全国の通信記事

2017年12月5日

山梨3 歳末助け合い唱題行脚

山三180110b (2)【山梨3】十二月五日、山梨県第三部宗務所(岡本正冨宗務所長)・同檀信徒協議会(石川俊幸会長)は南アルプス市上市之瀬妙了寺(佐野顗誓住職)を出発地に毎年恒例の「歳末助け合い唱題行脚」を行った。
開催当日、出発会場となった妙了寺には管内教師、檀信徒合わせて約百七十名の参加者が集まった。この日は天候にも恵まれ、初めて参加される方も多くみられた。
開会式では檀信徒協議会の石川会長が挨拶し、「各被災地の復興、多くの被災者の心身健全を祈り、大きな声でお題目を唱えましょう。寒さ厳しい中、大勢の方に参加を頂き感謝いたします」と行脚に対する想いを述べた。
今回の行脚は、上市之瀬妙了寺(佐野顗誓住職)、中野妙行寺(矢沢晋正住職)、上野本重寺(安藤顗雄住職)の三ヵ寺を廻った。この三ヶ寺は日蓮大聖人の直弟子妙了日佛尊尼ゆかりの寺で、櫛形山の麓に位置し、甲府盆地を一望できる地域である。
参加者から成る長い隊列は、玄題旗を先頭に急勾配の坂道を一気に登ると、皆それぞれが息を切らしながらも大きな声でお題目を唱え、被災地や世界平和への想いを胸に力強く歩みを進め、太鼓の音と唱題の声は近隣の山々に谺した。
各寺院の温かい御供養を受けながら、行列は約三キロメートル強の行程を二時間かけて練り歩き、沿道には数多くの近隣住民が手を合わせ、募金を寄せた。
出発地である妙了寺へと戻った一同は、そのまま本堂にてお開帳を受け、妙了日佛尊尼とお寺の由縁を拝聴した。その後、諸堂参拝をし、一切経が納められた経蔵や徳川家ゆかりの品々等を拝見し、行脚を終了した。
参加者の中には、「今までは諸堂に上がることがなかったが、行脚と共に各寺院の歴史を知る事ができ嬉しく思います。初めての参加で、被災地復興と世界平和を祈りながら行脚をしたが、同時に自分自身の一年間の罪障を取り払うことができたと思うほど心がスッキリしました。是非また参加したい」と感想を述べた。
今回の唱題行脚と、九月、十月、十一月に開催された統一信行会、朝粥会、第三部社会教化事業協会、各寺院で集った義援金を合わせた寄付金は五拾参萬五千参百弐拾弐円集まり、宗務所職員、檀信徒協議会役員の手により、公益財団法人「山梨YBS厚生文化事業団」へ寄託された。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07