全国の通信記事

2017年1月30日号

山梨1 身延山門前町に南天

山一170130【山梨1】身延山久遠寺の門前町のおかみさんの会である恵風会(会長 望月敦古)が、気持ちよく身延山久遠寺を思いりしていただけるようにと、各家の前に南天を飾り参拝の方々をお迎えしている。会では八年前からな夏は蓮の花、冬の時期は南天を飾っている。例年、近くの南天栽培農家から譲り受けるのだが、今年は鹿、猿による食害に重ね11月の降雪により不作であった為、思うように集めることができなかった。そこで身延山に相談したところお山より二五〇本もの南天を譲り受けた。「今年はお山の南天を飾らせて頂けて幸せに思います。『難を転じる』に通じている南天です。参拝の皆さんに少しでもありがたい空気を感じて頂けたらと幸いです。」と望月会長が話してくれた。四〇件の家の前で身延山の南天が節分過ぎまでお出迎えしてくれている。

2017年1月29日号

神奈川1 第5回寺コン

神一170213④【神奈川1】平成29年1月29日、川崎市法田寺(岸顕崇住職)において、神奈川県第一部青年会(鈴木悠元会長)主催のお坊さんが独身の方々の縁結びをサポートする「寺コン」が開催され、独身男性14人、女性14人、合計28人が参加した。
当初、緊張した様子の参加者はまず異性全員と一対一の自己紹介を行った。
この自己紹介には進行役からまず、一般的なお題がだされ、よく行く街、今まで一番高かった買い物など話し合うきっかけとなるようルールを付けられていた。
毎回違うお題が出るので、参加者は一人一人全く違う話題で、話を弾ませ盛り上がり、最初の緊張は少しずつほぐれていったようだった。
続いて参加者は住職によるお寺の歴史や青年会員による仏様の教えの話を聞き、日蓮宗の大事な修行である唱題行を体験した。
午後5時半、ロウソクの明かりのみとなった本堂において、参加者らはお題目を唱え、瞑想を行った。
その後は参加者お待ちかねの懇親会が行われた。
参加者は豪華な食事やお酒を楽しみながら、様々な人と交流を深め、お互いの事をしるべく会話を弾ませていた。
本堂での修行体験とは対照的に終始和気藹々とした楽しい雰囲気であった。
終了後、男性参加者の一人は「お寺のイベントは近寄りがたいと勝手に思っていましたが、お寺、スタッフの方々にとても親しみやすく、楽しい時間を過ごすことができました。お坊さんのお話や修行体験も自分にとって考えるところもあり、とても有意義でした」と感想を述べ、女性参加者と共に最寄りの駅へと向かっていた。

2017年1月27日号

大阪豊能 立正身延会が研修会と総会

豊能170203【大阪豊能】身延山檀信徒研修道場修了者を中心に組織される豊能立正身延会(矢田利夫会長)の研修会と総会が1月27日、能勢町長久寺(森慶典住職)で開催され、会員ら57人が参加した。
山下正淳宗務所長を導師に法味言上、年中安泰の祈願と今年度の会員物故者へ追善の誠が捧げられた。続いて山下義識師(能勢町圓珠寺副住職)の法話を聴聞。
その後、豊能日青会(井田法幹会長)主催の寒行に参加。同町下田尻地区にある真月堂まで唱題行脚。大勢の会員による唱題の声が能勢の山々にこだましていた。
続いて総会・親睦会へと移り、さらなる同会の発展・寺院と檀信徒の和融を願った。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07