全国の通信記事

2019年11月23日号

神奈川2 御会式・龍口テラス

神二191202 (2)hp【神奈川2】11月23日、本山龍口寺(藤沢市・本間日恩貫首)の御会式にあわせ、降誕800年・龍口法難750年慶讃実行委員会(委員長=楠山泰道宗務所長・横須賀市大明寺住職)はイベント「龍口テラス・御会式」を開催した。
あいにくの雨天だったが午前9時から境内や諸堂各所で「唱題行体験」「法話とヨガの会」「中華精進料理と法話の会」「藤田優一語りの会」「境内散策」「御朱印帳づくり」「消難お札づくり」「坊主カフェ」「お坊さん紙芝居」とさまざまな催しが行われた。また、地元の飲食店や雑貨店が出店した。
午後1時からの御会式法要は、本間貫首を導師に楠山所長ら管内の僧侶にて厳修した。
参加者は「自分でお札を作り、ご祈祷を受ける事ができ良い経験になりました。」と話した。
次回の龍口テラスは4月5日の花まつりに合わせ開催予定です。

2019年11月18日号

東京西 八王子市法妙寺で藏寿観師法灯継承式

東西191202hp【東京西】令和元年11月18日、八王子市法妙寺において、第3世神藏寿観師の法灯継承式が行われ、僧侶檀信徒約100人が参列した。
式に先立ち、同日午前には法妙寺開基、本妙院日孝上人第50回忌報恩法要が茂田井教洵宗務所長(東京都西部)導師の許厳修され、式中、第2世神藏義一師の「開基上人はお祖師様への強盛な信仰心で、寺門興隆の為に身命を擲ってこられた」との言葉を受けての法灯継承となった。
法灯継承式では茂田井所長より辞令伝達が行われた後、義一師から寿観師へ払子が手渡された。また、長年、法妙寺の護持興隆に尽くし、宗務院伝道部課長、東京都西部宗務所長などを歴任した義一師の法勲に対し、日蓮宗管長、菅野日彰猊下より1級法功賞が授与され、菅野猊下、茂田井所長から法灯継承への祝辞が述べられた。
新住職となった寿観師は「開基である本妙院日孝上人が礎を作り、先代が築き上げたこの法城が50年、100年、遥か未来まで続く寺となるように守っていきたい」と誓いを立てた。

2019年11月7日号

神奈川3 日蓮聖人御降誕八百年慶讃法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【神奈川3】神奈川県第三部宗務所(山崎浩道所長)は十一月七日(木)大本山小湊誕生寺に日蓮聖人御降誕八百年慶讃法要の団体参拝を檀信徒百三十名・教師二九名参加のもと行った。七日(木)、各集合場所からバスに乗車し、房州小湊へと向かった。途中、渋滞もあり予定時刻より一時間遅れの到着となったが、誕生寺石川日命貫首猊下より山﨑浩道所長へ慶讃法要導師が委託され、管内教師出座のもと滞りなく営まれた。
法要は神奈川三部雅楽会による雅楽の演奏が堂内に響きわたり、檀信徒と共にゆっくりと自我偈読誦と唱題を行い、荘厳な法要となった。
その後一行は、昼食の後、日蓮大聖人が初めてお題目をお唱えになられた大本山清澄寺へと向かい、御開帳と縁起を拝聴し、その後は祖師堂前にて金子別当とともに全員で記念撮影を行った。
参加信徒からは小湊まで一人ではなかなか足を運ぶ事が出来ないので、こうしてご降誕八百年という節目にお参り出来たことは大変嬉しく有り難い、今回誕生寺で盛大な法要に参加できてとても感動したとの感想があった。
その後はアクアラインを経由し海ほたるにて休憩散策を行い各号車帰路に就いた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07