全国の通信記事

2014年7月30日号

時計を使わない生活を体験

SONY DSC【愛知名古屋】平成二十六年七月三十日から八月一日の三日間、名古屋青年会(勅使河原寛祥会長)は『第四十二回 青少年と青年僧の集い(テーマ)礼儀を身につけよう』(参加者四十六名)を、熱田区本遠寺(伊藤友行住職)にて開催した。
大きな荷物を抱えお寺に集まった子供たちは、緊張した様子で開校式を迎えた。その後、班ごとに分かれて自己紹介を行う頃には、リラックスした雰囲気へと変わっていった。本堂では食事作法やお焼香の仕方、お経の読み方の練習等を行い昼食へ。午後は大太鼓の練習会を行い、お題目をお唱えする大きな声が響いた。その他、映画鑑賞やゲーム大会を行って一日目が終了した。
今回の修養道場では新たな試みとして「時計を使わない生活」を実践した。会場内の全ての時計を外し、大太鼓の音のみを合図に大人も子供も行動をしたのである。時間が分からない子供たちは次第に時間にとらわれる事を忘れ、のびのびとした生活を送った。
二日目、太鼓の音で起床した子供たちは、朝食後近くの熱田神宮へと向かった。神宮では参拝の後、境内の清掃活動を行い汗を流した。昼食は流しそうめんを行い、午後に入ってからは写仏やお釈迦様のお話、夕食ではお祭りの縁日を再現した「屋台村」が登場し、子供たちは笑顔でその時間を楽しんだ。
三日目はバスに揺られてお寺を出発。プールとぶどう狩りを楽しんだ後、お寺に戻り閉校式を迎えた。閉校式では修了証を一人一人受け取り、三日間の全行程が無事に終了した。今秋には次年度へ向け早くも企画チームが始動するとのこと。青年僧の新たな挑戦が始まろうとしている。

石川一部 夏の修養道場

石一140901①【石川一】平成二十六年七月三十日からの一泊、三十人程の子どもたちが海の寺子屋に参加した。例年通り海やカヌー、花火などの楽しい時間はもちろん、今年は初の試みとして数珠作りの時間を設け、様々な色の組み合わせで一人一人の個性溢れる数珠を作り持ち帰った。
最後に二日間の感想を皆に聞くと、印象に残ることは遊んだこと以上にお寺での正座やお経だという。普段の生活と離れお寺でしか体験できないことは、楽しさも厳しさも含めて夏休みの大きな記憶に残ったことだろう。

神奈川2部青年会で寺子屋開催

神二40827b②【神奈川2】神奈川県第二部青年会(青年会長下邨匡司)では、六年後に迎える龍口法難七五〇年の地、寂光山龍口寺(貫首 本間日恩)をお借りしまして、七月三十日~三十一日の一泊2日、七十八名の子どもたちの元気な声が境内に響き渡って行われました。
集合をしたあと、午後は龍口寺の正面に浮かぶ江の島散策、夕飯はお替りの行列が途切れないほど炊き込みごはんをおいしく食べました。夜は境内を胆試し、泣き出す子もいましたがみんなで目的地まですすみ、その後はお経の練習と「ありがとう、ごめんなさい」のお話を聞きました。お経の練習では、なれない正座に足を動かす子どもいました。翌朝は五時に起床、まぶたをこすりながらも布団をたたむ。高学年の子は、低学年の子を手伝いながら朝勤へ昨夜習ったお経を大きな声でお唱えしました。
その後、体操に掃除、朝食、昨日から教わった食後に感謝の気持ちのお浄めも行い、お守りを作ったり、日頃の感謝をハガキに書いたりしました。そのあとは、みんなでカレー作り、野菜の皮を剥いたり切ったり炒めたりと一生懸命つくりみんなでおいしく食べました。時間はたつのははやく閉会式を迎え、始まりは緊張していた子供たちにも笑顔がでました。子どもたちからは、「来年もきます~」と元気な声が響きわたっていました。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07