全国の通信記事

2017年3月29日号

大阪和泉 佛心殿落慶奉告と佛像開眼入魂大法要

和泉170417 (1)【大阪和泉】本山妙國寺(岡部日聡貫首)は、宗祖御降誕800年・開山日珖上人御降誕490年記念事業として、「佛心殿落慶奉告並奉安御本尊佛像開眼入魂大法要」を3月29日に営み、大本山中山法華経寺新井日湛貫首を開眼大導師に迎え、法縁寺院が出仕し、本山本法寺瀬川日照貫首、和泉宗務所(佐野一秀所長)管内寺院等関係寺院、竹山修身堺市長、仏像製作にあたった京都伝統工芸大学校の新谷秀一理事長・須藤光昭教授・学生等、約150人が参列した。
奉安された仏像は未来永劫にわたる釈尊の救済の世界を形像したとされる一尊四士(釈迦仏と四菩薩)の五体(釈迦仏総高2.7メートル、四菩薩総高各2メートル)で、東日本大震災で「奇跡の一本松」のみを残して壊滅した岩手県陸前高田市「高田松原」の被災松計72本を使用し、京都伝統工芸大学校仏像彫刻専攻、須藤光昭教授指導のもと同校学生が取り組んだもの。昨年10月の全国育樹祭(京都府南丹市会場)では制作中の仏像をご覧くださった皇太子殿下より学生たちにお声がかけられた。
開眼法要後、仏像は直ちに翌日3月30日に東北教区主催で行われる「東日本大震災七回忌法要」出開帳に向け出発、「震災から6年が経った今、ひとりでも多くの被災地の方々に心の安らぎを得て頂くために立正安国の祈りを東北に届けたい。」という岡部貫首の思いを東北に届けた。

2017年2月19日号

大阪和泉 山崎憲悟師帰山奉告式

和泉170224a山崎憲悟師hp用【大阪和泉】初行を成満した山崎憲悟師の帰山奉告式が2月19日、和泉市妙泉寺(山崎俊裕住職)で営まれ、4名の行僧の出仕のもと、行列、水行、奉告式と続いた。
この日を待ちわびた檀信徒は手を合わせ、山崎師の帰りを労った。奉告式で山崎師は修行の辛さを思い返し、涙を流して奉告文を読み上げた。後の挨拶で山崎師は「荒行堂は想像を絶する世界だった。心が折れそうになった時はいつも家族や檀信徒の皆様を思い出し、自分を奮い立たせた。皆様の支えがあったからこそ、乗り越えることの出来た百日間でした。これからは修法師としての姿を皆様にお見せすることで、お礼とお返しをしたい」と感謝と今後の抱負を述べた。

2017年2月18日号

大阪和泉 松下容清師帰山奉告式

和泉170224c松下容清師hp用【大阪和泉】2月18日、泉南市蓮信寺(松下憲弘住職)で9名の行僧の出仕のもと、四行を成満した松下容清師の帰山奉告式が営まれた。
平成27年に新築した七間四方の大きな本堂で松下師導師のもと、出仕の行僧、住職、参列の檀信徒の全員が御宝前に一心に手を合わせた。
その後の挨拶で住職は「本来ならば住職の私が入行し、尊神様、諸天善神、並びに檀信徒の皆様へのお礼の修行をしたいところだが、私は既に入行の規定の年齢を超えてしまったため、弟子の松下容清が私や檀信徒の気持ちを背負い、入行する運びとなった」と話した。
松下師は「2年前に住職が立派な本堂を建立し、檀信徒の皆様の支えがあったからこそ、ここまで蓮信寺を大きく出来た。今回の行はこれまで以上に自分と向き合う厳しい行となりました。新しい本堂で皆様と一緒に帰山奉告式を迎えられたことを心から感謝しています」と述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07