全国の通信記事

2019年3月6日号

千葉東 戦没者追善供養・世界立正平和法要

千東190311③【千葉東】平成31年3月6日に千葉県東部社会教化事業協会(佐藤朗進会長)主催による、「戦没者追善供養・世界立正平和法要」が円充寺(元村義則住職代務者)と円成寺(冨永観瑞住職代務者)で会員9名が参加して開催された。
円充寺では檀信徒10名が法要に参加され、法要の後に元村義則住職代務者と越川豊明筆頭総代に挨拶をいただいた。元村義則住職代務者は「戦没者に供養することは先祖の恩に報いる行いである」と話され、越川豊明筆頭総代も
「共にお題目をお唱え供養でき有り難かった」と感動の言葉を述べられた。その後に円充寺様が用意してくれた昼食のお弁当と豚汁を参加檀信徒と共に頂いき懇親を深めた。
昼食後円成寺に移動すると、檀家9件の小さなお寺であるが、檀信徒9名が集まり共に法要に参加し焼香された。法要後、新川智康副会長が挨拶され「平成21年以来、毎年3回 管内寺院を会場に開催し、通算74ヶ寺の御宝前で法要をお勤めさせていただいた。日蓮大聖人御降誕800年事業の根幹である但行礼拝は立正平和活動推進が重要ではないか」と話された。冨永観瑞住職代務者も挨拶の中で「住職不在期間が長く布教教化されていない寺院であるが、檀家が自分たちで寺を護り続け、お会式などの行事を伝承されている。この法要が良い布教教化の刺激になりえたと思うし、ほとんどの方が初めてこの寺に参拝されたと思うが、寺院護持の一つの方法に発見があったのではないか」と話され、平山栄治筆頭総代からも感謝の言葉が述べられた。その後、甘酒や茶菓の接待をされ、懇親を深めた。

2019年2月19日号

大阪市 第1回教師研修会

大阪市190308 (3)【大阪市】二月十九日(火)午後一時半より宗務所主催第一回教師研修会が行われた。この研修会は管区降誕800年慶讃事業の一つで、今年度より四年連続で年一回行われる研修会の一回目である。今回は「日蓮聖人の出自と知られざる真実」を講題に、高橋俊隆先生(札幌市妙覚寺)を講師にお招きし、二講に分けて約三時間の講義を賜った。
第一講は日蓮聖人の親族・家系から始まり、貫名重忠(父)や大野梅菊(母)の家系から、弟子と信者の親族関系を日蓮聖人のご生涯を交えながら説明された。
第二講は日蓮聖人の幼少時から清澄寺入山までのことを、御遺文を紹介しながら、その他の資料も提示されて分かりやすく説明された。また講師先生には講義内容をふまえて、自らの布教実践経験を語られ、我々教師が日常の布教に活かせる方法も紹介された。
講義終了後、参加者からの質疑応答にも丁寧に答えられ閉講した。管内外より約五十名の教師が短い時間ではあったが最後まで熱心に聴講された。

2019年2月14日号

奈良 森本泰彰師帰山式

奈良190218c②森本師 (2)【奈良】宇陀市長隆寺(森本竜静住職)で二月十四日、初行を成満した森本泰彰師の帰山奉告式が営まれ、僧侶檀信徒約二百人が参列した。
唱題行脚し自坊に到着した森本師は多くの檀信徒に熱烈に迎えられた。、
その後の水行式では、見守った檀信徒たちが涙を浮かべながら御題目を唱えていた。
続いて行われた奉告式で森本師は力強い読経と修法の後、「覚悟していたつもりでしたが本当に厳しい荒行でした。まだまだ力不足ではありますが、広宣流布に精進を重ねて参ります」と語った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07