全国の通信記事

2018年12月8日

京都1 洛陽十二支妙見・宝剣引継大祭

京一181213 (2)hp【京都1】12月8日、鮮やかに色づいた紅葉の葉が落ちる中、洛陽十二支妙見会(道入寺住職風間隨成会長)による洛陽十二支妙見宝剣引継ぎ大祭が「鳴滝の妙見さま」である京都市右京区三寳寺(鈴木英文住職)で僧俗約60名が参拝し行われた。法要に先立ち、妙見会各聖による水行が行われ、檀信徒が合掌し見守った。
大祭では戌の妙見さまの三寳寺(鈴木英文住職)より、亥の妙見さまの円成寺(大岩泰俊住職)へ宝剣が引き継がれた。
「洛陽十二支妙見」とは京都御所紫宸殿を中心に京都市内の十二支の方角に祀られた妙見宮から構成されている。江戸時代、「洛陽十二支妙見」は、寿福、開運、厄除けを願う庶民の間で信仰が盛んに行われ、参拝者は後を絶たなかった。その後、明治時代の廃仏毀釈により少しずつ衰退してしまっていた。その「十二支妙見会」が1986年(昭和61)に再興され現在に至っている。
宝剣を引き継がれた円成寺の「亥の妙見さま」は、高さ2mもある石像で大きな亀の上に乗られ、右手に破邪の剣、左手に白蛇を握り光背に北斗七星を戴くお姿をされている。御開山円成院日任(にっとう)上人が永らく廃れて忘れられていた由緒ある妙見霊場を、霊夢を受けて寛永7年(1630)改めて法華勧請された。以来、「岩戸妙見宮」「鷹峯の妙見さん」として親しまれ、天長地久・国土安穏・除厄延命・開運吉祥・所願成就を祈って祈りの叶わぬことはないと篤い信仰を受けています。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07