全国の通信記事

2017年2月19日号

群馬 井出存亮住職帰山奉告式

群馬170220井出存亮師【群馬】安中市實相寺で二月十九日、日蓮宗大荒行第参行を成満した井出存亮住職の帰山奉告式が営まれた。
成満旗を持った檀信徒を先頭に5名の成満僧と共に唱題行脚中に荒行中に亡くなられた檀信徒のご自宅で読経しながら参列した僧侶檀信徒約120名に迎えられ水行式を行った。続く帰山奉告式では行僧達の朗々とした読誦と精悍な修法の姿に、参列の檀信徒は深々と手を合わせた。挨拶では「十八年ぶりに修行させて頂き、荒行中はお寺の発展、檀信徒皆様の発展、日蓮宗の発展、世界平和を一心に祈念いたしました。様々な思いがあるが、寺族、檀信徒色々な方々にご迷惑をおかけしました。ありがとうございましたという一言に尽きます」と述べ、同じ百日間苦修錬磨を積んだ行僧各聖、檀信徒の温かいご芳情、そして家族への感謝の意を涙ながらに語った。奉告式後
成満僧と共に特別加持をし参列した檀信徒に御札と福銭等を渡し受け取った檀信徒は大切に持ち帰り帰山奉告式が終った。

2016年10月10日号

群馬 藤岡市天龍寺でお会式法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【群馬】藤岡市天龍寺(作田住職)では、十月十日にお会式法要を行った。約三十人の檀信徒が日蓮聖人へのご報恩の気持ちを伝えた。法要終了後、オカリナ奏者の白石清さんによる、演奏会を行った。自身の名にちなんで「キヨシのズンドコ節」や群馬県の作詞家が作った「海(うみは広いな大きいな)」など約一時間、昔親しんだ歌なので参加者もみなで歌った。
参加した三井田光雄さんは「昔懐かしい歌を楽しく歌えました。有名な日本の童謡を群馬県の作詞家が作っていたことが誇らしいです」と言っていた。

2016年10月8日号

群馬 伊勢崎市境町妙見寺お会式法要

【群馬】伊勢崎市境町妙見寺(小川志道住職)では、十月八日にお会式法要を営み約二百人が境内に集まった。十一時から人形劇『にゃお』やサーカス『KENTA』を上演。境内にはハヤシライスやベーグル、おいしいコーヒーなどの出店が軒を並べた。十三時から、法要が行われ〝読経と演奏と舞のコラボ!〟では、小田島英夫さんの尺八・篠笛の演奏。舞踏家・観音美醜さんがお題目の太鼓と融合して観音のごとく舞う創作ダンスが奉納された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07