全国の通信記事

2016年12月16日号

福井北 教師セミナー

福北161220【福井北】修法師会(赤星龍寛会長)が十二月十六日、教師セミナーを福井市本楽寺(梶川龍良住職)で開催し、県内外の教師二十名が聴講した。
テーマを、「岐路に立つ日本のお寺の経営と活性化『僧侶として檀信徒の健康に取り組む施術法紹介―氣の秘密』」とし、講師に、自然治癒力活性医学研究所代表で日蓮宗僧侶の萩原秀紀師を招いた。
萩原師は、「宗教離れに加えて人口減少が進む中で、お寺の維持が今後さらに難しくなる。お寺に救いを求める人をいかに満足させるか、増やしていくかが重要。」とした上で、その具体的な方法として、「心と体は密接に関係しており、修法に医学知識、氣の知識を取り入れれば効果は倍増する。」と実演を交えながら檀信徒の体のズレや悪い部分を見分ける方法などを紹介した。
赤星会長は、「祈祷は氣導に通じます。お題目を唱えることで、久遠のご本仏のお力である、宇宙からの氣のエネルギーを受け取ることができます。氣の力を具体的に見せることで、檀信徒をお題目に導くことができるでしょう。」と締めくくった。
修法師会では今後、有志の呼びかけで萩原師を講師として教師対象の「僧・医研修講座」を開講する予定。問い合わせは赤星会長(圓立寺0779‐66‐3596)まで。

2016年8月3日号

福井北 こども夏寺

福北160902 (1)【福井北】8月3日・4日、福井県北部日蓮宗青年会(竹田清秀会長)主催の第4回「こども夏寺」が開催され、小学生二十三名が参加した。
今回は、昨年までのメイン会場、福井市日之出妙長寺(山内是正住職)でオリエンテーション及び開校式を終えると、バスで同市下一光町に移動。同市上一光町真浄寺(竹田法英住職)で夕勤と翌日の朝勤を行った。二日目は宿泊所の清掃奉仕ののち、再びバスで越前海岸まで出て、鮎川海水浴場で海水浴を行った。
テーマを「挨拶は合掌で」に定め、バスの運転手などお世話になった人への挨拶や就寝、起床の挨拶を合掌礼で行った。
また、焼香の意味と作法を説明し、真浄寺参拝の際には一人一人御宝前で焼香した。
初の試みとなった海水浴は、準備運動をはじめ、バディでの人数確認や、遊泳範囲の指定など、安全対策を徹底した。
二回目の参加となった参加者からは、「花火や海水浴が楽しかった。今年は友達を一人誘ったが、その友達も来年また来たいと言ってくれた。」といった声が聞かれた。
また、今年はチラシを見たある女性檀信徒が指導者として参加し、女子の参加者に大変好評であった。

2015年11月8日号

福井北 中條宏紹師入寺式

福北170112①【福井北】十一月八日、福井市大丹生町大乗寺で、第四十五世中條宏紹師の入寺式がお会式と併せて行われ、寺院・檀信徒約百五十人が参列した。
第四十四世中條令紹上人は、宗務院総務部長や大本山清澄寺第十二代別当などを務めたが、昨年四月八日に遷化された。中條宏紹師は、越前市稲寄町妙稲寺住職で弟子に当たる。
開式に先立ち、筆頭総代近村信夫氏(福井北檀協会長)宅から行列が出発。特有の浜風が吹く中、玄題旗、新住職中條宏紹師手作りの万灯、檀信徒のうちわ太鼓隊を先頭に行列が進むと、沿道では檀信徒が家族総出で合掌して迎える姿が見られた。
式中の謝辞で中條宏紹新住職は、「妙稲寺(福井県越前市)の住職として十年になりました。妙稲寺は私を僧侶として育ててくれたお寺でございます。この大乗寺は師僧寺であり、私が三十五才で出家得度した、僧侶として生まれたお寺でございます。どちらも、私にとっては大切なお寺でございます。」と述べ、感極まって声を詰まらせた。
福井市の沿岸部に位置する大乗寺は、江戸時代、福井藩松平氏の領内巡視の際の宿所であったため、「三つ葉葵」の御紋の使用を公許された名刹寺院である。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07