全国の通信記事

2017年3月16日号

山梨2 山静教区教化研究会議

山二170321【山梨2】3月16日(木)身延山大学に於いて山梨2部宗務所主催により、山静教区教化研究会議が開かれた。午前中は、前現代宗教研究所長田澤元泰上人を講師に招き「教化研究会議と教化センター」と題し、その歴史と意義を講演頂いた。
午後からは各分科会にて集まった75名が、檀信徒からの質問、宗門魅力の再発見、寺院の今後について互いに意見を交わした。

2017年2月28日号

大阪市 寺庭婦人会研修会

大阪170302b①【大阪市】二月二八日(月)午後一時より、本政寺(馬場英尚住職)に於いて、大阪市寺庭婦人会(馬場順子会長)研修会が開催された。
本年度は講師に大阪市布教師会会長 村尾泰孝師(寶泉寺住職)をお招きし「これからの寺庭婦人」というテーマで講義を頂いた。
講義に於いて村尾師は「多種多様な時代であるが、先ず目的を設定し、そのために目標を定め、手段・行動を起こさなければならない。手段にばかり力を入れてしまいがちだが、その先にある目的を忘れてはいけない。」とわかりやすく丁寧に解説された。
日蓮大聖人は、数々の法難にあわれても、信念を持たれて行動された。我々も先ず目的を定め、そのための行動をしなければならないと改めて認識しその大切さを学んだ。

2017年2月24日号

東京西 京浜教区教化研究会議

東西170315b (3)【東京西】平成29年2月24日(金)に第41回京浜教区(石井隆康教区長)教化研究会議が東京都西部(茂田井教洵宗務所長)を担当管区に新宿成子 常圓寺さまで開催された。
今年度は「信仰の継承ーこれから檀家制度はどうなってゆくのだろうかー」をテーマに教師80名が参加、開会にあたり茂田井所長を導師に法味言上、続いて石井教区長より「檀家制度は果たしてこのまま続くのであろうか。これからの布教活動を行っていく上で、もう一度その事を再確認し、考える機会にして頂きたい」、また茂田井所長より「師父より、これからの時代は檀家ではなく檀徒であると言われた事がある。個の時代の布教を考える機会になれば」と挨拶があった。
基調講演には龍谷大学社会学部社会学科准教授 猪瀬優理(いのせ ゆり)先生をお迎えし、伝統仏教寺院を取り巻く状況、創価学会調査からみる信仰の継承、浄土真宗本願寺派からみる信仰の継承、これからの檀家制度に関して、また信仰継承を考える上で教団としての今後の基本姿勢の重要性を説かれた。
近著には『信仰はどのように継承されるか 創価学会にみる次世代育成』がある。
今回は前年度東京都東部さまでの「信仰の過疎を考える」テーマを受けた上で、「檀家制度」をどう考えてゆくかというトピックに限定し議論を行うために事前アンケートをお願いした。
事前アンケートの分析報告、資料を踏まえた上で、分科会グループをアンケート設問A「檀家制度をどのように考えているか」・B「宗派に自信を持っているか」・C「信仰(信心)を伝えているか」の3種に分け、さらにそれぞれを2グループに分け、A 2グループ、B 2グループ、C 2グループの計6グループでそれぞれ担当のアンケートテーマについてディスカッションを行なった。
昼食を含めた2時間の分科会の後に全体会議を行い、講師の猪瀬優理先生の他にコメンテーターとして、仏教情報センター事務局長 互井観章師、日蓮宗現代宗教研究所研究員 岩田親靜師、日蓮宗宗教問題検討委員 中島源吾師が登壇し、参加者から闊達な意見が交わされた。最後に共催である日蓮宗現代宗教研究所 櫻井義久主任より「今回の議論を受け、信仰の継承に当たってはまず自分自身を見つめ直す機会が重要である事を再確認した。その為には新しいものばかりに目を向けるのではなく、過去のものを踏まえた上で考えてゆくことが必要」と講評された。
閉会式では次回開催担当管区の山崎浩道神奈川県第三部宗務所所長を導師に法味言上がなされ、山崎浩道所長より「今教研会議を受けた上で次年度会議のテーマを議論し、準備を行っていきたい」と述べて閉会した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07