全国の通信記事

2018年4月25日号

滋賀 横川定光院で春季法要

滋賀180522 (2)【滋賀】滋賀県宗務所(佐橋龍岳所長)は4月25日 比叡山横川の宗門史跡定光院で春季法要を勤めた。春秋二回の法要のうち、春季法要は宗務総長に委嘱される形で近畿教区12管区が交代で勤める慣わしになっており、本年は滋賀県の当番にあたるため、例年の管内立教開宗会を併修する形で企画された。
当日は僧侶檀信徒約280人が各地区から大型バスで参集。延暦寺大講堂に安置されている日蓮聖人像に参拝後定光院に結集し、藤岡瑛邦師(本像寺住職)の法話に引き続き、佐橋龍岳宗務所長導師のもと読経・唱題・声明・修法の荘厳な法要となった。
来賓は宗務内局から松井伝道部長、北山教務部長はじめ近畿教区要路の各聖、京都八本山会からも多数御臨席を賜った。比叡山当局より法要に列席した延暦寺副執行 小鴨教務部長からは、日蓮宗の護持丹精への謝辞と法華経不軽菩薩の精神と叡山の修行についての関連性が説かれた。

2018年3月8日号

滋賀 修法師会が一日行堂

滋賀180315①hp用【滋賀】修法師会(中村龍明会長)は、一日行堂を3月8日、東近江市妙啓寺(中村会長自坊)本年で5回目の開催となり、管内外より僧侶9名が集まった。朝9時より夕方
18時までに4回の水行と読経三昧、自身の信力増進、懺悔罪障消滅のため一心に修行に打ち込んだ。また、この一日行堂で積んだ功徳をもって、15時半から県内より集まった
檀信徒約60名に法楽加持を厳修した。参加各上人は実りある修行ができたと喜んでおり、法楽加持に参拝した檀信徒の方々も、迫力ある御祈祷を頂戴できたことを喜んでいた。ま
た来年もお参りしたいと言っていた。

2018年2月25日号

滋賀 護法統一信行会

滋賀180328② (1)【滋賀】宗務所(佐橋龍岳所長)主催、檀信徒協議会(今江光夫会長)協賛のもと護法統一信行会が2月25日、彦根市蓮成寺(福島謙應住職)にて開催。教師檀信徒約270人が参加した。
開催に先立ち青年僧が彦根市蓮華寺から市内を唱題行脚。
法味言上後、青年会による唱題行があり、午後からは望月真澄上人(身延山大学仏教学部長)を迎え「日蓮宗の千ヶ寺参り~千ヶ寺参りの足跡~」と題し講演。
巡礼の歴史、日蓮宗の巡礼形態、江戸時代から明治時代の霊場巡礼など写真を交え解説。また、滋賀県長浜市の妙立寺にある千箇寺詣部屋の墨書を紹介。白壁や柱に書かれたお題目、和歌、題目塔、万燈、丁髷の男性など檀信徒らは興味深げに見入っていた。
その後、修法師会による法楽加持で参加者の信行増進を祈念し信行会の最後を締め括った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07