全国の通信記事

2020年2月20日号

埼玉 修法師会「国祷会」開催

埼玉200323a【埼玉】2月20日修法師会(仁部前崇会長)は、さいたま市中央区妙行寺(佐々木章友住職)を会場に国祷会を開催し僧侶檀信徒あわせて約60人が参加した。法要に先立ち、日青会(穐山経生会長)による唱題行脚が行われ、妙行寺
の周辺を団扇太鼓を勢いよく打ち鳴らしながらまわった。午後12時をすぎると、本堂内では法華和讃会(金子妙香会長)の会員10人が御宝前に向かい和讃を奉演された。
引続き、仁部会長を導師に開堂式が行われ、式の終わりに仁部会長は今回の国祷会開催に際し、1年以上前から準備協力をいただいた章友住職に御礼の言葉を述べた後「この後、水行をしてまた読経三昧に入りたいと思います。今日日、国祷会を皆さんと共に信心厚く終えたいと思いますので、ご協力をお願い致します。本日は宜しくお願いします」と挨拶した。開堂式終了後、仁部会長と本年度大荒行堂を成満した5人の行僧が本堂前に作られた水行場で水行式を行い。この日の為に、佐々木妙修師(妙行寺院首)と章友住職が用意をした特注の水行桶と樽に汲まれた水を勢いよく被り、続いて本堂内で読経する修法師が、入れ替わりながら順繰りに水行を行った。国祷会では、成満僧5人を含めた20人の修法師で加祈祷が行われ、総勢20人の読経と木剣を振う音が堂内に響き渡った。最後に、章友住職が挨拶の中で「沢山のお上人にお経を上げていただき、山内を清めていただきましたこと寺を代表して感謝申し上げます」と述べて、国祷会を終えた。

2020年2月15日号

栃木 髙橋法靖師帰山奉告式

栃木200220hp【栃木】2月15日下野市成田の妙光寺(髙橋昇経住職)にて、日蓮宗大荒行堂第参行を成満した髙橋法靖上人の帰山奉告式が営まれた。
当日は天候にも恵まれ、この時期としては暖かい日となったが、壱百日の苦修練行で身をやつした加行僧たちが下帯一枚の姿で寒水を被り始めると、祈るような眼差しで掌を合わせる檀信徒たちの姿が見られた。その後の奉告式では、若林一乗栃木県修法師会長より髙橋師に許証が授与され、続いて加行僧たちの力強い読経と法楽加持の声が堂内に響き渡った。最後に、来賓の祝辞を受けて謝辞に立った髙橋師は、行中における自身の心境を率直に語ると共に、法体健全と無事成満を一心に祈ってくれた住職と檀信徒、そして留守を護ってくれた家族に対する感謝の思い、そして今後檀信徒の幸せの為に一層精進・尽力するとの固い決意が述べられた。

2020年2月14日号

埼玉 宗川瑛洲師帰山式

埼玉200218bhp【埼玉】2月14日、深谷市正法寺(宗川瑛洲上人ご自坊)において、本年度日蓮宗荒行堂第再行を成満した宗川瑛洲上人の帰山奉告式が執り行われた。当日は約35名の檀信徒が見守る中、午後12時半より、帰山行列が組まれ、瑛洲上人を含む3人の行僧が帰山した。その後、水しぶきが豪快に舞う水行が行われ、檀信徒の中には思わず手を合わせる人もいた。引き続き、本堂に移動し、帰山奉告式が行われ、100日間培われた力強い読経と木剣が堂内に響き渡った。式の中で、仁部前崇埼玉県修法師会会長は「瑛洲上人は2回目の行に入り、声が太くなり、木剣を堂々と振り、立派になって帰ってきました。これは、先代、正法寺さんにとって大変うれしい、新たなスタートの時だと思っております。行堂で蓄えてきたエネルギーを檀信徒の皆さんに配り、これから正法寺のために、活動していただきたいです」と祝辞を述べた。続いて、瑛洲上人は謝辞の中で「令和元年度の大荒行堂に入行するにあたって、自坊の状況、家族の事情、先代への想いなどいろいろな想いがでてきました。先代が55歳で遷化し、何かお寺に因縁みたいなものがあるんじゃないか、そういうものを断ち切りたいと思い、自分がしっかり修行していきたいと思い再度入行させていただきました。自坊を守ってくれた家族、檀信徒の皆さんに本当に感謝しています」と感謝の言葉を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07