全国の通信記事

2017年4月29日号

千葉西 第23回「いのりの日」

千西170511③【千葉西】宗務所(土井了真所長)では、4月29日に第23回「いのりの日」を開催し、僧侶、寺庭婦人、檀信徒310人が参加した。
早朝、各地区をバスで出発した一行は、小湊漁業駐車場から唱題行進で日蓮聖人御降誕の地である大本山誕生寺(石川日命貫首)に向かった。
誕生寺では、土井所長を導師に開帳法要を行い、バスにて日蓮聖人出家得道、立教開宗の霊場である千葉県鴨川市・大本山清澄寺(二宮日敬別当)へ移動した。
参加者は、涕涙石2キロ手前でバスから下車し、団扇太鼓に先導され、旭が森までを唱題行進。旭が森では、日蓮聖人像を拝し、香を手向け、参加者それぞれ報恩感謝の思いを巡らせた。その後、千葉県西部宗務所謹製のお題目写経を行い、講師の山口県立大学教授の鈴木隆泰師(東京都江東区善應院住職)が南無妙法蓮華経でお葬式・年回法要を』と題し講演をした。
鈴木師は、「お葬式は結婚式や七五三などと同様の通過儀礼だが人が亡くなると今まで通りのお付き合いができないので新しい関係を構築する必要がある。さらに亡くなった本人に亡くなったことを自覚して頂く必要があるが今まで通りの語りかけでは難しい。そこで仏さまにわかる言葉『妙法蓮華経』に基づく教えが必要である」と原点研究に基づき述べられた。
参加者からは、「お経の必要性を再認識した。わかりやすくて勉強になった。もっと話を聞きたかった」と言った声が聞かれ、月﨑伝道担当事務長(長南町・長久寺住職)が閉式の辞を述べ、午後3時30分に下山し帰路に着いた。

銚子妙福寺で震災復興祈願藤まつり

IMG_20170507_182258【千葉東】銚子の妙見様 海上山 妙福寺(廣野観匡住職)に於いて震災復興支援として四月二十九日に千葉科学大学茶道部による野点が行われ、藤の花を見にきた参拝者の多くが抹茶を味わいながら震災復興支援に想いを寄せていた。
四月三十日は地元のフォーリングスターズによる演奏が本堂正面の回廊で行われた。藤の花をめでながら演奏に聞き入り、震災復興支援の浄財も寄せていた。
五月五日は、震災復興チャリティーコンサートが二胡奏者・遠藤吉晴氏によって本堂内で行われた。昼時にもかかわらず、二百人程が演奏に引き込まれ、多額の浄財を快く寄せていた。
五月六日と七日に震災復興祈願の祈祷がなされた。更に、七日の午後から、震災復興の幟を先頭に、御神輿が渡御された。女性も時々神輿を担ぎ、ヤマサ醤油の工場見学用の駐車場では女性だけで神輿を担ぎ、見学者の目を釘付けにし、震災復興支援をさらに印象ずけた。

2017年4月13日号

千葉南 上総五十座説法会

千南170502 (5)【千葉南】勝浦市の伝統行事、「上総五十座説法会」が勝浦市新戸長慶寺(関谷是静住職)で4月13日から16日にかけて開催された。
467年目となる今年、「後座上人」(説教師)として高座に上がったのは地元の蓑輪顕寿師(勝浦市法花龍蔵寺住職)。遅咲きの桜が満開の境内に連日多くの参拝団が訪れ、踊り子たちによる題目踊りで後座上人の登高座を迎えた。
蓑輪師はあじさい寺として知られる妙法生寺天拝園のアジサイを一人で植栽していることでも有名で、高座に上がるとまず長持ちするアジサイの生け方を紹介して堂内を和ませた。メインとなる日蓮聖人御一代記が始まると聴衆は神妙な面持ちで耳を傾け、中には涙する檀信徒の姿も見られた。
上総五十座の歴史は、天文19年(1550)池上本門寺第11世・日現上人が、焼失した祖師堂復興のため勝浦市本行寺で行った大布教に由来し、現在では同市内の7ヵ寺が輪番で開催している。来年は勝浦市串浜恵日寺(池内円海住職)で開催される。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07