全国の通信記事

2019年5月23日号

新潟北 佐渡島内日蓮聖人御霊跡の現地調査

新北190603【新潟北部】5月23~24日、新潟県佐渡市において、日蓮宗現代宗教研究所三原正資所長による佐渡島内日蓮聖人御霊跡の現地調査が行われた。三原所長によると、本年度の中央教化研究会議は宗祖の上行菩薩(末法に法華経を弘める代表者)の自覚に関わるテーマであることから、佐渡の調査へ赴く事になったという。
23日午前9時に佐渡島に到着した三原所長一行は、島の玄関である両津湊の妙法寺より出発、宗祖が上行菩薩の自覚を表した『開目抄』を著された塚原三昧堂の霊跡本山根本寺、次に、佐渡島内で最初の信者となり宗祖に給仕の誠を尽くされた阿仏房夫妻ゆかりの本山妙宣寺等、佐和田地区では、宗祖の教義の根幹である題目成仏と本尊を明かした『観心本尊抄』を著され、正式な曼荼羅本尊を始めて顕された「本尊始顕」の地である本山妙照寺や、宗祖が安房小湊の両親の墓へ向けて祈りを捧げた実相寺等を参拝。最後に相川地区の過疎化寺院の調査を行った。
翌24日は早朝より佐渡市庁舎にて三浦市長・伊藤副市長を表敬訪問し、来年より宗祖佐渡法難七五〇年を迎える島内寺院霊跡について意見交換をおこなった。続いて、御赦免状を持参した日朗上人が漂着され一夜を過ごされた経島(小木地区)、宗祖が御赦免となり越後に向けて船出された真浦(赤泊地区)、宗祖御上陸の地の松ヶ崎本行寺、御休息の地である小倉御梅堂等を参拝した。
三原所長は今回の佐渡島内宗祖御霊跡調査の成果として「このたび宗祖の足跡をたどり、宗祖が使用された硯水の井戸、一夜を過ごされた御欅(おけやき)、お手植の梅の木などが大切に保存されているのを拝し、往時の信徒が宗祖の思い出を大切にしていたことを実感した。今日の私たちも、霊跡を巡拝することによって信仰を深めていきたい」と語った。

2018年11月3日号

新潟北 護法統一信行会

【新潟北】新潟県北部宗務所は11月3日、護法統一信行会を開催。サブテーマを『佐渡島内の無住霊跡を巡る』とし、管内9か所の霊跡を参拝した。
総勢41名の参加を得て、午前8時30分に貸切バスで宗務所を出発。以降次の各霊跡を巡った。
日朗上人が日蓮聖人にご赦免状をお渡ししたと伝わる「日朗坂」。佐渡最初の篤信者阿仏房夫妻のお住まいがあった「阿佛房屋敷跡」。中興入道の館跡で観心本尊抄ご撰述の硯水井戸が現存する「御井戸庵」。赦免出立の折り、佐渡の信者との別れを惜しまれた地「塩屋ヶ崎」。ご赦免状を持参した日朗上人が着岸された「経島」。鎌倉に向けて船出された宗祖ご足跡佐渡最後の地「真浦」。文永8年10月28日佐渡ご着岸を顕彰した「法華岩」。宗祖ご逗留霊木「おけやき」。配所までの移動途上ご休息の地「御梅堂」の順で巡り、予定通り午後4時に宗務所に帰着した。
「阿佛坊屋敷跡」では、土地を所有される蓮華王山妙宣寺貫首、関日道猊下から直々にご説明いただいた上、阿佛房日得上人750遠忌を記念した顕彰碑建立の構想をお聞かせ下さった。
最後の参拝地である「御梅堂」では、当日の参加者でお堂を管理されるお一人でもある猪股耕作さんより、縁起のほか護持の現状をお話しいただき、参加者はそのご苦労を偲んだ。
後日参加者からは、「初めて知る霊跡があった。」という声や、「また是非開催してほしい。」との感想が出た。
宗祖御降誕800年ならびに佐渡法難750年を間近に控え、絶好の信行と修学の機会となった。

2018年4月23日号

佐渡島日蓮大聖人大銅像建立15周年記念法要

IMG_7224hp  平成三十年四月二十三日、午後七時よりライトアップされた佐渡島日蓮大聖人大銅像前で、建立十五周年法要並報恩献灯唱題行が厳粛に行われ、全国より約二百名の檀信徒が参列した。

当日の天気予報では雨だったが、佛天の御加護により不思議と閉式まで降らなかった。 開式にあたり、本山根本寺貫首竹中智英猊下より参列された方へ歓迎挨拶の後、開式となった。

式は三部に分かれ、法話・法要・唱題行となり、最初に富山県真成寺谷川寛敬師による法話が行われ、谷川師は佐渡に日蓮大聖人が流罪された経緯を話し「上求菩提下化衆生の心があったからこそ、赦免された。皆さんもその志を意識し日々の生活を見つめ直して頂きたい」と語った。

IMG_7246hp 法要では、大導師に東京都善慶寺罍慈恭師・副導師に北海道法華寺木村寛朋師福岡県宗玖寺渡邉正顕師、修法師十五名の出仕により力強い読経と木剣の音が空高く響き渡った。 休憩を挟み、導師に蓮乗寺前刀賢雄師による献灯報恩唱題行が行なわれた。大銅像の照明を消し暗闇の中、辺り一面を囲う蝋燭の灯火がひかり、幻想的な空気が檀信徒の心を癒していった。

全ての工程が終わり、来賓である第二十二区選出宗会議員妙満寺秋山文裕僧正・初代上行講代表、第三十四区選出宗会議員本佛寺佐野前延僧正より挨拶が述べられた。 また、全国檀信徒協議会会長池上幸保氏より挨拶が述べられ「檀信徒協議会に大きなテーマに取り組んでいる。信仰の継承と日蓮宗徒として自覚の高揚である。初めて佐渡島の日蓮大聖人銅像のお顔を拝見したが、今まで以上に、この二つのテーマに取り組みなさいと言われている気がした。日蓮大聖人が望まれている、安穏な社会を作る為、もっと沢山の信仰を世界に広げる事が、日蓮宗徒としての使命である」と述べられ、最後に上行講第五代代表、罍慈恭師より謝辞が述べられ、式は盛大に終わった。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07