オピニオン

2020年6月10日

■本質を見抜く力

 作曲家の仕事の様子をテレビで紹介していた。いつもその作曲家は悩んだ末に突然メロディが浮かび、音符が降り注ぐように落ちてくるのだと言っていた。耳には外から入る音をもとに、聴覚が新たに音を作り出す機能があるらしい。雑音でかき消された言葉を脳が想像して補うというのだ。例えばド、ミという音を聞くと耳の奥でソが鳴るという実験結果がある▼コラム子の好きな曲に「みだれ髪」(美空ひばり)がある。レコーディングのとき、ひばりさんは1ヵ所音を上げずに歌った。作曲した船村徹さんが最後まで上げるか、下げるか迷った箇所だった。その箇所が頭の中で違和感の鐘が別の音を鳴らしたのだろう▼奈良の刀匠河内國平氏は、「刀鍛冶はとかく注目されることが多いが、数多く作刀した中からいいものを選べばいい。しかし包丁などを作る野鍛冶は数多く作ったうえに、過酷な使用条件に晒される。それで刃こぼれでもすれば、一発で信用を失う。こっちの方が本当は偉い」と。一流は物事の本質を知るという。本質を見抜くことは容易ではない。気付かずに済むことの方が多いだろう。間違った情報、批難ばかりが多く飛び交う閉塞感の強いいま、「こころを柔軟」にして前を向こう▼〽一人じゃないから、キミが私を守るから(歌手AIの「Story」)、の歌詞が浮かぶ。聞こえてくるはずだ。トンツク、トントンと。(汲)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07