全国の通信記事

2019年5月19日号

大阪豊能 能勢町妙唱寺で入寺式

豊能190527②【大阪豊能】晴天に恵まれた令和元年5月19日能勢町妙唱寺にて、第6世高橋是陽師から第7世高橋大光師への法燈継承入寺式が行われ、管内寺院、多くの檀信徒が列席した。
荘厳された本堂において是陽師から法燈の証である払子を継承。大光師は御宝前にて奉告文を力強く読み上げた。
桑木茂光宗務所長はじめ第27選挙区宗会議員石原直行師からの祝辞があり、昭和51年に法燈を継承して以来、客殿、鬼子母神堂の建立、境内の整備、岐阜別院長高寺の建立、また中山法華経寺加行所1000日成満等、是陽前住職の功績が讃えられ大光新住職の更なる活躍が期待された。
謝辞に立った大光新住職は「先師の志を受け継ぎ三宝、師、衆生の恩に報い妙唱寺の法燈を守り、宗門発展に力を尽くしていきます」と固い決意を滲ませ言葉を締めくくった。

2019年5月12日号

大阪豊能 能勢町妙華寺で入寺式

豊能190524 (1)【大阪豊能】5月12日、能勢町妙華寺で第37世岡宗潤師退住、第38世岡妙摂師法灯継承式が行われ、僧俗200人が参列した。午前10時、式に先立ち真新しい七條袈裟に身を包んだ妙摂師と共に、稚児行列が妙華寺へ向けて賑やかに出発。宗潤師は門前で檀信徒と共に新住職を迎えた。式では終始緊張した面持ちではあったが、御宝前にて奉告文を読み上げる新住職の堂々とした姿に、集まった檀信徒も感心し、安堵の表情で見守っていた。昭和48年より46年間住職を務めた宗潤師は、入寺当時荒れていた庫裏、本堂等の改修、新たに蔵王堂、日蓮聖人銅像建立と不惜身命の活躍で妙華寺を復興。妙摂師は「今の妙華寺があるのも師父と母が必死で護持し、また多くの檀信徒の皆様のご尽力のおかげです。皆様にご恩返しが出来るよう頑張りたいと思います」と謝辞を述べた。若さとやる気に満ちた師の今後の活躍が期待される。

2019年5月6日号

大阪豊能 第5回「能勢クエスト」

豊能190508b【大阪豊能】宗務所(山下正淳所長)主催、教化センター企画の第5回「能勢クエスト」が、5月6日、能勢町西能勢地区で開催され、僧侶檀信徒45人が参加した。
能勢町の自然やお寺に親しみを持って貰うための「能勢クエスト」は、地図とカードを頼りにお寺を巡り、謎解きをしながらご朱印を集めて最終的な合計ポイントで順位を競う、親子参加型謎解きハイキング。
午前10時半、蓮華寺(桑木茂光住職=宗務所所長)を出発した元気いっぱいの子どもらは同伴の大人と協力しながら各寺院に設定されたクエストを次々とクリアしていった。
途中、妙圓寺(桑木信弘住職)の第二十世、法運院日啓上人の弟子の本妙日臨律師の顕彰碑や、同寺がある長谷地区の棚田を訪れた。茅葺き屋根の民家も携えたこの景観は『日本の棚田百選』に選ばれている。
地元をよく知る畠勝さん(妙圓寺檀信徒)の丁寧な解説もあり、参加者は西能勢地区の魅力を再確認した。
各賞結果発表の後、桑木宗務所長は「令和という新しい時代になりましたが、若い子たちを始め皆が受け継がれてきた信仰や地域の歴史を大事にして、心の中にある仏様の種を育て花を咲かせてほしい」と話した。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07