全国の通信記事

2019年2月8日号

埼玉 檀信徒研修会

埼玉190218b【埼玉】2月8日檀信徒協議会(伊藤光男会長)は、川越市本應寺(星 光喩住職)を会場に檀信徒研修会を開催。僧侶・檀信徒をあわせ約80人が参加した。
檀信徒協議会が主催している研修会で、今回は埼玉の観光地として知られる「小江戸川越」にある本應寺本堂を研修会場として「ヴァイオリンとチェロによる二重奏」と誕生寺布教部長・誕生寺慶讃布教師の鈴木宇海(勝浦市 常泉寺住職)上人の講演と二部構成となった。
研修を前に、三枝泰英埼玉県宗務所長を導師に法味言上が行われ、参加者への挨拶では「日蓮大聖人ご降誕800年に向けて更なる御信心をそしてお題目の結縁を深く結んで多くの方々に伝えていただきたい。また、今日は私も皆様と一緒に研修をさせていただきます」と話した。続いて、伊藤光男会長は「お寒い中多数の皆様のご出席ありがとうございます」と挨拶した。会場寺院の挨拶では、星 光喩住職が会議で不在のため光陽副住職が住職に代り挨拶と本應寺の縁起を話した。
研修では始めに「ヴァイオリンとチェロによる二重奏」ということで、主に東京・神奈川・千葉を中心に4人グループで活動しているが、今回はヴァイオリンの野崎りいなさんとチェロの奥平華子さんによるクラシック曲を中心とした演奏に、ヴァイオリンとチェロの楽器説明をおりまぜた弦楽二重奏の音色が本堂内に響き渡った。
演奏に続いて、鈴木宇海上人による「ご降誕800年に向かって~宗祖の報恩観に触れる~」をお題とした法話が行われ。鈴木上人が作られた資料が参加者に配られ、その資料を見ながらの法話の中で「皆様は、日蓮大聖人がどのようなお方かは大体ご存知かと思いますが、なかなか語られることの少ないお祖師様のご心情と報恩観、人間らしさを今一度皆様と確認していきたい」宗祖の故郷への思い、法華経を広める決意やご両親への思いを多くの御遺文の中から読み説き「お祖師様がお生まれになって800年という今この時代に、皆様がお祖師様からご縁をいただいて生まれてきた命があるのです。どうぞ皆様、お祖師様の息吹が感じられます小湊へ是非とも足をお運びください」と思いを込めながら切々と話した。引き続き、外岡信昭事務局長から次年度の研修会への案内。最後の挨拶に、馬場弘埼玉県檀信徒協議会副会長から「今日の研修が、音楽を聴いて芸術の完成を養い。鈴木上人のお話を聞いて意欲的に宗祖のいろいろなことを知って下さい」と話し研修会を終えた。

2019年1月25日号

埼玉 教師大会

埼玉190218【埼玉】1月25日さいたま市大宮区ベルヴィ大宮サンパレスを会場に、
教師40人が参加して開催された。
講演には、日蓮宗伝道部長松井大英師を迎え「但行礼拝・合掌礼・いのちに合掌・お題目結縁とは」題して、松井師が用意した宗祖降誕800年慶讃事業進捗状況の資料を参加者へ配布し、プロジェクターを使って現在
までの宗門においての進捗状況の説明をした。
引続いて、日蓮宗総務局長・第12区宗会議員松永慈弘師による宗会報告に移り、松永師の話が進められた。
この1年間、いろいろと役職を経験してきたなかで思ったことを中心に檀家制度が揺らいでいることや根本的な変革が求められるようになるなか、リストラクチャー(事業構造の根本的な変革)を行った会社と行わなかった会社を例にするなど、新たな体制を模索する必要があると話した。また、各寺院へインターネットやスマートフォンの活用を提案し、日蓮宗公式スマートフォンアプリ「合掌の証」や「全国避難所ガイド」のパンフレットが配られ、檀信徒へ「合掌の証」をスマートフォンにダウンロードしてもらう事や「全国避難所ガイド」のアプリ製作会社と日蓮宗寺院約千ヶ寺が災害時協力寺院として登録されているなど「他の宗派ではなかなか進まないことをやっているとご理解いただきたい」と話し教師大会を終えた。

2019年1月4日号

埼玉 冬の寺子屋・大カルタ大会

埼玉190124 (5)【埼玉】青年会(杉英憲会長)は平成31年1月4日、さいたま市の円蔵寺(齋藤義晃住職)に於いて冬の寺子屋・大カルタ大会を開催した。4才から78才まで約40名が参加した。杉会長の挨拶の後カルタ大会がスタート。まず参加者を6チームに分けての総当たりの予選が行われた。初めての試みであった為か、参加者は最初とまどい気味だったが、時間が経つにつれ徐々に熱を帯びてゆき、この日のために用意した特大カルタが取られる度にあちらこちらで歓声が上がった。その後勝ち上がった3チームによる白熱した決勝戦が行われた。休憩の後、子供たちは本堂で紙芝居、大人は別室でお坊さんとティータイムと題した茶話会を行い、交流を深めた。その後は青年会会員である山下智崇師による三線のコンサート、創香師として活動している市毛和佳奈さんを講師に迎えて香り袋とお守り作り体験を行うなど、参加した檀信徒を楽しませる工夫を凝らしたイベントとなった。参加した小学生の男子は「カルタ大会は優勝できなくて悔しかったけれど楽しかったです。また参加したいです。」と笑顔で語った。今回の冬の寺子屋は青年会として初めての試みであったが杉会長は「夏の寺子屋の参加者から冬にも何かやってくれないかという声を頂き、自分たちも一度だけではなく今までのノウハウを生かしてリピーターを作り、さらなるご縁を深められるよい機会と思い企画しました。」と開催の意図を語り、「この経験を生かし今後も様々な企画を計画していきたいと思います。」と今後の活動への豊富を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07