全国の通信記事

2019年7月26日号

滋賀 宗務所が人権研修会

???????????????????????????????【滋賀】2019.7.26に滋賀県宗務所に於いて人権研修会が開かれ、教師、檀信徒の皆様30名が集まりました。講師は近畿大学人権研究所の奥田教授で、「部落差別解消推進法を学ぶ」というタイトルでした。内容は部落差別に関わらず色々な差別が現在の社会には存在するが、それらの差別はされる側に問題があるのではなく、する側の心の問題であると言う説明が印象的でした。
例えば血液型でAB型の人が全体の10%程度存在しますが、此の事で差別をすることも差別を受ける事も有りえませんが、しかし最近話題になっていますLGBTの方(性的マイノリティーの方)も日本の国民の約10%程度居ます。
AB型の人びととほぼ同じ比率です。でも彼らは差別を受たり、好奇の目にさらされます。これらは全て、性は身も心も男か女でなければならないと言う一般の方々の思い込みによるものなのです。LGBTの方に問題があるわけではありません。等色々な例を挙げて説明していただきました。
参加者全員が目から鱗が落ちた思いだ、とても良かったと話していました。

2019年7月13日号

北海道西 遊具作りボランティア

北西190816b①【北海道西】令和元年7月13、14日北海道勇払群安平町にある『おいわけこども園』においての遊具作りボランティアに北海道西部青年会員12名が参加致しました。
昨年起きました北海道胆振東部地震において、大きな被害があった地域において青年会として何かお力になれることはないか思案していたところ、会員でもある山城義真上人(妙覚寺副住職)が園長を務める子ども園にてボランティアを募集している話を伺い、微力ながら会としてお手伝いさせて頂ければとの思いのもと参加した。
職員の方々、地域の方々と共に建築士の方の指導の下、園庭の遊具作りを二日間にわたり行いました。
不慣れな作業ながら、青年僧らしく体を動かし汗を流しながら地域の方々と交流する機会となりました。
「復興にはまだまだ時間がかかりますが、青年会として少しでも力になれるようこのような活動を続けていければ」と会長である泉水寛道上人は話していた。

2019年7月9日号

宮崎・鹿児島・沖縄 九州修法師会連合会研修会

宮鹿沖190730①【宮崎・鹿児島・沖縄】令和元年7月9日に九州修法師会連合会研修会が鹿児島県(冨田義浩修法師会会長)で開催された。
全国修法師連合会 吉田顕嶺会長をはじめ66名の修法師が参加し、能勢妙見山 真如寺 植田観樹僧正を講師にお招きし『修法布教の諸問題?宗祖の祈りと修法師の指名』というテーマで講義を受けた。
「師厳道尊」(しげんどうそん)の言葉。
修法師としての使命や心構え、あるべき姿、これから私たちが目に見えない糸、不思議な縁で出会った人を救い繋がっていくかあらためて考えさせられた。
この講義をかてに修法道を励んでいきたいと思う。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07