全国の通信記事

2020年10月2日号

千葉西 日蓮聖人経塚と道善御房供養塚顕彰

千西201012④hp【千葉西】10月2日((金))妙長寺奥の院(君津市加名盛)に於いて日蓮大聖人経塚並びに道善御房供養塚顕彰報恩活動が営まれた。
コロナウイルス感染予防のため開催中止するのではなく「少数でも顕彰の継続を」との提言により、内容を縮小し、各自昼食後の現地集合としたところ、宗祖御在世の頃より経塚と供養塚を守り続けてきた本吉家の方々9名に加え、管内僧侶22名が参加し、総勢31名にて山本隆真宗務所長の導師により法要が営まれた。
秋晴れの空の下、法要に先立ち清掃奉仕が行われ祖師堂、道善御房供養塚、顕彰碑、題目塔、納経塔などを丁寧に磨き上げた。
法要後、管内各所の信行会に於いて檀信徒の写経したお題目写経と妙長寺の山田妙真住職がコロナウイルス得度退散を祈って写経した420枚のお題目写経が納経塔へ納経された。
最後に参加者全員で加名盛山頂の道善御房供養塚に参拝して解散となった。
毎年3月と10月に行われている行事であったが昨年10月は台風15号による倒木被害により中止、今年3月はコロナ禍の為中止となり一年半ぶりの開催となった。

2020年9月28日号

千葉東 震災復興とコロナ終息を祈る

千東201001②【千葉東】9月28日、多古町妙興寺(冨永観瑞代務住職)に於いて震災復興並びに新型コロナウイルス感染拡大早期終息祈願読誦会が行われた。
管内修法師会(三谷恵乗会長)会員をはじめ20名の僧侶が参加した。
例年通り、東日本大震災物故者の慰霊と被災地の早期復興・自然災害による物故霊位供養と復興祈念をし、
さらに今年は新型コロナウイルス感染拡大の早期終息もあわせて祈願した。
一座目は冨永住職導師のもと総要品を読誦。二座目は三谷会長導師のもと寿量品転読後に御宝前法楽し、疫神教化抄を拝読した。
冨永住職は挨拶の中で「東日本大震災によって壁が墜ち堂宇が傾いてしまった妙興寺本堂も改修工事の目処が立ち、
仏像修復も実現できる予定です。皆様の祈りのおかげで、今後もこの読誦会を続けていきたい」と話されていた。
終了後は、冨永住職より参加者におみやげとして多古町の名産である「多古米」が配られた。

2020年9月13日号

千葉東 多古高校野球部御礼参拝

千東200915⑤【千葉東】9月13日、多古町妙光寺(冨永観瑞住職)に於いて多古高校野球部御礼参拝が行われ、約30名が参加した。
例年は野球部全員で保護者併せて100名以上で参拝しているが、今年はコロナ禍のため野球部を卒業する3年生とその保護者のみの参加だった。
夏の甲子園や代表校を決める千葉大会の中止を受け開催した独自大会「2020夏季県高等学校野球大会」に出場した多古高校野球部は、妙光寺祖師堂において神仏への御礼と試合結果の報告の法要を行った。礼で始まり礼で終わる素晴らしい習慣は先輩より代々引き継がれ実施している。
冨永住職は「今年はコロナの影響で本大会がなく悔しい思いもしたと思いますが、
その中でも皆に感動を与え、良い試合をしてくれました。多くの人の声援を受けていたこと、育ててくれた方々を思いだし、日々感謝の心を持ち続け、後輩を育ててください。これからの人生も野球で培った根性と向上心を忘れずに、互いに助け合い良き人生を築いて欲しい。」と話されていた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07