全国の通信記事

2021年3月13日号

岡山 岡山市妙林寺宗祖御降誕八百年慶讃法要・お施餓鬼大法要」

岡山210323①【岡山】岡山市妙林寺(北区三門東町)は、三月十三日(土)「宗祖御降誕八百年慶讃法要並びにお施餓鬼大法要」を岡山ドーム(北区北長瀬表町)で開催した。
妙林寺では昨年のお施餓鬼大法要が無参詣法要となり、住職の小埜栄輝師は、宗祖御降誕八百年を迎えるにあたり、何とか檀家の皆様が安心して法要に参加できる方法はないかと考え、岡山ドームでの法要開催に至った。
当日は一家族二名までという人数制限を行い、全員マスクを着用し、会場入口では手の除菌消毒、検温を行い、ドーム内の換気を徹底して行った。
法要は、随所に音楽を交え、明るい雰囲気となった。
法要後、小埜師は
「お釈迦様、日蓮聖人が法華経を説かれる時には大地震、天変地異が起こった。東日本大震災から十年、西日本豪雨災害から三年、新型コロナウイルス発生して一年が経過した今、人の心は傷つき、落ち込んでしまった。
私たちは今こそ、お題目を唱え、お互いを思いやることが心の「蘇生」になるのです。」と語った。
当日は、檀信徒約三百名が集まり、法要後には一龍斎貞鏡さんによる講談も行われ、会場は笑顔に包まれた。

2021年3月11日号

島根 いのちといのりの日~災害復興支援法要~

島根210409【島根】日蓮宗島根県宗務所が「いのちといのりの日~災害復興支援法要~」を3月11日に行った。会場は出雲市本要寺(山本晃敬住職)。災害殉難之霊位の供養、被災地復興祈願を、世情を鑑み檀信徒は参加せず、管内関係教師のみで執り行われた。この方式は昨年に続き2回目。この法要は東日本大震災の翌年から、日本各地の災害で亡くなった方の慰霊を行い、今年で10回目となる。また、管内寺院から集められた回向料約40万円は、ハタチ基金と日本赤十字に送られる。

2021年2月13日号

徳島 日蓮聖人御降誕八百年管区慶讃大法要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【徳島】令和三年二月十三日、善学寺にて大塚教温徳島県宗務所長(善学寺住職)を導師に、県内寺院総出仕のもと、宗祖日蓮大聖人御降誕八百年徳島管区慶讃大法要が営まれた。法要では大塚教温宗務所長が「慶讃文」を読み上げ報恩感謝が捧げられた。また石川忠幸徳島県檀信徒協議会会長より「誓いの言葉」にて檀信徒の信仰増進の誓いを読み上げられた。また新型コロナウィルスの影響により徳島の各寺院から檀信徒一名を代表に参加してもらい、規模を縮小しての開催となった。
法要後は大塚教温宗務所長より「御降誕八百年のこの記念すべき年に、コロナ禍中により規模を縮小しての開催となりましたが参加頂き有難うございました。今後もお寺と檀信徒共に立正安国を実現していきましょう。」と述べられた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07