全国の通信記事

2019年11月11日号

大阪豊能 能勢町圓珠寺で入寺式

豊能191118 (2)【大阪豊能】11月11日、能勢町圓珠寺で第28世山下正淳師退住、第29世山下義識師法灯継承式が行われた。前住職の正淳師は、新住職の義識師へ法灯の証として圓珠寺の過去帳4冊を授受。続いて新住職が、御宝前において奉告文を読み上げた。式中、唱題やお自我偈の太鼓を叩いたのは、正淳師が立ち上げた圓珠寺檀信徒有志「天鼓会」の面々。その一糸乱れぬ太鼓の響きに参列者は感心し、心一つにお題目を唱え祝った。また、正淳師は住職在任中、圓珠寺の寺観整備と檀信徒教化に邁進するのみならず、宗務所役員や所長を歴任。内外数々の功績に対し、桑木茂光豊能宗務所長から記念品が贈呈された。義識師は謝辞で「先師や師匠に恥じることのないよう精進して参ります」と決意を新たにし、満堂の檀信徒は新住職の晴れ姿を頼もしく見守っていた。義識師の今後の活躍が期待される。

2019年11月7日号

大阪豊能 第50回護法大会

豊能191115b (2)hp【大阪豊能】宗務所(桑木茂光所長)主催、檀信徒協議会(和田充弘会長)後援の第50回護法大会が11月7日に能勢町浄るりシアターで開催され、僧侶檀信徒
381人が参加した。
桑木所長を導師に開式の法要が行われ台風15号、19号をはじめとする今年発災の自然災害物故者に対し追善の誠を捧げ、早期復興を祈念したのち、檀信徒協議会和田会長の発声で「宗徒信条の要」を一同で唱え、立正安国の実現に向けて誓いを新たにした。続いて酒井廣美さん(清普寺檀徒)、畠スエ子さん(妙圓寺檀徒)が宗務所主催一日研修道場30回終了の表彰を受け、称賛の拍手が送られた。
第2部の講演では、西村花蓮師(青森県妙輪寺副住職)の法話「日蓮聖人御一代記」を聴聞。続いて上方寄席囃子三味線奏者であり演芸「女道楽」の継承者、内海英華さんの講演「御簾の表と裏」を楽しんだ。
最後は青年会の打つ力強い太鼓に合わせて唱題行。僧侶檀信徒一体となって護法の心を高める大会となった。
また合掌をテーマにした第6回写真コンテストが行われ、参加者の投票で選出された優秀作品には、表彰状と記念品が贈られた。

2019年10月27日号

大阪豊能 秋期百部経法要

豊能191115a【大阪豊能】秋期百部経法要が10月27日、能勢町興徳寺(渋谷泰雅住職)で営まれ、檀信徒約250人が参詣した。能勢門中寺院14ヵ寺が出仕し、能勢の歌題目が取り入れられ、同寺を中心とした各寺院講中が奉唱した。
午後は豊中市根本寺副住職、服部憲厚師の法話を聴聞。師は大曼荼羅ご本尊についてわかりやすく説き、参詣者は大きく頷きながら聞き入った。この催しに当たり、同寺では宗祖降誕800年記念事業として本堂増築・屋根のふき替え・御宝前の改修をはじめ、檀信徒一丸となっていくつもの境内整備を行ってきた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07