全国の通信記事

2020年11月26日号

静岡西 袋井市社会福祉協議会へ募金を寄付

静西201127【静岡西】静岡西部宗務所(中村宏人所長)は令和2年11月26日、社教会(山澤英伸会長)とともに、平成21年より行ってきた「一食一円」運動で管内寺院檀信徒より集まった募金から10万円を袋井市の社会福祉協議会へ寄付した。一食一円運動は各家庭で食事の際に、いのちのめぐみ、また生産者など人と人との縁に感謝して一食につき一円を募金するという活動で、10年以上にわたって続けられている。募金は毎年静岡県西部各市町村の社会福祉協議会へ寄付され、福祉施設の備品購入等に役立てられている。

2020年11月24日号

北海道北 教師研修会

北北201130②【北海道北】11月24日、旭川市妙法寺で北海道北部布教師会による教師研修会が開催された。講師には札幌市妙覚寺住職、高橋俊隆上人をお招きし、『日蓮聖人ご生涯の意義 -安房の歴史に探る-』『日蓮聖人と下総局の周辺について』の二部構成で行われ、管内教師17名が参加した。
高橋俊隆上人は、ご遺文を詳細に分析し、それをもとに日蓮聖人と富木家や千葉氏との関係、当時の安房国がどのような場所であったかなどを詳しくお話しされ、年表を見ただけでは窺いしれない日蓮聖人のご生涯の背景について深く学ぶことが出来た。
布教師会会長の中村啓承上人は、「今年は新型コロナウイルスによりほとんどの研修会が中止となったが、コロナ禍により檀信徒が様々な不安や悩みを抱えている今だからこそ、檀信徒の心に寄り添えるよう、我々僧侶はしっかりと研鑽を積むべきである。」と話された。参加した教師は「とても勉強になる内容であり、自分の知識がいかに浅いものであったかを痛感した。もっと沢山のお話を聞きたい。」と語っていた

2020年11月18日号

愛知三河 和紙製・蓮華づくり習得

DSC_0677【愛知三河】愛知三河宗務所(森和法所長)は11月18日に、妙恩寺(太田行圓住職)で『ハスワーク』専門講師を招き、教師研修会を開催した。管内教師、寺庭婦人合わせて20名が参加した。
『ハスワーク』とは、和紙と紙コップを使って蓮華の花を作成する事で、三河管区では令和3年開催予定の日蓮聖人降誕800年記念大会において、この『ハスワーク』を檀信徒たちにも行ってもらう予定で、管内教師、寺庭婦人がこの『ハスワーク』を指導できる立場になれるよう今回の研修を受けた。
参加者は、色とりどりの和紙を重ね合わせて蓮の花づくりに取り組んだ。紙の先をねじって花びらのようにとがらせ紙コップに黙々と貼り付けた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07