全国の通信記事

2017年6月16日号

東京北部・東京都四部布教講習会開催

東北170620 (1) 【東京北部】平成29年6月16日、東京都四部宗務所主催による、平成29年度東京都四部布教講習会が東京都北部宗務所年番として、日暮里ホテルラングウッドを会場に開催された。今回は『江戸の文化に学ぶ』をテーマとし、近年、江戸の文化が世界と比しても著しい発展を遂げていたことが注目され、江戸期の歴史に学び現代に活かすコンセプトのもと、江戸の歴史と文学研究の第一人者である講師の先生に御教示戴き、東京の原点を踏まえて未来を模索する一助となれば、という願いを込めて企画されました。
午前の第一回講演では、身延山大学仏教学部長である望月真澄先生を講師に『江戸の法華信仰と法華文化』を議題として、江戸に法華信仰が浸透した形態から、浮世絵・落語・浄瑠璃などの作品から町人文化としての発展、江戸町衆の気質や信仰としての特徴など、如何にして江戸に法華信仰が弘まったかを御教示戴いた。
午後の第二回講演では、様々なメディアで活躍中である、国文学研究資料館長にして日本文学研究者である、ロバート・キャンベル先生を講師に『明治文豪が描く「上野の山」』を議題として、東京で最初に出来た、上野戦争の地である上野公園が、歴史的な重み・厚みを感じさせる場所であることを紹介頂き、街によって場所によってそれぞれの文化的な役割があったと御教示戴いた。
続いて、望月真澄先生とロバート・キャンベル先生の対談形式で「江戸の法華信仰について」講演を行い、ロバート・キャンベル先生は、身延山へ毎年数回参拝するなど本宗への造詣が大変深く、「信仰的側面では人々は、心の拠り所として年中行事で集まり、心の癒しを求め祈りや感謝を現した。また縁日や御開帳の年間スケジュールが当時の出版物から判り、花見や芝居を楽しむという精神生活の中心に信仰があったと、現在も私の職業として継続して学ぶことが出来ている」と仰った。日蓮宗と江戸の関わりについては、晩年の葛飾北斎を例に挙げ日蓮聖人祖師像の力強い印象を語られ、また「北斎の美術には妙見信仰より星が沢山描かれていて、宗教と思想が密接に関わり祈りと信仰が作品によって弘められていた」とお話くださった。
講演の締めくくりとして望月真澄先生からは、「浮世絵を見ても法華信仰には大変力強さを感じ取れる。芸術作品から見て取れる江戸当時の法華信仰の賑やかな姿を参考にして頂いて、これからの布教活動とお寺の在り方についてはコミュニティセンターとして、お寺離れ・お墓離れの世の中においては、我々お寺だけでの努力だけでなく、檀信徒と僧俗一体となって盛り上げて頂きたい」と力強く御教示戴いた。本講演での宗門教師の出席者は100名を超え、盛大にして大変意義深い講習会となった。

2017年6月14日号

東京西部・世田谷区常在寺で公演「壱ノ会芒種の季」

東西170621 (7)【東京西】六月十四日(水)に世田谷区弦巻 常在寺(駒野日高猊下)本堂に於いて、日本舞踊家の梅川壱ノ介さん(昭和五十八年一月七日生まれ)の公演「壱ノ会 芒種(ぼうしゅ)の季」が行われた。
当日の公演は三部構成。午前十一時から、午後三時からの二回公演で行われた。
第一部は梅川壱ノ介さんによる舞「芒種の季」、祝いの舞を披露、来場の方々のご多幸を祈念し踊られた。
第二部では常在寺住職のご子息であり、執事である駒野教晴(きょうせい)上人(平成二年四月十日生まれ)をゲストに招き対談を行い、お互いの生立ち、家業や留学経験などの共通通点、また修行中に感じたこと、今回の公演に至った経緯を話された。また、駒野教晴上人による法話、日常の中で出来る修行として「六波羅蜜」の六つの修行を説明され、信行の大切さ、また宗祖御遺文「開目抄」より「佛弟子は必ず四恩を知って知恩報恩を報ずべし」のお言葉を引用し、人の恩の大切さを説いた。
第三部では駒野教晴上人、常在寺執事長 廣川潮月(ちょうげつ)上人、常在寺執事 眞々田元敬(げんきょう)上人の三名で御祈祷が行われ、壱之介さんが御祈祷に合わせ舞を披露された。「踊っている時に無心になれた。師には「空間を掴みなさい」と言われ常に心がけていた。お寺の静謐な空間で踊れたのは貴重な体験でした」と語られた。
今回の公演は常在寺に於いて初めての試み、壱ノ介さんと教晴上人が知り合って1ヶ月後に行われた。「兎に角話が合うんです」と壱ノ介さん。意気投合し気がついたら今回の企画を話し合っていたという。二人共何か新しい形で日本文化、仏教を紹介していきたいという思いがある。当日は海外からの来場者もあり、会場アナウンスは日本語・英語の二カ国で教晴上人が案内されていた。「寺離れと言われる時代、お檀家さんには当然の事ながら、国内外を問わず開かれたお寺になれれば」と語られた。
また、駒野日高猊下と壱ノ介さんで能登 本山 妙成寺での企画も思案中だという。今年の九月二十四日には前田家十八代目御当主をお招きし植樹祭が行われ、九月三十日にはブッタガヤ大菩提寺の御住職も参られる予定。

2017年5月21日号

神奈川2 心のやすらぎコンサート

神二170526hp用【神奈川2】鎌倉市薬王寺(大埜慈誠住職)で五月二十一日、『心のやすらぎコンサート』が、当山の第七二四回開山会にあわせて開催され、檀信徒含め約九十名が参列した。
このコンサートは、薬王寺を地域に根ざした開かれた寺にしていきたいという願いから大埜住職が始め、今年で十一回目となる。
災害慰霊法要、大埜住職の「カルト宗教」に対する注意喚起の話の後、津軽三味線日本屈指の奏者、柴田雅人氏と匹田大智氏が津軽じょんがら節やオリジナル曲を披露した。
演奏がはじまるやいなや、想像を裏切る音色の多彩さと激しさに、堂内は拍手が鳴り止まない程の興奮に包まれ、津軽三味線の歴史や弾き方などの説明に、聴衆は興味津々に聞き入った。
大埜住職は、「お寺は皆さんが元気になって帰られる所です。津軽三味線の力強い音色を胸に、元気にお過ごしを」と話した。         (藤田是光通信員)

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07