全国の通信記事

2022年11月10日号

豊能 第53回護法大会

豊能221117①【大阪豊能】11月10日能勢町浄るりシアターで宗務所主催、檀信徒協議会後援の第53回護法大会が開催された。未だコロナ感染症が収束しない不安な世情ではあったが、感染症対策を講じ、人数制限をとりながらも僧侶檀信徒330人が参加した。第1部は、桑木茂光宗務所長を導師に開会式を厳修。畑譲檀信徒協議会会長が大曼荼羅の御宝前に進むと、檀上の各寺院総代代表と共に「宗徒信条の要」を声高らかに奉読した。第2部は、昨年の京都市松林院住職大西秀樹師の法話に続く宗祖降誕800年慶讃「樹じゅ輪りん」企画の第2弾。能勢町真如寺住職の植田観樹師による『合掌でつなぐ~それ誰がやるの!~』と題する法話を拝聴した。第3部は海原はるか・かなたさんが『我が芸人人生~苦労の中に笑いあり~』と題する講演と得意の漫才を披露。ベテランのお二人だが、年齢を感じさせない掛け合いに会場は笑顔と笑い声に包まれた。最後は所長を導師に、青年会出仕のもと参加の各自が持参した団扇太鼓を手に唱題行を行い閉会。参加者の一人は「コロナ禍で久々に外に出ました。有難く楽しいひと時をありがとうございました」と会場を後にした。コロナ禍で人が集まることの難しい時代、信仰を同じくする仲間が一堂に会し、温もりあるお題目を共に唱え、改めて護法の念を深める貴重な一日となった。

2022年10月29日号

兵庫西 日蓮聖人降誕八〇〇年慶讚大会

兵西221031④【兵庫西】宗務所(安積尚志所長)は十月二十九日、加古川市民会館にて四年に一度の信行結集大会「日蓮聖人降誕八〇〇年 兵庫県西部慶讚大会」を開催し、僧侶、寺庭婦人、檀信徒約五〇〇名が参加した。

 

第一部は、松本昭仁檀信徒協議会会長が開会の言葉を述べ、青年会行脚隊が入場し幕を開けた。続いて寺庭婦人会和讃部が「日蓮聖人御降誕八百年慶讚和讃」を奉唱し、安積所長導師のもと、声明師会、修法師会をはじめ管内僧侶出仕にて法要が営まれた。第二部の清興では宮内庁楽部在籍の経験もある雅楽師、東儀秀樹氏のトーク&ライブショーを行った。

 

トークショーの間「雅楽を通して地球上の音楽ルーツを継承し守ることに信念と誇りと責任を感じている」と語り、その後のコンサートではまっすぐ突き抜けるような力強さと、東儀さんの人柄を感じるような優しい音色が会場中に響き渡った。閉式の言葉を三好一行協議員会議長(赤穂市高光寺住職)が述べ、この場を繋げてくれた日蓮聖人に感謝し閉会となった。

奈良 第54回護法大会

奈良221031②hp【奈良】宗務所(木村泰存所長)は10月29日に宇陀市の満壽寺(山田妙澄住職)で「第54回護法大会」を開催し、僧侶と檀信徒約90名が参加した。

声明師会を中心に営まれた法要では日蓮大聖人第741遠忌の報恩塔婆と、回向塔婆が多数読み上げられた。

法要後には宗務所顧問の森本竜静師(宇陀市長隆寺住職)が「みんなで菩薩になろう」と題し講演を行った。

最後は青年会による唱題行が行われるなど、久しぶりに賑やかな雰囲気での1日となり、参加者の笑顔があふれていた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07