全国の通信記事

2014年4月29日

南アルプス市妙長寺法燈継承式

山三140430①【山梨三】四月二十九日、南アルプス市上八田の妙長寺で第三十一世・岡貞善師(善修院日陽上人)の法燈継承式が行われた。
妙長寺では、前住職の第三十世・深澤勝善師が九十歳を超える老齢で現在は静岡県にて療養中ということもあり、檀信徒は新しい住職の就任を心待ちにしていた。
約六十名の檀信徒、親族が見守る中厳粛に執行された式では、山梨県第三部宗務所長、横山義弘師より辞令が伝達され、正干与の岡義通師から払子と過去長が継承された。
新住職の岡師は神妙な面持ちでこれを受け取ると、払子を振り力強く奉告文を読み上げ、寺門興隆と檀信徒の教化に不退転の覚悟をもって臨むことを仏祖三宝、諸天善神に固く誓った。
この法燈継承式に際し、宗務所長と来賓から前住職への労いの言葉と共に新住職への祝辞が贈られたが、師僧である定林寺院首・功刀貞如師からは、かつて自身が入寺した際に師僧から贈られた「信は万事のもとなり」という言葉が新住職に贈られ、「何事においても信心が大事であり、信力によって人生を切り拓いていってほしい」と今後の活躍を願った。
新住職の岡師は謝辞の中で、「奉告文の中での誓いと祝辞の中で受けた訓示を胸に刻み、住職としての職責を全うしていきたい。お寺というものは檀家があってのお寺、お寺があってこその住職です。檀信徒の皆様の力を借りながら寺の発展に尽くし、法華経との縁を深めていくことに努力していきたい」と今後の抱負を述べた。

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07