全国の通信記事

2022年5月22日号

静岡東 降誕800年慶讃・護法大会

s-4C0A3998【静岡東】宗務所は5月22日、日蓮聖人降誕800年慶讃・護法大会を実施し、所長と局員15人が千葉県大本山誕生寺を参詣した。祖師堂での法要では、管内僧侶・檀信徒から奉納された報恩写経1295巻がご宝前に奉奠され、お題目百遍超が唱えられた。その後、船で蓮華が淵へ向かい、800遍のお題目を唱え、「報恩の灯」266基を海に納めた。翌23日は大本山清澄寺を参拝した。

京都2 宮津市正音寺で法燈継承式

京二220527③【京都2】令和4年5月22日、京都府宮津市正音寺において、三十四世村岡錬孝師の法燈継承式が営まれた。

稚児・檀信徒と共に行列が出発し、法要には80人の僧侶檀信徒が参列した。

式では所長から辞令伝達後、正干与人から村岡師へ払子が手渡された。御宝前に、一昨年ご遷化された先代師父村岡錬潮上人のお写真が安置される中、村岡師は「日蓮宗の発展、正音寺の寺門繁栄の為に精進していきたい」と決意を述べた。

千葉南 勝浦市本壽寺で法燈継承式

千南220530②【千葉南】5月22日、勝浦市守谷本壽寺で法燈継承式が行われ、第47世渡邉玄正師が住職を退任し、第48世渡邉玄浩師が新住職として法燈を継承した。式は午前と午後の2回執り行われ、午前中は檀信徒120人、午後は地元寺院や有縁の僧侶、親族ら80人が参列した。

法要では、47世玄正師が導師として礼盤に上がり、勧請、読経を行った。その後御宝前で荻野泰継宗務所長から辞令の伝達を受けると、玄正師から玄浩師へと払子の継承が行われた。新住職玄浩師は奉告文を読み上げると、前住職に代わって礼盤に上がり、法要の終わりまで導師を務めた。

午前の式には、千葉教区檀信徒協議会会長で衆議院議員の森英介氏も参列しており、檀信徒を代表して祝辞を述べた。

退任した47世玄正師は、昭和43年の入寺以来54年間にわたり本壽寺の護持発展に努めてきた。平成31年には住職歴50年をもって一級法功章を受章している。また、大本山清澄寺に40年間勤務し、執事長も務めた。多くの檀信徒に囲まれた午前の式中、玄正師は感極まって声を震わせながらも「檀家の皆様にはただただお世話になりました」と力強い声で謝辞を述べた。

新住職の玄浩師は、勝浦市内の寳性寺で20年間住職を務めてきた。謝辞の中で、「この20年、寺檀和融の中で色々学んできたが、それに甘えることなく1年生として心新たに本壽寺の法燈を継承していきたい」と語った。

同日午後8時には守谷海岸大駐車場で法燈継承記念花火が打ち上げられ、慶事に花を添えた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07