全国の通信記事

2022年9月30日号

東京東 東京修法師会創立百周年記念法要

東東221004①【東京東】令和4年9月30日に帝国ホテルにて東京修法師会創立百周年記念法要及び祝賀会が開催された。

令和2年、谷中大圓寺(豊田昌樹住職)において、東京修法師会が大正11年に創立され、春秋の年二回の国祷会の他、柴又帝釈天題経寺の帝釈堂・書院の落成式や本山久昌寺の地鎮祭への出仕、時の皇后陛下安産特別祈祷会四谷正覚寺において厳修する等の活動を行っていたとする昭和4年の記録が見つかったことにより、本年が創立百周年の正当であるとわかり、今般、その記念行事が営まれるに至った。

記念法要は、豊田昌樹東京都北部修法師会長導師のもと、脇導師に外山寛実東京都東部修法師会長、嶋田教要東京都西部修法師会長、吉塚誠滋東京都南部修法師会長、式衆に東京都四管区修法師会員の出仕によって厳修され、力強い読経と木剣祈祷により、同会の益々の繁栄を祈念した。

その後の祝賀会では、まず豊田昌樹実行委員長より開式の挨拶として当記念行事開催の経緯が述べられた後、主賓の日蓮宗管長大本山池上本門寺貫首菅野日彰猊下、日蓮宗加行所伝主大本山中山法華経寺貫首新井日湛猊下、茂田井教洵京浜教区長が順に祝辞を述べられた。そして、吉田顕嶺全国修法師会連合会長による乾杯の発声をもって開宴となり参加者は大い東京修法師会節目の年を祝った。

最後に外山寛実実行副委員長の謝辞を以って、当記念行事は円成を収めた。

福岡 一日行堂

福岡221011③【福岡】9月30日、修法師会(佐野前明会長)主催の一日行堂が会長の自坊である川崎町孝性寺にて開催された。本年は荒行堂が開催されるということで、本年入行の4名も参加し総勢19名にて執り行われた。昨年まで荒行堂が中止になっていたが、本年は開催されるということで参加者も緊張感をもち水行、読経に汗をながした。開催にあたり、副会長の野出修輝上人(篠栗町妙覚寺住職)から「祈り、法華経には力があります。今日一日、一生懸命法華経を読誦していただき本年の荒行堂も無事に行われるよう祈念いたしましょう。」とご挨拶された。午前10時より3回の水行、本堂において法華経読誦を執り行った。最後に佐野会長より「初行さんにおいては、今日一日座っただけでも足が痛かったと思います。荒行堂では行僧は冬でも汗をかきながら一生懸命法華経を読誦します。日蓮聖人は法華経の行者の祈る祈りは叶わぬことはないとおっしゃられております。法華経の信者の祈りではなく行者の祈りなのです。荒行を経験した行者の祈りが叶うのです。だから信者さんは我々荒行を成満した行者にお願いするのです。今年、初行さんは初めて信者から行者に変わります。しっかりと修行して、行者になってきてください。そして蓄えた経力を信者さんにむける、これが我々僧侶の役割です。自分は行者になって帰ってくるんだという決意をもって荒行に臨んで頂きたいと思います。頑張って来てください。」と挨拶をされた。

2022年9月29日号

富山 青年会が定例唱題行脚

富山221005②【富山】九月二十九日富山県日青会(櫻栄優一会長)は定例唱題行脚を奉行した。会員12名が参加した。この度は、世話人の高齢化、建物の老朽化に伴い年末に閉堂解体が決まっている神田教会を会場とし、その周辺に点在する宝塔に読誦唱題を行うという形で奉行された。

神田教会の周辺には菩提寺が異なる檀信徒が多数おり、熱心な方々が多い。この日も教会にはもちろん、沿道にも檀信徒が集まり、手を合わせる姿が見られた。

ある檀信徒は「神田教会が無くなるのは残念だが、最後に多くの若いお寺様にお経やお題目を唱えて頂いて嬉しかった」と笑顔で語った。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07