全国の通信記事

2022年11月6日号

茨城 水戸市妙徳寺で法灯継承式

茨城221114【茨城】11月6日、宗門史跡「常陸の湯」水戸市妙徳寺にて第57世植木妙久師の法灯継承式並びに先代住職 慈恵院日幹(植木英明)上人一周忌法要が執り行われた。先ず辞令伝達と払子継承が新住職である植木妙久上人になされた。相田要練宗務所所長からの祝辞では「日蓮聖人が目指された常陸の湯を格護している妙徳寺の住職になられたことは大きなことであります。一生懸命にお勤め下さい。」とお祝いの言葉を送ると共に新住職を鼓舞した。

この後の法要では、遺族や総代等から遺徳の念が捧げられた。コロナ禍である為、三密対策等の制限はあったが、厳粛なる法味言上となった。

2022年10月19日号

茨城 檀信徒研修道場

DCIM100MEDIADJI_0938.JPG【茨城】10 月 19 日に茨城県宗務所(相田要練所長)主催、茨城県檀信徒協議会(星野忠男会長)協賛の檀信徒研修道場が開催された。会場となった水戸市蓮乗寺(前刀啓運住職)の本堂は令和元年に落慶された。新しいお堂の中、お寺の歴史を感じながらの道場となった。法要では各地災害犠牲者追善供養と各地災害復興祈願も執り行われた。続いて『宗門運動結願に思うこと』と題しての前刀住職の法話では、塔婆供養を中心として自分自身が生きた御塔婆になって御題目結縁の風を益々世に及ぼそうと供養の大切さと法華経・お題目の尊さを参加者に説いた。この後、唱題行では各々が一生懸命にお題目を唱えた。檀信徒は法悦に浸る中、境内にある世界平和祈願法界万霊供養塔まで行脚をし、一同で世界平和を祈り無事道場を円成することが出来た。供養塔は岩見妙安法尼が世界平和と戦後の日本復興を祈り、立教開宗 700 年を慶讃し昭和24年に七面山の頂に建立した供養塔を模しており、世界平和と万霊供養の為に立教開宗750年の年に建立された。コロナ禍対策の為、一定規模の参加者及び時間短縮日程の開催ではあったが、立教開宗 800年を目指す御題目の充実した道場となった。

2022年10月7日号

栃木 檀信徒統一信行会

栃木221011【栃木】10月7日、午後1時30分より日光市慈眼寺(横山真康住職)に於いて、栃木県宗務所主催の檀信徒統一信行会が開催された。本年も感染症対策として食事を伴わない形式での実施となったが、県内より27名の檀信徒が参加。信行会では、野澤智秀師(妙金寺住職)による「人間日蓮とお題目」と題した講話に続き、檀信徒とともに管内僧侶出仕による宗祖報恩法要を厳修した。その後、清興としてMCFオーケストラとちぎから上保朋子氏、知久絵里香氏を招き、電子ピアノ・ヴァイオリンコンサートを開催。クラシックの他、歌謡曲や童謡など8曲を披露し、檀信徒たちは美しい音色に静かに聴き入っていた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07