全国の通信記事

2019年7月20日号

山梨4 甲府市清運寺で清正公祭り

山四190820 (2)【山梨4】山梨県甲府市清運寺で、(田中宏昌住職)清正公の命日に近い7月20日に「清正公祭り」が行われた。
清運寺には、江戸時代に寄進された加藤清正公像を祀った公堂が今でも残る。
その所縁で毎年開催されるこの祭りでは、熱心な法華経信者であった加藤清正公を祀ったお祭りで祭中の祈願法要では、50名以上の檀信徒や参詣者が参加をし、自身の所願成就を願い、ご祈祷を受けていた。
本堂での法要と苅込義旺上人による修法の後、境内には、檀家による手作りの焼きそばやたい焼き等の屋台が軒を並べ大勢の喜びの声で大いに賑わった。
また本堂の前では、中国の楽器「二胡」の演奏も行われ、参拝者たちはその調べに聞き入っていた。最近、近所に引っ越してきた中村ひろ子さんは「初めて日蓮宗の祈祷を受け感銘を受けました。檀家さんにも優しくしていただき楽しかったです」と参加者全員と同じ笑顔で話してくれた。
山梨県の県庁所在地「甲府」は今年開府500年の節目の年を迎える。清正公祭り以外にも、お寺に触れあえる多くの記念事業に協力している清運寺住職田中師は、「これからもお寺と地域の皆さんが手を取り合って皆が笑顔になるような
事をしたいと」優しく語ってくれた。

2019年7月8日号

山梨4 山梨連合布教会が総会と研修会

山四190712 (5)【山梨4】7月8日、山梨県連合布教師会はベルクラシック甲府にて定期総会と研修会を開催した。研修会には池川クリニック院長の池川明先生を講師に迎え、僧侶檀信徒一般の約100名が参加した。池川先生は産婦人科の経験から胎内記憶と魂の存在について講義を行った。宗教者以外から魂の存在に触れられる講義の内容に僧侶も関心を深める機会となった。母の胎内で命が宿る瞬間に魂が定着する背景とは何かを複数の体験談から紹介された。檀信徒や一般の方々へ命や魂の存在を導く、布教の新たな観点を見出す講演となった。

2019年6月29日号

山梨4 峡北地区檀信徒協議会が身延山輪番奉仕

山四190702b (1)【山梨4】峡北地区檀信徒協議会は6月29日(土)に7カ寺の僧侶檀信徒70名で身延山輪番奉仕を行った。日蓮聖人降誕800年を前に初の合同での輪番奉仕を企画し、実現となった。須玉町遠照寺の住職長田俊彦上人を導師として内野日総法主猊下から委嘱状を受理された。長田上人は「地方の1寺院では輪番奉仕に参加しづらい面もあるが、合同で行う事で負担も軽減される。輪番奉仕を通して僧侶と檀信徒の信仰を深める事で日蓮聖人の降誕を祝うものに相応しいと感じる。全国の寺院で祖山参拝のきっかけになれば幸いです」と語られた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07