全国の通信記事

2019年3月11日号

神奈川3 國祷会

神三190322 (1)【神奈川3】三月十一日(月)、修法師会(岩田譲晃会長)は会長自坊でもある小田原市城山・法授寺にて國祷会を行った。当日は大変天候にも恵まれ、管内教師二十六名、檀信徒五十名が参加した。
午前十時から修法師会会員による常経が開始され、午後一時より水行。
午後一時二十分より、伊勢原市妙蔵寺修徒、布教専修師・阿部全雄師による感謝の想いと祈りを届けることをテーマにした法話をおこなった。阿部師は「心から信じ、相手に想いを届けたいと願う気持ちは生きている人・亡くなっている人に関係なく、一身に合掌することによって相手と繋がる、架け橋になることができます」と亡き母との思い出から感じた自身の体験を通じての法話を堂内の聴衆は頷きながら聞き入っていた。
午後二時より國祷会が勤修、総要品が読誦され、国土の安穏と丸八年を迎える東日本大震災をはじめとした数多の自然災害物故者への追善回向を捧げた。
式の結びには岩田会長より「國祷会は国の安穏、国家の安泰などを祈ることが一番の目的です。法華経を読誦し、お題目をお唱えし、想いを込めて祈ることは素晴らしいことではありますが、本日のご参加の皆さまの祈ることの原点を保ち、普段の生活の中に想いを実践していただきたい。それこそがお釈迦様・日蓮大聖人が私たちにお示しになられたこの国を平和に健やかに、そこに住む人々が幸せになるという立正安国という教えでございます。普段の生活の中にそれぞれのできる範囲内で構いません。その想いを実践し、自分の命だけではなく、他の命を尊ぶ想いを夫婦・家族・友人・近隣というかたちで広げていっていただきたい。それこそがお題目信仰でございます」と各聖各位に謝意が伝えられ閉式となった。

2019年2月28日号

東京南 京浜教区教化研究会議

東南190322 (2)【東京南】平成31年2月28日(木)に第43回京浜教区(楠山泰道教区長)教化研究会議が東京都南部(今田忠彰宗務所長)を担当管区に、大本山池上本門寺・朗峰会館で開催された。九十名が参加。
テーマは「日本人の死生観―いま、わたしたちは生老病死にどう向き合うのか―」。核家族化や高齢化が進み、葬送儀礼が多様化する社会の中で、時代の進展に応じて寺院や僧侶はいかに現代の生老病死に寄り添い、支えることができるかについて考えた。
京都大学大学院・政策のための科学ユニット特任教授カール・ベッカー教授により、「日本人の死生観と佛教的ターミナルケア」と題して基調講演が行われた。ベッカー教授は台湾仏教を例に挙げ、僧侶が傾聴に努めることの大切さを説き、寺院を訪問する人にとって、自分を認めてくれる「心ある相手」となるべきであると論じた。そのための方策として、お参りに来た方(悲しみ・辛さを共有する)、退職者(やる気を持ってもらい、コミュニティ作りに貢献する)、介護者(在宅での見取りやケアの精神的ストレスの軽減に助力)、高齢者(保険・貯金・相続の確認、財産の法的処理、遺品の行方の決定、葬儀・墓地・供養についての提言など)、遺族(遺族と尊敬してつきあい、心より認めてよき理解者となる)など、人々の状況に合わせた寺院活用の事例を紹介。殊に終末医療については、周囲とよく相談し、理解を得て事前に決定すること(自己決定権)が重要であると述べ、また葬儀や年回忌法要は、遺族に対してのグリーフケアとしての役割もあるとして、日本仏教の伝統的な死者供養の重要性を説いた。
続く分散会では、年代別に五つの部会に分かれて討議した。ベッカー教授も各分散会を巡回し、日本人の死生観を踏まえ、現代に求められる仏教と寺院の具体的な姿勢や活動について参加者と意見を交わした。
その後の全体会議では、ベッカー教授と関戸堯海師(大田区妙幸寺住職)が登壇。関戸師の進行のもと各座長より分散会の報告がなされ、後半は講師への質疑応答が行われた。自己決定権の重要性や、法衣を着用しての病院への訪問のあり方などについての質問に、ベッカー教授は一つ一つ回答し、講師の退室時には惜しみない盛大な拍手が送られた。
最後に日蓮宗現代宗教研究所三原正資所長より講評がなされ、引き続いての閉会式では、次回開催担当管区の安藤海潤神奈川県第二部宗務所副長(常眞寺住職)を導師に法味言上がなされ、閉会の辞を持って散会となった。

2019年2月24日号

神奈川1 松本慈寛師帰山式

神一190304松本師 (3)【神奈川1】平成31年2月24日、暖かな日差しがそそぐ中、横浜市杉田妙法寺(松本慈恵住職)にて副住職である松本慈寛師の日蓮宗大荒行堂第再行帰山奉告式が行われ、妙法寺檀信徒、並びに練馬法華結社から大変多くの檀信徒が参詣、お祝いに訪れた。
妙法寺筆頭総代先頭のもと、午前10時より7名の行僧と沢山の帰山旗をもつ檀信徒は妙法寺裏手の駐車場から帰山行列を出発し、妙法寺に辿り着くとまずは境内地に勧請されている牛頭天王堂にて一読した後、本堂前にて読経を行った。
その後10時半より平成23年度と24年度に渡り副伝師を勤められた御師範、松本慈恵僧正ならびにご家族が見守る中、行僧各聖による水行式が行われた。
そして帰山奉告式にては行僧各聖の力強い読経と御宝前法楽加持が行われた後、慈寛師による帰山奉告文が言上された。
許証授与に於いては法華経寺貫首、また大荒行堂伝主である新井日湛猊下より直々に許証をお読み頂き、慈寛師へ授与された。
謝辞において慈寛師は、来臨の各聖及び檀信徒各位に感謝の意を述べ、現役の医師でもある自身の今後の抱負を語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07