全国の通信記事

2017年5月20日号

埼玉・富士見市性蓮寺で除幕入魂式

埼玉170619 (3)【埼玉】平成二十九年五月二十日、富士見市の性蓮寺(関根教●《さんずいに元》住職)において額装壁画の除幕入魂式が行われた。この壁画は、志木市の大進建設株式会社会長、大野進氏より性蓮寺諸堂の新改築等の建設事業に携われたことへの感謝として寄贈された。壁画は二枚あり、一枚は天竺から一番尊い教えである法華経が御所車に乗ってこの世に来界するのを、笛・太鼓を鳴らして歓喜する天女の図。もう一枚は右手に法主を、左手に経典を持った日蓮聖人に蓮の花を差し上げに行く天女の図が色鮮やかに描かれている。絵の構想は大野氏によるもので、製作は大野氏が師事している、日展会員で審査員であるさいたま市在住の画家、石原進氏が手がけた。素材は雲肌麻紙で三重の裏打ちしパネル板に張り付け、外気を遮断するためパネル板を入れている。画材は天然岩絵の具にて金銀箔泥を使い仕上げたので永久に変色しない。縦110センチ横360センチのまさに大作である。午後3時30分、関根住職を導師に法要が始められた。読経の後、寄贈者である大野氏のかけ声を合図に、総代・関係者による除幕が行われ、二枚の大きな絵が参列者に披露された。その後、式衆による開眼入魂の修法が行われ、迫力ある祈祷の声が性蓮寺の本堂に響き渡った。法要終了後、関根住職は挨拶で「きっかけは大野家の法事の際、位牌棚の上の壁が真っ白で寂しいから絵を描かせてくれという大野さんのお話しからでした。絵の構想は大野さんご自身によるもので、石原先生に筆を執っていただき、本当に素晴らしい額装壁画となりました。参詣していただく多くの檀信徒の皆さんに、鑑賞するのではなく拝していただき、この本堂が心の修行の場所となればありがたい。」と話し、参列者に感謝を述べた。最後に寄贈者である大野氏が挨拶し「性蓮寺の本堂や鬼子母神堂、鐘楼堂の建築、山門の改修など手がけさせて頂き、建設業者としてこの上ない幸せを頂きました。私も90才になり、私の生きた証として、また並々ならぬお世話に成った関根住職への感謝のしるしとして奉納させていただきました。今日、魂をふきこんでいただき、命が入ったこの絵をなるべく多くの方が拝して下さるように希望します。」と話した。

2017年5月17日号

埼玉・和光市妙典寺で入寺式並びに本葬儀式

埼玉170620 (1)【埼玉】5月17日、和光市長光山妙典寺において第五十世永長正典上人入寺式。
並びに、去る平成29年2月7日に遷化された第四十九世永長海晃(慈妙院日典)
上人の本葬義が行われた。
午前11時より、正典上人の入寺式が行われ僧侶・檀信徒約250名が参列した。
法要に先立ち、小林順光宗務総長名の辞令が三枝泰英埼玉県宗務所長によって
正典上人に伝達され法要が進められた。
新住職謝辞では「歴代のお上人が、脈々と当山の法燈を受け継ぎ新倉(にいくら)子安の霊場が今日にいたっています。この由緒深き妙典寺の法燈を、本日多くの皆様の前で継承させていただき誠に光栄なことであるとともに、大変な重責を感じています。これからも精進と努力を重ね当山の護持発展に努めてまいります」と述べた。
午後2時から、前住職第四十九世永長海晃(慈妙院日典)上人の本葬義が、外岡信昭北足立布教会会長を導師に営まれ、前住職の長きに渡る功績と人柄をあらわすように僧侶・檀信徒約300名が参列した。
葬儀委員長を務めた妙顕寺住職・齋藤純孝上人は挨拶のなかで「慈妙院日典上人は、小学校五年生の時に師父を亡くされて、度々卒塔婆を書いてもらうため和光から戸田までの道のりを卒塔婆を持ち徒歩で行き来していたそうで、そのような大変なご苦労をされた日典上人であったからこそ妙典寺様への熱い思いをもって約60年に渡り護持丹精なされたのだと思います」と話した。
遺弟、正典上人は謝辞で「師父は、晩年体調がすぐれず一人では本堂に来ることも出来なくなり、それでも法務をこなそうとしたり、寺の行事を常に気にしていたりと、最後まで勤めを果たそうとしていました。これも60年近く住職をした妙典寺への強い思い、皆々様への感謝の気持ちがあったからだと思います。これからも、皆様方への報恩感謝の気持ちを忘れることなく師父が守り続けた妙典寺を護持できるよう努めて参ります」と述べた。
法要後、本葬儀の導師を務めた外岡会長は参列した僧侶を前に、海晃前住職の無口でとてもシャイな性格であった思い出を話し海晃前住職を偲んだ。

2017年4月29日号

栃木 大田原市護法寺入寺式

RICOH IMAGING【栃木】4月29日午前11時より大田原市護法寺に於いて第三世中島啓文師の入寺式が営まれた。当日は管内教師、有縁各聖、多くの檀信徒が参列。新緑の中法要は厳粛に行われ、僧俗和合した読経の声が堂内に響き渡った。啓文師は歴代先師のご威光と、「給仕第一の祖訓を体し仏道に精進し、檀信徒と共に当山の護持発展に精進することを誓います」と御寶前にて力強く奉告文を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07