全国の通信記事

2018年7月24日号

千葉東 第三十四回少年少女研修旅行「てらこや」

千東180730⑨【千葉東】青年会(風間教信会長)主催の少年少女研修が匝瑳市飯高寺(山田教周代務住職)において7月24~26日開催された。少年少女40名募集のところ82名が参加し、16名の青年教師と3名のOGが指導にあたった。
飯高寺は日本最古の大学と言われ、飯高檀林の跡地でもあり、多くの僧侶や沙弥が学んだ由緒ある聖地です。そこで、初日はフィールドワーク(森の中で生き物の観察)を行った。初日の夕食に皆で協力して野菜を切ったり、肉などと炒めたりして、美味しいカレーを作った。どの班のカレーが一番美味しいかの品評会も行われた。2日目の流しソウメンでフルーツも流してもらえ、さらに餅つきもあり、「うれしかった、楽しかった、美味しかった。」という子供たちが多かった。また、自我偈などの読経と唱題と写経の修行も行なった。3日目は海水浴とバーベキューやスイカ割りが行われ、もの凄く楽しかったようである。風間会長はじめ指導の青年教師達は大汗をかきながら、班ごとに行動する集団行動の指導を行いながら、事故をおこさないよう引率をしていた。少年少女の修行だけでなく、青年僧侶の修行にもなる充実した3日間でした。閉校式では、「来年も参加する人―?」声をかけると、楽しかったことが多かったのか、「ハーイ」と手を挙げる子供達が多かった。ある父兄は「子供達の修養道場の記事を読み、インターネットで調べ、千葉県東部の研修旅行が一番充実していそうだ。」と他の管区内の居住者にもかかわらず何人も一緒に申し込んだと話をしていた。閉校式に出席した参加者の保護者たちも「子供達の読経唱題や来年も参加したいと」いう様子に喜んでいた。

2018年7月23日号

千葉北 第23回夏休み少年少女修養道場

千北180802 (1)【千葉北】千葉県北部日青会は今回で23回目となる「夏休み少年少女修養道場」を7月23日~24日に大本山池上本門寺で開催し、子供57名(初参加26名)・スタッフ43名での合計100名で修養に励んだ。また開講式では大本山池上本門寺貫首菅野日彰猊下より激励のお言葉を頂き、子供たちはまっすぐな目線を送り心に受け止めた。
今回の修養道場は「ありがとうを伝えよう」というテーマを儲けて挑んだ。
従来の修養以外にも、例年好評である、自発的行動を強めるスタンプラリーワークを取り入れた。挨拶や修養中の態度、友達と仲良くできたか等をスタッフに自己申告してスタンプを押してもらう。スタンプを増やしたい子供達は積極的に修養に励んだ。
今年は腕輪数珠作りを行った。子供達は自分の好きなように数珠を作れて喜んでいた。
お箸の使い方を教える一環として班対抗の「お箸deピンポン」というお箸でピンポン球を掴んで器に入れるという競争を行った。箸の持ち方がまだわからない子供達も楽しそうに覚えられた。
また、青年会員の法話で今年のテーマである「ありがとうを伝えよう」を子供達にわかりやすいように話していた。子供達もこれを真剣に聞き、今後も実践してくれることだろう。
読経練習では姿勢を正し、一生懸命お経を読んだ。厳かな雰囲気の中、行じた唱題行では、子供達の声が一体となり本堂に響き渡った。
2日目は「オービィ横浜」に行った。非日常的な自然体験を多くさせてもらい、子供達にとっては良い夏休みの思い出になった事だろう。
「ありがとうを伝えることは今回で終わりではない。今後も子供達にも続けていって欲しい。」と
渡辺知応会長。

2018年7月8日号

千葉南 勝浦市巧光寺で七夕まつり

千南180807七夕まつり 巧光寺【千葉南】勝浦市墨名の巧光寺(小澤玄勇住職)では7月8日に七夕まつりを開催、半日にわたるイベントで総勢200名程が来寺し賑わった。
これは「青少年健全育成と開かれたお寺に」との思いから実施にこぎつけたもの。
12時半に、役員スタッフが集合し住職の祈願法要が修され、各部所に配置。
今年は、いろいろな店が出店し、子供たちは商店街内に設置された数か所を廻るスタンプラリーもあり、本堂内では1時から7時過ぎまで、延々と6時間以上にわたるライブが繰り広げられていた。
ライブでは、子供の舞踊・ダンス・東京からの弾き語り等あり、住職の演奏や他の出演者とのコラボもあった。
住職は、いろいろな行事があるが「七夕まつり」は珍しいと思うし、近隣では行われていないので続けて定着させたい、と話していた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07