全国の通信記事

2019年6月4日号

千葉東・冨永観瑞宗務所長就任祝賀会

千東190612 (3)【千葉東】6月4日、ホテルマイステイズプレミア成田に於いて、協議員会(井村大應議長)が発起人となり、冨永観瑞僧正(多古妙光寺住職)の「千葉県東部宗務所長第4期」並びに「千葉教区長第2期」就任の祝賀会が開催され、管内教師39名が出席した。
初めに小島孝史協議員会副議長が開会の挨拶を行い、続いて井村大應協議員会議長と清瀬常童本山日本寺貫首より祝辞を述べられた。次に挨拶として冨永観瑞宗務所長が本日の御礼とこれからの豊富を述べ、あわせて、住職歴50年の一級法功賞を浄妙寺住職小嶋観民上人へ伝達された。
乾杯は千葉日天協議員が威勢良く音頭をとり、参加者一同で杯を掲げた。管内の先輩各聖から青年僧、女性教師に至るまで幅広い層が参加し、宗務所長をお祝いすると共に、お互いの懇親を深める場にもなった。
和やかな祝賀会も最後に冨永一道協議員が閉会の挨拶をし、盛会の内に閉会となっ
た。和合僧を合い言葉に先ずは令和3年2月16日にお迎えする日蓮大聖人御降誕800年の
聖日を目標に互いに手を年取りあい助け合い為法為宗に精進し、管区記念大会・教区記念大会・慶
讃御報恩参拝と実働しながら御降誕800年以後を考えていきたいと思う。

2019年5月27日号

岡山・第31回 岡山管区檀信徒研修道場

岡山190529 (3)【岡山】去る五月二十七日、倉敷市本町に位置する本栄寺(安井智晃住職)に於いて、第三十一回岡山管区檀信徒研修道場が行われ、倉敷・早島組寺の六ヶ寺四十二名の檀信徒が参加した。
当日は、午前九時四十五分より開講式が行われ、大野玄秀宗務所長(岡山市太然寺住職)導師により法要が営まれた。
写真撮影の後、お経練習が行われ、その中で質疑応答があり、普段疑問に思っている何気ないことを聞くことが出来、参加者は皆喜んでいた。
引き続き、藤田玄祐布教師会長(岡山市妙勝寺住職)により、『ちょっとだけ法華経を勉強してみよう』と題した法話が行われた。プロジェクターを使った、法華経二十八品のわかりやすい話に、皆真剣に聞き入っていた。
昼食を挟み、秦宏典師(岡山市不変院住職)によるレクリエーションが行われた。会場内は笑いに包まれ、参加者は心身共に午前中の疲れを取ることが出来たようである。
続いて、岡山立正青年会制作の写経用紙を用いてお自我偈の写経が行われた。「一々文々是真仏」の教えのもと、一字一字心を込めて書いていた。
その後、平野泰真師(備前市妙圀寺住職)導師のもと唱題行が行われ、最後、午後二時四十五分よりの閉講式に於いて、平野信行宗務担当事務長(加賀郡妙本寺住職)導師のもと法要が営まれ、研修終了となった。
この管区研修道場は年二回行われており、次回は令和元年十月二十一日(月)に、(加賀郡)妙本寺に於いて開催される予定である。

2019年5月26日号

秋田 日本海中部地震第37回忌追善法要

秋田190603②【秋田】日本海中部地震から36年、海岸に慰霊のお題目響く
日本海中部地震の発生から36年目を迎えた5月26日、秋田県宗務所(柴田寛彦所長)は「日本海中部地震第37回忌追善法要並びに国土安穏祈願法要」を行った。法要には僧侶檀信徒合わせて25名が参加し、津波による被害者を出した第1会場(能代港)と第2会場(加茂青砂)を巡って、慰霊のお題目を海へと響かせた。また当日は、秋田県修法師会(阿部龍翔会長)による国土安穏祈願祈祷も行われた。
36年前の5月26日、穏やかだった日本海が豹変した。能代港では、東北電力能代火力発電所の用地造成や港の護岸工事中に35名が、また加茂青砂では遠足に訪れていた小学生13名が津波に襲われ尊い命を失った。日本海側は太平洋側に比べると津波被害の経験が少なく、地震発生時も津波に対する策が十分に取れていたとは言い難い状況であった。秋田県では、昭和14年に男鹿地震が発生している。その際には加茂青砂には津波が来ず、山で起きた土砂災害の落石事故で被害者が出た。そういった過去の経験から、山に逃げるという避難行動の遅れが生じたとも言われている。当日参加した檀信徒は「テレビで当時の状況や津波被害者の事を知り、亡くなった方達にお菓子をお供えしたいと思った。海がキラキラして、子供達はこの海を見ながらお弁当を食べていたのかなと、実際に現地を見て感じる事ができた。」「子供達に会えたようで嬉しい。お坊さん達と一緒にお題目を唱えられて本当に良かった。」と海に向かって熱心に拝んでいた。秋田県内では高齢化が進み、災害発生時の避難行動は難しさを増している。いざというとき、自分と家族の命をつなぐために何ができるのか、何をすべきなのか。日常が災害と常に隣り合わせであることを忘れてはならない。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07