全国の通信記事

2021年9月12日号

神奈川2 龍口法難751年

DSC_1241【神奈川2】九月十二日(日)神奈川県藤沢市片瀬、霊跡本山龍口寺(本間日恩貫首)では、七五一年目の龍口法難会が朝より深夜一時すぎまで執り行われた。

残念ながらコロナウイルスによって昨年の七五〇年の節目に続き縮小での行事となった。龍口寺周辺を賑わす出店や夜の万燈・纏奉納も中止となった。

ここ数日間、全国的に感染者数は激減しており七月八月に比べ数字的には、改善の方向にむいていると思いますが、いまだ医療機関は逼迫な状況であることには間違いなく、油断できない状況下であり、医療従事者方々には敬意と感謝である。医療従事者を助けるためにも今一度私たちができることは、感染を広げないことが唯一できることではないでしょうか。

さて龍口寺付近は日中、一時的に小雨が降る中でも、感染予防を行いながら朝より開帳祈願や参拝に熱心な方々が来られ、お堂の中で手を合せている姿を見かけられた。また参拝者が少ない時間帯でも龍口寺の僧侶は、常に供養と感謝と祈願を思いながらお経をお堂内に響きわたらせていた。

夜の纏奉納は中止であるなか、人が集まらないよう告知無しで、午後三時ごろ、地元「龍ノ口片瀬睦会」により僅かの時間、十五分と決めた時間で、各々がコロナに負けないよう間隔を開け、太鼓を打ち、一心に纏を振った。感染予防より掛け声と笛は中止としたが境内には、太鼓の音色が響き渡った。

また、例年通り執り行われた夕刻六時と二十四時の大法要には、限られた僧侶が営み、例年通りの参拝者ではなかったもののお堂の中には、熱心に合掌をする参拝者を見かけることができました。

例年であれば各法要後、お堂内の高台より難除けの牡丹餅が振る舞われていましたが、今年は、今一度我慢の年として中止し、参拝者には報恩感謝の念と祈願としてお焼香を行っていただいていた。

深夜境内にでてみると雨もあがっており清々しい空気を感じた、あたりは真っ暗であり日曜日の夜にも関わらず静まりかえっていた、ふと時計の針をみると午前二時であった。七五一年前に日蓮聖人が土牢から引き出され敷皮石の上で斬首刑になりそうになった丑の刻であった。私もいろんな方々のご縁をいただきこの場にいられたことに一言では表せないが感謝を申し述べその場をあとにした。誰もが来年七五二年法難会が賑やかに執り行われること祈っておりました。

2021年8月3日号

神奈川3 齋藤貫雄上人の通夜・葬儀

神三210816③hp【神奈川3】8月3日(火)、4日(水)平塚市圓隆寺で第36世、齋藤貫雄上人の通夜・葬儀が営まれた。齋藤上人は7月21日遷化。世寿90歳。法号は本隆院日雄上人。2日間で47名の僧侶、182名の寺族・檀信徒が参列した。
齋藤上人は縁あって、住職として東京深川善行院へ12年ほど勤務。その後、昭和52年からおよそ44年間、圓隆寺の住職を務め、檀信徒と力を合わせて本堂・客殿を新築した。宗務所では、参事・選挙管理委員・協議員等を歴任。
法要の導師は宗圓寺の芝崎恵就師で、組寺の僧侶が出座。葬儀式の半ば、山﨑浩道所長が中川法政宗務総長の弔辞を代読の上、齋藤上人との思い出を振り返りながら境内整備の功績や温かな人柄を称えた。
式の終わりには、筆頭総代の鈴木武男氏、遺弟の齋藤良昌師から謝辞。鈴木氏は、住職がお題目を心から愛し、檀信徒向けの毎月の読経会でやさしく指導されたことを振り返った。良昌師は、貫雄上人が宗務所や檀信徒との旅行など懇親の席を楽しみにしていたことや、宴席でのエピソードを振り返り、しんみりとした会場の空気を和ませた。
葬儀後、参列者らは貫雄上人へ生花を手向け、最後の対面を名残惜しみながらの出棺となった。

2021年8月1日号

神奈川3 ロボットプログラミング体験会

神三210810③【神奈川3】小田原市蓮華寺(羽田鳳照住職)を会場に、八月一日(日)、二日(月)、四日(水)、七日(土)と「ロボットプログラミング体験会」が開催され、述べ百二十組の親子が参加した。世間でもプログラミング教育の認知度が高まっていることもあり、今般の体験会では募集開始早々にキャンセル待ちが発生するなど多数の申し込みがあったという。感染症対策を講じた上での各回二時間の体験会では、初歩的なパソコンの操作方法から始まり、自分自身でプログラミングを入力、目標に向かってロボットを動かす課題に取組む内容で、最後にはどちらが早くゴールできるか競争するなど親子で試行錯誤しながら懸命に取組む姿は大変微笑ましいものであった。また、講師と共に同寺で開催中の「プログラミング教室」の生徒たちがキッズティーチャーとなり体験会の補助役として指導する姿があり、感心する保護者の声もあった。今回の企画立案者のひとりである副住職の羽田鳳竜師は「現在の日本社会で多くの方が『寺は風景の一部でしかない』という指摘もあり、寺院に対して否定的な意見が多い。しかし、当山では各種活動を通じ、寺院を“集い場”とすることを目指している。勿論、これからの未来を担う子どもたちも何か提供できることはないかと考え二年前からプログラミング教室を開校した。現在も二十名の男女が約二年間当山へ通い、プログラミング教育を通じて論理的思考力を育んでいる。幾度も課題に対しての失敗や挑戦を繰り返し、知識や技術を高めている。また学区を超えた交友も徐々に芽生えている。最先端の学びと同時に、人間として生きる上で必要な思いやりや他者を敬う心も伝えている」と参加保護者へ寺院で開催することの意味と想いを述べた。今回の体験会を通じて多数の申込みがあり、本年九月以降に同寺のプログラミング教室二期生として授業が行われることが決まったという。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07