全国の通信記事

2021年4月29日号

千葉西 日蓮聖人降誕800年管区大会

千西210510a⑦【千葉西】千葉県西部宗務所(山本隆真所長)では四月二十九日(木)、鴨川市・大本山誕生寺(石川日命貫首)において『第二十七回「いのりの日」 日蓮大聖人御降誕八〇〇年 千葉県西部管区大会 慶讃法要』が厳修され、教師三十八名、宗門子弟五名、宗門子弟付き添い八名、檀信徒を代表して檀信徒協議会(安藤矗勇会長・茂原市・本山藻原寺総代)理事十二名の計六十三名が参加した。
午後一時、誕生寺山門より髙鍋隆盛実行委員長(市原市・妙藏寺内)先導のもと、檀信徒の唱題行脚をもって祖師堂に入堂。
一時半、法要委嘱式が執り行われ、石川貫首名代、誕生寺執事長・角濵監鏡僧正(北海道北見市・日定寺)より御経頂戴の儀を経て、「宗祖降誕の聖地、蘇生願満の祖師に親しく御報恩の法味を言上して頂きたく法要の大導師を委嘱致します」の言葉と共に委嘱状、団参賞状、払子が山本所長に受け渡され、猊座委嘱がなされた。角濵執事長は「宗祖御降誕八〇〇年の記念すべき年でありますが、新型コロナウィルス蔓延という予測できない事態の為、様々な事が満足に行えなくなっております。この事態の中、お参りを頂いたこと厚く御礼申し上げます。当山の蘇生願満の御祖師様に厚い信仰をもってお参り下さった皆様におかれましては、日々生まれ変わり新しい一歩を踏み出して頂きたい。」と挨拶され、委嘱式を閉じた。
一時五十分、法要に先立ち、灑水散華により荘厳清浄の後、檀信徒協議会理事十二名により、千葉県西部謹製御題目写経三四二五枚が御宝前に奉納された。この御題目写経は、当初三百名以上の参加者を募る予定であった本管区大会において、新型コロナウィルス蔓延の現状を鑑み、代表者のみの参加と変更を余儀なくされた中、参加出来ない管内一一三ヶ寺の檀信徒にも御降誕八〇〇年を迎えた日蓮大聖人への感謝を伝える機会を設けたいという心より、「壱千枚御題目写経納経 ~千枚の写経 千人のいのり・つながり~」を掲げ、広く呼びかけ、予定の一千枚を大きく超えて集まったものである。

二時、山本所長が大導師、大塩孝信宗会議員(市原市・正蓮寺)、増田寳泉協議員議長(茂原市・妙源寺)、月﨑了淨宗務副長(長南町・長久寺)、石野晴朗宗務副長(木更津市・光明寺)が副導師、畠山義浄修法師会会長が修法導師を勤め、慶讚法要が厳修された。雅楽の調の後師衆入堂、常不軽菩薩品二十四字をもって総礼、畠山修法導師を筆頭に修法師による御宝前法楽と粛々と式次第を進め、宗門子弟五名による献供が行われた。献燈を田澤誠晃法師(茂原市・妙弘寺徒弟)と金森稀誉法師(茂原市・東光院徒弟)、献華を田中惺英法師(長南町・長円寺徒弟)と田中煌明法師(長南町・長円寺徒弟)、献茶を木村順要法師(木更津市・成就寺徒弟)が行い、衆人環視の中慣れない所作に戸惑いながらも宗門子弟として立派に役目を勤め上げ、宗門並びに管区の未来にも一燈を献じた。
慶讃文では、山本所長が「世情邪法蔓延り、戦火は絶えず、コロナの疫病世界に蔓延す。生老病死の苦しみ益々充満せり。この時に当たりて本年宗祖御降誕八〇〇年の星辰を迎え、宗祖の請願を受け継ぐこと、我らが使命にして、立正安国、世界平和、人類の幸福を祈念し奉る。また、宗門運動立正安国御題目結縁運動魔事魔障無く円成なさしめたまえ。」と力強く述べられた。
その後、檀信徒を代表して安藤檀信徒協議会会長より「一つ 数々のお寺があり、様々な仏様が祀られていますが、主であり師であり親でもあるお釈迦様を敬い、お護り致します。二つ 日蓮大聖人が生涯をかけて正しいことを証明された妙法蓮華経をお護り致します。三つ 日蓮大聖人をお手本とし、人間作りの場所であるお寺をお上人と共にお護り致します。以上の三つを護ることで心を磨き、社会に貢献し、かけがえのない私たちの国土をお護りできるよう精進致します。」と誓いの言葉が釈尊と宗祖に奉じられた。
法要の結びに山本所長より「本日は管区大会にご参加頂き誠にありがとうございました。法要の最初に堂内に一陣の風がさっと吹いてくれました。自分自身夢見心地で気持ちよく導師を勤めさせて頂きました。昨今コロナウィルスが蔓延し、世の中が不安な状態であり、皆様の心も落ち着きません。今こそ、先ほどお唱えした常不軽菩薩品二十四字にあるように、お互いに他の方の仏性を拝み、相手を大切にする。その心、その姿を是非皆さんに実行して頂きたい。」と参加者へ御礼の挨拶がなされ、宗門子弟五名へ記念品が授与され、閉式となった。
法要後、堂内にて記念撮影を行い、解散となり、皆晴れやかな姿で岐路についた。

2021年4月18日号

滋賀 立教開宗七百六十九年護法大会

滋賀210420②【滋賀】四月十八日に滋賀管区の「日蓮大聖人立教開宗七百六十九年護法大会を開催いたしました。昨今コロナ感染症の影響で色々な法要が中止、延期になっていますが日蓮大聖人ご降誕八百年の記念の年に如何しても開催したいという所長以下役職員、檀信徒の強い思いで開催いたしました。東近江市の「あかね文化会館」で三百人ほどは入れる会場に百二十名ほどの僧俗が十分な間隔と、しっかりした感染症対策のもとに行いました。立教開宗法要の後は身延山妙石坊の奥野本洋住職・常任布教師により「僧俗ともにいますぐと仏となるすべてそれから」という演題で、演題となった奥の住職の学生時代の指導教師との逸話や、人生にとって幸福とは何かを豊かな人生経験と熱い信仰をもとにお話しいただきました。あっという間の一時間半で皆さん納得されていました。コロナが早く収まり来年は多くの檀信徒の皆様と開宗会を開催したいものです。

2020年10月29日号

奈良 第52回護法大会・公開講座

奈良201030①【奈良】宗務所(木村泰存所長)は10月29日にやまと郡山城ホールで「第52回護法大会・公開講座」を開催し、約90名が参加した。
はじめに管内僧侶総出仕で日蓮大聖人第739遠忌御報恩法要が営まれ、御報恩と御先祖供養の塔婆が読み上げられた。
続いて「日蓮宗のお葬式」というテーマで公開講座が行われた。
公開講座とは県内で活動する各会の活性化と未信徒の教化を目的として始められ、2回目となる今回は声明師会の会員が舞台に棺を置いて実際のお葬式の次第に則り読経や作法を行い、その意味や目的を解説した。
また一般にエンディングノートと言われるものを改良し会員が作成した「私の覚え書き」というノートが配られ、誰もが進んでいく生涯について改めて学んだ。
講座を始める前には、希望者が実際に棺に入る体験も行われ、「改めて人生を考えるきっかけになった」、「大切に生きていこうという思いを強くした」などと様々な声が聴かれ、めったに経験することのない貴重な1日となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07