全国の通信記事

2020年2月13日号

埼玉 内野顯悠師帰山式

埼玉200218ahp【埼玉】2月13日、新座市番星寺(内野智孝住職)において、本年度荒行初行成満した内野顯悠上人の帰山奉告式が執り行われた。当日は雨が心配されたが、春らしい暖かな天気に恵まれ、檀信徒45名が参列した。午前10時半より帰山行列が組まれ、顯悠上人を含め3人の成満僧が番星寺へ帰山した。その後、管内有縁の僧侶と多くの檀信徒が見守る中、本堂前にて、水行が行われた。本堂に移動後、帰山奉告式が執り行われ、力強い読経が堂内に響き渡った。式中に、内野智孝住職は「顯悠は皆様の少しでもお役に立てるように、今後努力をしていってくれると思います。今後ともお寺と檀家と一つになって番星寺を盛り上げていきたいと思いますので、どうかよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました」と話した。続いて、顯悠上人は謝辞の中で「一月半ばに、精神的にも身体的にもきつい中、番星寺の皆様が面会に来てくださって、元気をいただきました。住職は、30年間1人で木剣を振ってご祈祷してきましたが、これからは2人で番星寺のために尽くしていきたいと思います。本日はご出席賜りまして本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを述べ、檀信徒の中には涙ぐむ方もいた。

2020年2月10日号

埼玉 渡邊源昇師の帰山奉告式

埼玉200218【埼玉】2月10日、再行を成満した越谷市源妙寺住職渡邊源昇師の帰山奉告式が有縁の僧侶・檀信徒が集まるなか
行われた。奉告式へ参列する檀信徒が見守るなか水行式を行い、体にかぶる水が荒々しく水しぶきを上げた。奉告式に先立ち、仁部前崇埼玉県修法師会会長から許證が伝達された。渡邊師は、式のなかで帰山奉告文を力強く読み上げ、ご祈祷では振るった木剣の音が堂内に響き渡った。
祝辞では、仁部修法師会会長と穐山経生埼玉県日蓮宗青年会会長が渡邊師へ成満の祝いの言葉を述べ。また、初めて住職不在の源妙寺の留守を護った奥様に労いの言葉がかけられた。渡邊師は、平成26年に宗門公認の国内開教師として越谷で何も無いところから布教所を開き活動を始め、平成30年には源妙寺を新地建立するに到る。渡邊師は謝辞のなかで「本日、この帰山奉告式ができることは、私が僧侶としての一番の喜びであります」「皆様方の期待に応えられるようにこれから私も益々精進しまして、この源妙寺発展の為また皆様方の幸せのお手伝いを少しでもできればありがたく思います。自分の僧侶の道を全うできるように精進して参りたいと思います」と参列者へ、時折言葉をつまらせながら感謝を述べた。最後に全員で記念撮影をして奉告式を終えた。

2019年12月9日号

栃木 訃報・野澤日秀師

栃木191227【栃木】野澤日秀師(栃木県宇都宮市法光山妙金寺第36世)11月28日遷化、世寿94歳。法号は純義院日秀上人。
本通夜、本葬儀は12月9、10日に同寺にて営まれた。日秀師は昭和27年、那須烏山市妙光寺の第24世住職に就任。同40年、師父の遷化に伴い妙金寺の法燈を継承。平成20年に住職を退任するまで、同寺の伽藍維持整備に力を傾注した。
宗内では宗務所協議員会議長や北関東修法師連合会会長などを歴任。平成17年には紀州本山報恩寺の第36世加歴に晋山。また宗外では、宇都宮仏教界理事長や栃木県精神薄弱者育成会専務理事などの要職を歴任した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07