全国の通信記事

2019年5月21日

千葉西 寺庭婦人会総会

千西190522 (3)【千葉西】本年結成35周年を迎える寺庭婦人会(大塩順子会長・市原市正蓮寺寺庭婦人)では、5月21日(火)10時より本山藻原寺を会場に総会を開催した。法味言上の後、木更津市光明寺前住職夫人の石野澄子氏を講師に「空から寺へ?」と題し、講演が行われた。澄子氏は、本山弘法寺石野日英前貫首(平成24年遷化)夫人で、現在も澄子夫人を母と慕い光明寺に訪れる僧侶は多い。生前の石野貫首は随身生教育に特に力を注ぎ、「旅行先で宿泊したら、お坊さんが泊まった部屋と分かる様に後を残してきなさい」と僧侶としての立ち振る舞いを訓示されていた。講演はキャビンアテンダントの経験から、「人は出会って4分で判断される」と他人から注意をされることがほとんど無い僧侶に対して、「我々が気を付けて注意しなくてはいけない」と第一印象の大切さを話し、また、「お寺に来た人の心が幸せになっていただけるために、住職と檀信徒との架け橋になれる様に陰から支える事が寺庭婦人の役割」と寺庭婦人の心構えとして語った。
今、わが子をどの様に僧侶に育てて行くかを悩む寺庭婦人は多く、宗門の一大事業として運動に取り上げられている通り、師弟教育につながる寺庭婦人にとっては貴重な講演となった。昼食後の研修会では、石川あるみ様(市原市本念寺寺庭婦人)の指導により「ぺーパーフラワー」の作成に奮闘した。当会は、10月に「35周年報恩身延山団参」を予定している。

2019年5月19日

神奈川2 横須賀市大光寺でチャリティコンサート

神二190524【神奈川2】去る5月19日(日)、横須賀市大光寺(瀧川真弘住職)において、第8回東日本大震災復興支援チャリティコンサートが行われ、檀信徒や地域の人たち約百人が参加した。
震災で亡くなられた方々の慰霊並びに復興祈願法要の後、横須賀交響楽団に所属する同寺世話人・金子正夫氏の協力を得て、四重弦楽とクラリネットのアンサンブル『ミューズ』が演奏。お馴染みのクラシックナンバーや映画音楽など、素晴らしい音色が本堂内に流れた。
地元のタウン誌に事前告知が掲載されたこともあり、初めて訪れた人も多く見られた。
最後に東日本大震災復興支援プロジェクトのテーマソング『花は咲く』を合唱した。
当日寄せられた支援金は、岩手県大槌町の自治体に送られた。

佐賀 佐賀市の妙玉寺で入寺式

佐賀190521b (3)【佐賀】令和元年5月19日、佐賀市の妙玉寺において、法燈継承入寺式が執り行われた。
妙玉寺31世・石井智俊上人の退任と、32世・石井智康上人の入寺となるこの式典に、多くの檀信徒と佐賀県中の僧侶が集まり、喜びを分かち合った。
かわいい稚児行列に先導されて妙玉寺に登られた智康上人は、
参列者の賑やかな声に迎えられ、本堂に入られた。
妙玉寺は、平成5年の大火によって、
境内の建物全てが焼失した。
そのような逆境の中、31世智俊上人は、わずか3年で本堂・庫裡を再建し、管内役職の歴任や、民生委員などの地域活動も活発に行い、
才気を発揮されてきた。
そのような師匠を手本とし、共に妙玉寺を盛り立て、自らも様々な布教を実践し、朗らかな性格で檀信徒の信頼も厚い智康上人が、32世としての大任を全うされることは疑いない。
元号が変わった節目の時に、法燈を受け継がれた石井智康上人は、令和最初の住職として、妙玉寺を佐賀県を日蓮宗を、より一層盛り上げて行かれることであろう。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07