全国の通信記事

2020年9月10日号

山梨4 甲府市安立寺で室住蓮妙師法燈継承式

山四200923①【山梨4】 令和2年9月10日、山梨県甲府市法行山安立寺に於いて第30世室住蓮妙上人の法燈継承式が新型肺炎拡散防止に努めながらとり行われ、僧侶檀信徒合わせて約100名が新住職の門出を祝いに参列した。また式後には本年6月20日に遷化された先代の望月芳湖上人の本葬儀がとり行われた。望月上人は長年にわたって安立寺の興隆に務め、平成6年には本堂を新築し、庫裡と客殿も新築し、墓地の整備にも携わり、現在の安立寺の境内は望月上人の代で大きな発展を遂げられた。毎週の書道教室をはじめ様々な行事を開催し、地域に開かれた寺院として多くの人に慕われている。新住職の室住上人は「先代の望月上人の意志を継いで仏祖三宝に仕え、引き続き檀信徒や地域の人々の拠り所となる安立寺の維持発展に命ある限り尽力して参ります。」と法燈継承の重責の思いと寺門興隆の誓いを語り、望月上人の増円妙道を多くの参列者と共に祈られた。

2020年8月26日号

山梨4 本堂に流れる弦楽の響き

山四200909②【山梨4】8月26日、北杜市須玉町遠照寺(長田俊彦上人)本堂にてバイオリン奏者の古澤巌氏を迎えた「奉納コンサート」が初めて開かれ、檀信徒一般の約100名が弦楽の世界を楽しんだ。古澤氏は国内外で活躍する演奏家で、市内で定期的に開き平成20年から全国の寺社で奉納コンサートを実施している。
この奉納コンサートは内藤和心副住職が昨年から企画したもので、新型コロナウイルス感染拡大を予防するため、入場時の検温、消毒、連絡先確認、換気などを徹底して実施された。内藤上人は「今後もお寺で心が安らぐような交流ができる企画を考えていきたい」と語られた。

2020年8月25日号

山梨4 山梨県日蓮宗青年会が七面山登詣

山四200918②【山梨4】8月25日、山梨県日蓮宗青年会が七面山登詣を開催した。
例年は檀信徒・寺庭の子供たちと共に、一泊二日の少年少女錬成道場として開催していたが、本年は新型コロナウイルス感染症拡大を受け、自己管理、予防の面から青年会員のみの実施となった。
現状収束と、皆様のご健康を一心に祈る道中では、お別当様や坊の方々より「色々な行事が中止の中、子供たちと登ることが出来なかったとしても、会員のみでも登詣する気持ちは尊いものです」と暖かいお言葉を頂いた。
七面山に登頂したある会員は「来年度は、青年会と練成道場参加者の皆で南無妙法蓮華経のお題目を響かせ、お参り出来ることを願っています。道中ご供養くださいました方々、敬慎院の皆様に心より御礼申し上げます。」と合掌をして語ってくれた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07