全国の通信記事

2017年2月19日号

群馬 井出存亮住職帰山奉告式

群馬170220井出存亮師【群馬】安中市實相寺で二月十九日、日蓮宗大荒行第参行を成満した井出存亮住職の帰山奉告式が営まれた。
成満旗を持った檀信徒を先頭に5名の成満僧と共に唱題行脚中に荒行中に亡くなられた檀信徒のご自宅で読経しながら参列した僧侶檀信徒約120名に迎えられ水行式を行った。続く帰山奉告式では行僧達の朗々とした読誦と精悍な修法の姿に、参列の檀信徒は深々と手を合わせた。挨拶では「十八年ぶりに修行させて頂き、荒行中はお寺の発展、檀信徒皆様の発展、日蓮宗の発展、世界平和を一心に祈念いたしました。様々な思いがあるが、寺族、檀信徒色々な方々にご迷惑をおかけしました。ありがとうございましたという一言に尽きます」と述べ、同じ百日間苦修錬磨を積んだ行僧各聖、檀信徒の温かいご芳情、そして家族への感謝の意を涙ながらに語った。奉告式後
成満僧と共に特別加持をし参列した檀信徒に御札と福銭等を渡し受け取った檀信徒は大切に持ち帰り帰山奉告式が終った。

2017年2月14日号

埼玉 池田豪志師帰山奉告式

埼玉170220池田豪志師 (1)【埼玉】二月十四日、さいたま市岩槻区大法山眞淨寺(池田恒孝住職)において本年第初行を成満した池田豪志師の帰山奉告式が行われた。午後1時より、僧侶檀信徒の多くの人が出迎えるなか唱題行列にて帰山。その後、今年度成満した行僧十名と共に水行式が行われ、百日間の荒行を終えた行僧十一名の気迫ある水行となった。引き続き、眞淨寺本堂において帰山奉告式に移り、式中の特別祈祷の後、豪志師は御宝前にて力強く帰山奉告文を読み上げた。
恒孝住職は「おかげさまで無事成満することができました。これ偏に仏祖三宝、諸天善神の御加護のおかげと信じております」と謝辞を述べ。 豪志師は「多くの方々の支援があって、今ここに私が居れるのだと強く感じる修行でした。これからは、この恩に報いるため眞淨寺発展のため尽力させていただく所存です」と話し、参列者に感謝を述べた。

2017年1月14日号

栃木 那須塩原市等覚院で寺ヨガ

栃木170131’【栃木】1月14日那須塩原市のカフェ、Chus(チャウス)のnew year ヨガリトリート in Chusのプログラムの一部(寺ヨガ)が隣接する等覚院(藤﨑善隆住職)の本堂に於いて開催された。
一泊二日食事付で、参加者は18人、ヨガインストラクターは同カフェ勤務でもある山岸大輝氏、その中の寺ヨガは90分間のプログラムとなっている。
この企画は藤﨑住職の、これまでお寺に縁の無かった方たちに親しみを持ってもらいたい、お寺と地域との縁を深めたいという思いと、Chusが参加者に一年の始まりにお寺でヨガをすることによって凛とした気持ちになってもらいたい、Chusのある黒磯の歴史にも触れてほしいとの思いが重なり開催された。
山岸氏はヨガで一番大切なことは呼吸だと語る。呼吸によってどこが満たされているか、一呼吸ずつ常に意識し、呼吸に動きを合わせてポーズをとる。そうしてどこが伸びているか、どこが効いているか自分の体の隅々まで意識を張り巡らせるという。
ヨガの後、藤﨑住職から黒磯の約100年の歴史や等覚院の縁起、日蓮宗の本尊やお祖師様について、ヨガと止観の関連性の話があった。
会津若松市からの参加者は「ヨガを始めて2年になりますが、お寺でヨガをするのは初めてです。いつもヨガスタジオでやっていると雑念が入って素直に自分の体を見つめられなかったけれど、お寺独特の香りや雰囲気のせいか肌で感じる空気も違い、心と体がシンクロしやすかった。また是非寺ヨガを企画してほしい。」と感想を話してくれた。
他の参加者からも好評で、次回は4月に開催されることが決定している。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07