オピニオン

2019年7月1日

プロになる

 茶道の心得がある僧侶が声明指導の時にこんな話をした。「茶道具の取り扱いで道具拝見の時、茶器を畳の上に近づけて持つのは、落としても傷つけないようにという配慮です。丁寧にと心がけていても、気が抜けて落としてしまうことがあります。茶道では、気持ちや精神だけでなく『作法の本来は、かたち、つまり技術だ』と教えます。声明の習礼も、何度もくり返すと気の緩む時があります。身体に根気よく染みこませて下さい。それが、かたちになります」と▼先日、小学生の人権スポーツ教室で似た話を聞いた。5年生が、指導してくれたプロバスケット選手に「プロはなぜ苦しい練習を続けるのですか?」と質問をした。プロは「まず個人練習で自分の技術を磨きます。チーム練習で形をつくります。例えばパスをする時、仲間がそこに必ずくると、身体に覚えさせるまで練習します。プロの場合、パスは仲間に球が渡って初めてパスになります」と答えたのです▼その後、人権擁護委員の私はこう話した「皆さんには、人権を守るプロになってほしいです。人権を守る精神を続けていくことは大切ですが、気が抜ける時があります。信じていた友だちに、体の特徴や方言、苦手なことでからかわれたら悲しいよね。だからね、傷つけない気持ちを体に染み込ませなければならないんだ。人権を守るこんな練習も必要なんだ」と。(雅)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07