全国の通信記事

2020年8月28日号

大阪和泉 写経マラソンと御首題帳

大阪和泉200828 (2)hp【大阪和泉】大阪府河内長野市の妙長寺(吉村常妙住職)では、ホームページで「写経マラソン」を開催している。緊急事態宣言が発令された翌日、4月8日から1日1枚、日替わりでオリジナルの法華三部経の写経用紙を作成し、自宅で写経ができるように公開した。
法華経二十八品に加え、開結二経、妙長寺勧請の妙見菩薩の塗り絵つきの写経用紙はA4サイズで全三十三枚。郵送で納経を受け付けるとともに、御首題帳・御朱印帳も無料で揮毫している。
コロナの影響で外出ができず、精神的に緊張を強いられる中、自宅でひとときの癒しの時間を持つことができると好評で、国内外から反響があり、5月以降、現在も継続している。
イベントを企画した吉村彰史副住職は「お寺の行事も中止や規模縮小が続く中、仏教者として社会貢献のために何ができるか考えた。コロナ禍の中であらためて毎日法華経を読むと、自然にメッセージが浮かんできて、詩の形にして写経用紙に書き添えた。頂いたお手紙には、ステイホームでも癒しの時間を持つことができたという感謝や、毎回デザインの変わる御首題・御朱印が日々の励みになるとの言葉があり、スタートした甲斐があったと思う。コロナ禍が落ち着くまでは、原則無料で納経・御首題・御朱印の郵送対応を続けたい」と述べた。妙長寺では、日替わり写経用紙以外の写経の納経も随時、受け付けている。妙長寺ホームページアドレス http://myochoji.com/

2020年2月23日号

大阪和泉 堺事件から一五〇年記念式典

20200309131232724_0001【大阪和泉】令和二年二月二十三日堺事件ゆかりの堺市本山妙國寺(岡部日聰貫主)において、永藤英機堺市長、ジュール・イルマン在京都総領事、ジョフロワ・シャトネ日仏パートナーシップを招き『第三回 堺事件から一五〇年記念式典』が営まれた。この式典は、堺事件発生後一五〇年の平成三十年に始まり、以来毎年二月二十三日に開催されている。 堺事件とは、慶応四年二月十五日に起きた土佐藩とフランス軍艦水兵との衝突・殺傷とその事後処理に及ぶ事件であり、死亡したフランス兵は十一名、負傷した兵士を入れると二十二名であった。この事件で土佐藩士二十名の内十一名は、慶応四年二月二十三日妙國寺で切腹し、残り九名は流罪になった。切腹した十一名の御霊は土佐十一烈士として妙國寺で護られている。 式典は、法要・岡部貫主の法話・講演会・紙芝居・墓参と続き、参加者は幕府没落と明治新政府樹立の狭間で起きた出来事に思いをはせた。

 

2019年10月27日号

大阪和泉 堺市妙光寺で入寺式

【大阪和泉]】堺市妙光寺で10月27日、第30世小野耕三師の入寺式が営まれ僧侶檀信徒約150人が祝った。
小野耕三新住職は専門学校卒業後社会人として活躍されていたが、32才で貝塚市妙泉寺第31世師兄小野好文師のもとで得度し仏門に入り、以来行学の二道に精進された。二年前に遷化された妙光寺第29世常学院日修上人は叔父ににあたり、仏縁あって妙光寺の法灯を継承する運びとなり式典を迎えた。
小野耕三新住職は挨拶のなかで、
「妙光寺第29世常学院日修上人より直接払子を受け取ることが出来なっかたことが心残りでありますが、歴代廟で見守ってくれてると思います。そして、先代が敷かれたレールを脈々と続けている妙光寺の歴史を重んじ、しっかりみがき、また法灯の明るさを益々明るくできるように、昼夜常精進の覚悟で精進してまいります。」と新住職の抱負を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07