全国の通信記事

2021年2月19日号

栃木 WEB会議の研修会

栃木210222【栃木】2月19日宇都宮市妙金寺においてWEB会議の研修会が行われ、感染症対策をした上で8人の教師が参加した。
新型コロナウイルス感染症の影響により、宗門内外でWEB会議が盛んに行われている現状から、改めて参加方法や操作方法、マナーを学んだ。

2021年2月12日号

埼玉 宗祖降誕800年慶讃報恩法要

埼玉210308【埼玉】2月12日に埼玉県布教師会(石黒淳明会長)は、川口市感應寺を会場に、
完成した『日蓮聖人に学ぶ 御遺文要文集』を奉安し「宗祖降誕800年並『開目抄』
述作750年慶讃報恩法要」を開催した。
新型コロナウィルス感染予防の観点から規模を縮小し、布教師会執行部役員7名と
感應寺檀信徒、川越・妙昌寺(沼田洋順住職)檀信徒10名が参加した。
石黒会長は挨拶の中で「ご降誕800年がゴールではありません。来年には『観心
本尊抄』述作750年、大曼荼羅御本尊始顕750年、さらに10年後には日蓮聖人
750恩忌が巡ってまいります。さらに日蓮聖人に学び仏弟子として地涌の菩薩の
自覚を高め、祖願達成に向けこれからも力をあわせて精進してまいりましょう」と
話した。急遽、参列された三枝泰英前教区長(妙光寺住職)は「今日の大法要を
開催されました石黒会長をはじめ布教師会の皆様には感謝申し上げるとともに、完成
しました御遺文要文集が日本中の僧侶に拝読していただければありがたいと思います」
と述べた。
終了後、参加者に御遺文要文集が手渡され、埼玉管内と有縁各聖に発送贈呈された。
また、予定していた全国布教師会連合会副会長 村田龍学師(和歌山養珠寺住職)を
招いての記念講演は4月の立教開宗会に延期された。

2020年12月7日号

栃木 歳末助け合い行脚

栃木201209【栃木】12月7日宇都宮市内において布教師会(野澤壯監会長)主催の歳末助け合い行脚が行われ、新型コロナ感染症対策として、手指の消毒やマスクを着用して10人の有志が参加した。
例年だと主に市内のメイン通りを行脚していたが、人混みを避けるため、人の往来が比較的少ない住宅街を通り、妙金寺、法華寺、妙正寺の3ヶ寺を各々距離をとって1時間掛けて回った。
今年は特に合掌している方たちが多く見られた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07