オピニオン

2019年1月20日

◆智と知

なんとなく不穏な感じの世界情勢の中で迎えた新年。年号も改まる年。幸多きことを祈りたい▼ところで日蓮聖人は『報恩抄』の中で「世、末になれば人の智はあさく、仏教はふかくなる事なり」と説かれた。時代が進めば賢くなり、科学も進み、寿命も延び、便利で、豊かで、幸せな世の中になるはず。なのに聖人は「人の智はあさく」なり「仏教はふかく」なるという▼仏教では「知」と「智」を使い分ける。「知」とは物事を記憶・識別・判断・計算するといった能力だ。あれは太陽、これは月と判る力で、コンピューターと同じ能力だ▼一方「智」は、「知」の下に「日」を書く。これは太陽を単に太陽と判るだけではなく、太陽の「恵み」を知る力だ。あらゆる生きものを育む太陽。その「恵み」に感謝し、太陽を「お天道さま」と呼ぶ。この「恵み」が判る力を「智」という。だから悟りの智慧という場合はこの「智」を使う▼物事をすべて数値・数量化し、人工頭脳で動くという近未来社会。それは人類に多くの便利さをもたらす「知」の成果と期待されている。しかしその反面、太陽の「恵み」を知る「智」がどんどん低下しはしないか。「知」の進歩が人間の「智」を「あさく」し、そのため本物の仏教は「ふかく」なる。安易で「あさい」仏教が流行るのはそのせいでは。先ず「智」を「ふかく」する努力をしよう。  (義)

illust-kishin

side-niceshot-ttl

IMG_0692

今年の1月13日の御年頭会の日も晴天にめぐまれました。

日蓮聖人の新年初の月命日はいつも晴れます。

みなさま今年もお元気でがんばっていきましょう!

過去の写真を見る

全国の通信記事

  • 北海道教区
  • 東北教区
  • 北陸教区
  • 北関東教区
  • 北関東教区
  • 千葉教区
  • 京浜教区
  • 山静教区
  • 中部教区
  • 近畿教区
  • 中四国教区
  • 九州教区

ご覧になりたい
教区をクリック
してください

side-report-area01 side-report-area02 side-report-area03 side-report-area04 side-report-area05 side-report-area06 side-report-area07 side-report-area08 side-report-area09 side-report-area10 side-report-area11_off side-report-area12
ひとくち説法
論説
鬼面仏心
購読案内

信行品揃ってます!

日蓮宗新聞社の
ウェブショップ

ウェブショップ
日蓮宗のお店のご案内
">電子版日蓮宗新聞試読のご登録
">電子版日蓮宗新聞のご登録
日蓮宗新聞・教誌「正法」電子書籍 試読・購入はこちら

書籍の取り扱い

前へ 次へ
  • 名句で読む「立正安国論」

    中尾堯著
    日蓮宗新聞社
    定価 1,365円

  • 日蓮聖人―その生涯と教え―

    日蓮宗新聞社編
    日蓮宗新聞社
    定価 826円+税

書評
正法
side-bnr07
side-bnr07