、能登地方を震源とする大規模な地震が発生し、甚大な被害をもたらした。

これを受けて、東京東部伝道センターも早急に対応すべくただちに協議に入り、東京東部防災部、及び東京東部日青会と共同で、1月6、7日の2日間にわたり、葛飾区柴又題経寺で「能登半島地震義援金募金」を実施した。

被災地の一刻も早い復旧、復興を願う大勢の方々から温かい志を頂き、義援金の総額は266万4104円にものぼった。東京東部伝道センターは預かった義援金を被災地の社会福祉協議会を通じて寄付し、被災者の支援に役立ててもらう。

2023年12月16日号

千葉南 歳末助け合い運動

千南231225③【千葉南】勝浦市佛教連合会は12月16日と17日の2日間にかけて歳末助け合い運動を実施した。市内寺院の住職ら30人が参加し、駅前や朝市通りで募金を呼び掛けた。「事故のないよう、寄付の方には温かく接してください」と塩崎望巳会長(法蓮寺住職)の言葉で始まった初日は、強風に見舞われ人出が心配されたが、最低気温20度という異例の暖かさのためか土曜日の朝市通りは観光客で賑わい、多くの募金が集まった。集まった寄付金は18日に勝浦市社会福祉事務所に届けられた。

2023年12月15日号

北海道北 歳末たすけあい募金

北北231224③【北海道北】12月15日、北海道北部社教会と青年会が合同で行っている歳末たすけあい募金の勧募活動が行われた。この活動は30年以上前から継続している事業であり、

今年も雪の降るなか旭川市駅前広場と旭川市銀座通商店街で15時から17時までの2時間にわたって13名の教師が街頭に立ち、募金への協力のお願いを呼びかけた。

この時期の旭川はとても寒く気温も氷点下であるが、通りかかった多くの方達が足を止めて協力をしてくれた。コロナ禍が落ち着き、旭川市も外国人観光客が

増えており、中には募金に協力してくれる外国人の方もいた。また管内のお寺からは、行事の際に檀信徒に協力を呼びかけていただき、多くの募金が寄せられた。

街頭と管内寺院からの募金を合わせて338,144円が集まり、中島英明師(社教会会長)と島田啓嗣師(青年会会長)、新渡戸円乗師(青年会h副会長)の3名が22日に

「北海道新聞旭川支社」へ届けた。この募金は昭和40年に設立された「北海道新聞社会福祉振興基金」を通して北海道内の福祉向上の為に使用される。

主な用途は学生の奨学金、福祉分野の人材育成支援、ボランティア活動の支援等である。 募金後も慰労会で中島会長は会員に対して「昨今、募金詐欺等の事件も

目にするが、日蓮宗教師として自信を持ってこの活動を次世代へと繋ぎ、宗祖の教えである安穏な社会づくりに貢献して参りましょう。」と強く語りかけた。

side-niceshot-ttl

写真 2023-01-13 9 02 09

新年のご挨拶。

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07