全国の通信記事

2017年10月10日号

奈良 東日本大震災慰霊研修

奈良171017 (4)【奈良】宗務所(森本竜静所長)は十月十日から十二日まで十度目となる東日本大震災慰霊研修を開催し、管内の僧侶九人が岩手県と宮城県を訪れた。
一行はまず宮沢賢治記念館で法華経の熱心な信者であった宮沢賢治について学んだ。
その後、陸前高田市の妙恩寺(風間文静住職)に参拝し、犠牲者慰霊と早期復興を願う法要を行い、岩手県宗務所に義捐金を手渡し、慈母観世音菩薩像や被災後の様子や現状について説明を受けた。
その後も奇跡の一本松周辺や、釜石市、大槌町、大船渡市、気仙沼市等を訪れ各地で地元の人々から現状や防災について話を伺い、慰霊と復興を願い御題目を唱えた。
奈良県宗務所では今後も慰霊と復興祈願、防災の研修を続けていく。

2017年4月13日号

神奈川1 熊本地震被害復興支援街頭募金

神1170420 (2)【神奈川1】社会教化事業協会(安藤秀岳会長)主催の「熊本地震被害復興支援街頭募金」が4月13日、横浜市・JR桜木町駅前において行われ、僧侶・寺族が行き交う人々に募金への協力を呼びかけた。
未曾有の被害をもたらした熊本地震から約一年、被害にあった人々の為の支援募金への協力を呼びかけると、多くの人々が足を止め、次々と浄財を募金箱に入れた。
この日、集まった募金は83,708円。この善意の募金は神奈川新聞社を通して、被災地の人々の為に役立てられる。

2017年3月11日号

東京西 東日本大震災復興支援バザー・第七回忌追善法要

東西170315a (2)【東京西】平成29年3月11日、神楽坂 善國寺に於いて東日本大震災復興支援バザー・第七回忌追善法要が行われた。
今回七回忌の節目を迎えるにあたり、東京都西部社会教化事業教会を中心に宗務所および六会が参加し追悼法要を行った。
午前10時より境内にてバザーを開始。福島の物産品、管内寺院より集められた物品、また古本市などが立ち並び、夕方まで約二千人の方々が訪れ賑わった。
午後2時半よりの法要では及川玄一社教会会長が導師を務め、被災物故者の霊位への供養および被災地の復興を祈念し追善法要を厳修した。
法要中には途切れることなく焼香の列が並び、参列の一般の方々も一緒に声を出して読まれ、堂内に読経の声が響き渡った。
また、法要後にも焼香の列は途切れず、多くの方々が追悼のために手を合わせられた。
当日のバザーの売り上げ、街頭募金等の義援金合計約700,000円を全額アーユス仏教国際協力ネットワークにお渡しし、無事終了した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07