全国の通信記事

2022年6月18日

東京南 宗祖降誕800年慶讃報恩唱題行

東南220720④【東京南】宗務所(長亮行所長)は令和4年6月18日午後2時より、「宗祖降誕800年慶讃報恩唱題行」(京浜教区共催)を東京都大田区池上大本山本門寺において開催した。

この唱題行法要は、東京都南部宗務所における800年慶讃事業の円成を記念する結願法要であり、池上本門寺貫首・菅野日彰管長猊下を導師に迎えて、管内参加者と教区内各管区所長以下数名に抑えて規制をして厳修されることとなった。

開式に続き、京浜教区長・東京都西部宗務所所長茂田井教洵師の挨拶があり、新型コロナウイルスによる影響下の一連の慶賛事業において、今般共催としたこと等の経緯について触れられ、教区として宗祖降誕800年慶賛事業の区切りを迎えたことについての経緯等を話された。

勤行の模様は池上本門寺チャンネルで同時配信され、大導師菅野猊下による説話を交えながら、唱題行は進められた。

唱題行の終わりに菅野貫首は、この音声(おんじょう)が人々に届くことにより、お釈迦様・お祖師様の慈悲の光明が広がって人々の生活の糧となることへ願いを述べられ。

最後に長所長の挨拶があり、常に人の溢れる大堂において行われたことへの報謝と孝道示現の御祖師様の御宝前で唱題行がなされたことへの歓びの旨が口にされた。

また同年5月3日に行われた同主催「仏教落語寄席&池上ご首題めぐり」において作成された万灯及び纏の奉納が御宝前に供えられた。

本来であれば「行」と付いている通りお題目をお唱えする修行であり檀信徒と共に行いたい処であったが、残念ながらコロナ禍という情勢に配慮して、僧侶のみ50余名によるものとなり檀信徒の参列は叶わなかったが、多数の僧侶が息をそろえてお題目を唱えるその姿に、会場となった大堂を参拝している方々が合掌して拝む様子、共に唱題する姿が散見されたのは一つの意義が感じられた。

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
">天野喜孝作 法華経画 グッズショップ
">取扱品目録
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07