全国の通信記事

2018年7月9日号

北海道西 寺庭婦人会が説法会

北西180718 (1)【北海道西】北海道ではお会式等の行事があると専任布教師が檀信徒にむけて法話をするのが一般的であるが、影で法要・行事を支えている寺庭夫人や、お手伝い下さっている方々はどうしても法話を聞くことができないのが実情である。
そこで北海道西部寺庭婦人会(札幌日登寺 佐藤修子会長)が主催となり「ゆっくり布教師さまのお話を聞きたい」という趣旨の元、「説法会」を管内寺院を会場として毎年開催されてる。
本年度は7月9日、管内専任布教師である白川泰幹師(札幌市 遠成寺 住職)を布教師に招き、札幌市経王寺(松井 義宣 住職)を会場に開催された。開催に先立って行われる法味言上時には、寺庭婦人会歴代物故者への回向と、先に発生した大阪北部地震・西日本一帯で発生した大雨によって亡くなられた方々への追善供養と早期の復興を参加者一同で祈願した。
白川師は自身で作画した紙芝居形式の絵を用いて「五戒」や「六波羅蜜」について丁寧に語り、自らの教誨活動を通して経験してきた布教「おかげさま・命の大切さ・御題目のありがたさ」を説いた。聴聞した寺庭婦人・檀信徒約100名は熱心に耳を傾け、時に大きく頷き涙を見せる場面も見られ、参加者からは、また来年も参加させてもらいたいとの声も聞けた。

2018年7月7日号

宮崎鹿児島沖縄 夏の大祈祷会

宮鹿沖180719b【宮崎鹿児島沖縄】雨が降り、梅雨があけずまだジメジメしている7月7日、宮崎県都城市護国寺(太田寛昭住職)で宮崎・鹿児島・沖縄三県修法師会(冨田義浩会長)による大祈祷会が行われた。
南九州の暑い夏を乗り越える為に荒行僧が水を被り、御祈祷を行う。
当日、三百本を超えるお札の申し込みがあり、会場寺院の護国寺に雨の中百人以上の檀信徒が集まった。
梅雨時期とはいえ、太陽が顔を見せない肌寒い中、水を被る姿に、初めて水行を見る檀信徒は悲鳴をあげていた。
17名による管区の荒行僧による御祈祷後、導師を務めた、津江雄信僧正は「今回の御祈祷で皆さんの魔を払い、暑い夏を乗り越え、願いが叶うように御祈祷を致しました。大難が小難に小難が無難にとなるようにこれからも皆さん力を合わせて頑張りましょう」と挨拶をされた。
また、ご法話では本年第4行成満の吉田憲由上人が「日蓮宗の大荒行と御祈祷」という題でお話をされた。「11月1日から100日間、朝3時から夜11時まで7回の水行と読経三昧。とても過酷で辛い。しかし、お寺の檀信徒、家族、地域のみなさんの幸せと平和を願っての修行。御題目の力も自分本位ではなく、御先祖さまや家族、親族、知人、檀信徒、たくさんの人のために唱える事が巡り巡って自分に返ってきて守られる。自分一人の力では何もできないが今日のようにみんなが集まって一心に御題目を唱える力はとても大きく、必ず守ってくれます」と力強く語られた。
これから夏本番だが、みんなが元気に夏を乗り切る力となった熱い暑い夏の大祈祷会でした。

2018年7月4日号

宮崎鹿児島沖縄 声明師・布教師会が研修会

宮鹿沖180719a (1)【宮崎・鹿児島・沖縄】三声明師会(吉田静正会長)と布教師会(吉田憲由会長)の研修会が7月4日、宗務所の宮崎市立正寺(森下恵裕住職)にて開かれ、教師17名が参加した。
先ず声明師会では総会に引き続き、研修が行われ、講師として長崎県実相寺梶原一乗上人に来て頂いた。
研修では、御降誕800年九州教区大会で披露される、「蓮崋の如く一縁生」の和讃を練習。参加者は8寸の内輪太鼓を持ちより、何度も何度も研鑽を繰り返し、1時間後には音程と歌詞をしっかりと奉納できるまで上達され、大会の奉納がとても楽しみとなった。
布教師会の研修では「大村法華とキリスト教」を学んだ。戦国時代から江戸時代の波乱の中、大村法華信仰が多くの迫害にあいながらも、強い信仰心と団結力を高め、たくさんの寺院を長崎に建立された歴史から、研修を受ける僧侶の眼差しも熱く、これからの布教活動の参考になった。
九州各県の日蓮宗寺院はさまざまな歴史がある事を学び、これからも研修を通して、たくさん研鑽していき、御題目がたくさん鳴り響く地にしていきたい。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07