全国の通信記事

2018年5月28日号

大阪和泉 降誕800年記念団参

和泉180613 (1)hp【大阪和泉】青年会(赤木和仁会長)主催、宗務所(佐野一秀所長)協賛の団体参拝が5月28日から29日に行われ、管内教師と寺族、檀信徒約80名が参加した。当管区では青年会主催の団体参拝が2年に一度の恒例行事として定着し、お寺と檀信徒が交流と信仰を深めることを目的としている。今回は「宗祖日蓮大聖人御降誕800年記念団参 ~千葉小湊 大本山御参拝と房総の海満喫の旅~」と題し、3年後に迎える御降誕800年の節目として日蓮聖人生誕の地の大本山誕生寺、出家得度・立教開宗宣言の地の大本山清澄寺を参拝した。
まず誕生寺(石川日命貫首)にて御開帳と法味言上の後、石川貫首の挨拶、執事長よりお話を拝聴し、諸堂を見学。清澄寺(管長)では執事長の挨拶の後、御開帳と法味言上、その後に旭が森に登り立教開宗宣言の景色を眺めた。
また鯛の浦を遊覧船にて観光し、日蓮聖人と鯛の深い繋がりと地域の伝統を学んだ。
日蓮聖人がお生まれになった時、本来群れをなさない鯛が群集となって現れ、この鯛の浦に定住し、以来800年近くもの間、地域の方々が守り続けている。地元ではこの鯛を決して捕獲しない風習が今も残り、国の特別天然記念物にも指定されている。日頃から法華経、御題目の信仰はあっても大阪和泉から千葉小湊までは遠く、便利な世の中にはなったもののなかなか日蓮聖人のゆかりの地へ赴く機会に恵まれることは少なかった。しかし今回の団体参拝はそういった声に応えることとなり、旅を終えた檀信徒には満足と笑顔にあふれ、更に法華経、御題目の信仰を深める旅行となった。

2018年5月10日号

大阪和泉 北畠顕家 追善法要

和泉180522hp【大阪和泉】宗務所(佐野一秀宗務所長)は5月10日に佐野宗務所長を導師に宗務所役員が出仕し、堺市の石津にある「源顕家公(北畠顕家)・南部師行公殉忠遺跡供養塔」で追善供養を捧げた。
延元3(1338)年の「堺浦の戦い」で北畠顕家と南部師行などの将兵が石津の地で亡くなり葬った。そのような歴史の背景と大阪寺院と石津の人々の尽力により供養塔が建てられ、正面には身延山第83世望月日謙猊下のお題目が記されている。またここには供養塔の他に供養碑と行家塚の石碑、「此付近北畠顕家奮戦地」と記された石碑などがある。
石津の住宅街の一角のたたずむこの供養塔は意識して通らなければ見逃してしまうほど、町並みに溶け込んでいる。今後も宗務所はこの歴史と供養塔の存在を後世に伝えていきたい。

2018年4月28日号

大阪和泉 立教開宗会法要

和泉180507 (2)hp【大阪和泉】4月28日に宗務所(佐野一秀所長)主催の立教開宗会法要が本年も堺市の本山妙國寺(岡部日聡貫首)で営まれた。佐野所長を導師に管内寺院教会結社総出仕のもと、多くの檀信徒が参拝した。法要では阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本大震災の三本の供養塔婆を立て参列者一同、追善供養と復興祈願の思いを合掌に込めた。
法要後の清興では俳優の嵐圭史さんを迎え、御遺文の朗読が行われた。現在、嵐さんは日蓮聖人御降誕八百年記念慶讃事業として全国を行脚し、自身が演じてきた日蓮聖人の世界観を御遺文にのせて語っている。この日も参列した檀信徒が嵐さんの力強い音読と優しい語りかけに一人一人が耳を傾けた。
檀信徒は新たな御遺文の世界に触れ、今一度その有り難さや奥深さを知る立教開宗会となった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07